Huobi APIの導入・使用方法

APIを利用することで、取引価格の取得や、取引のリクエストが可能となり、自動取引関連のプログラムなどにご利用いただけます。

1.秘密鍵の取得方法

  1. ログイン後、メニュー「API」をクリック
  2. 備考欄に任意の文字(例:テスト)
  3. IPアドレス制限をかける場合はIPアドレスを入力
  4. 「秘密鍵を作成」ボタンをクリック
  5. 「編集」メニューより、IPアドレスの追加等編集が可能

上記手順で秘密鍵が生成されます。
画面の下の「私の秘密鍵」の項目に生成された秘密鍵が表示されます。

注意事項
• 最大で5組の秘密鍵を作成いただけます。
• 資産流出を防ぐため、秘密鍵は第三者に絶対に教えないでください。
• セキュリティのため、秘密鍵をIPアドレスと紐付けすることをおすすめいたします。
1つの秘密鍵に最大4つのIPアドレスを紐付けることができます。
• 当社は当該 API 等およびそれに関連する情報の正確性、継続性や機能等を何ら保証するものではなく、これらの欠陥、瑕疵等について、これらを使用したこと、又は使用できなかったことから生じる一切の損害に関して、いかなる責任も負いません。当社は事前通知なしに当該 API 等の提供を中止することがあります。
• 当該 API 等の使用等により、当社または第三者が損害を被った場合は、使用者等が一切の責任を負うものとします。当社は使用者等に対して損害賠償その他の責任を請求する権利があります。
• 暗号資産(仮想通貨)交換事業者(及びそれに準ずる者)が当該 API 等を利用される場合は、事前に当社までご連絡ください。

2.Huobi APIのご使用方法

Huobi API
https://api-doc.huobi.co.jp/#api

上記ページにHuobi APIの詳しいご使用方法が記載されています。

項目ごとに分かりやすくまとめられているので、用途にあわせて必要な機能をご参照ください。

主な機能
マーケット関連
・KLineデータの取得
・板データの取得(Ticker)
・すべての取引ペアの取引相場
・マーケットデプス(Depth)
・取引詳細データの取得
・取引履歴の取得
アカウント関連
・ユーザーアカウント
・残高照合
取引関連
・注文実行
・未約定注文一覧
・注文キャンセル
・注文の一括キャンセル
・条件付き注文の一括キャンセル
・注文の詳細の照会
・注文の約定詳細の照会
・約定履歴の照会
・現在の約定、約定履歴の照会
ウォレット関連
・ステータス一覧
・仮想通貨の出金申請
・仮想通貨の出金のキャンセル
・入出金記録

 

暗号資産(仮想通貨)ご利用の際の注意
金融庁のホームページに記載されているとおり暗号資産交換業者が取り扱う暗号資産は、暗号資産交換業者の説明に基づき、 資金決済法上の定義に該当することを確認したものにすぎず、金融庁·財務局が、これらの暗号資産の価値を保証したり、推奨するものではございません。
暗号資産は、必ずしも裏付けとなる資産を持つものではありません。
暗号資産の取引を行う際には、以下の注意点にご留意ください。
暗号資産は、円やドルなどのように国がその価値を保証している「法定通貨」ではありません。
インターネット上でやりとりされる電子データです。暗号資産は、価格が変動することがあります。
暗号資産の価格が急落したり、突然無価値になってしまったりと、損失を被る可能性があります。
暗号資産交換業者は金融庁・財務局への登録が必要です。
当社は登録済みの暗号資産交換業者です。
暗号資産の取引を行う場合、事業者から説明を受け、取引内容をよく理解し、ご自身の判断で行ってください。