Huobi レポート

Huobiブロックチェーン業界週報(第156号)

2021年3月8日-2021年3月14日

概要

中国のHot Topics

・武漢市江漢区に国家レベルのブロックチェーンパイロット実証区、4月上旬に開始予定。

・招商銀行の「オープン・ライセンス・チェーン」プラットフォーム、国家ブロックチェーンインフラ”Starfire-Chain Net”に正式接続。招商銀行の「オープン・ライセンス・チェーン」プラットフォームは、新しい国家ブロックチェーンと産業インターネットの共同イノベーションインフラである「Starfire-Chain.com」に完全に接続されています。

・第145カ年計画を見据え、Huobi Chinaが「デジタル・チャイナ」の構築を促進するために「ブロックチェーン +」を検討。2021年には、ブロックチェーンは5G、クラウドコンピューティング、人工知能、モノのインターネットなどの技術と深く統合され、技術統合の下での「ブロックチェーン+」の効果により、新たな応用シナリオが構築され、新たな経済モデルが生まれます。

・【Huobi研究院】「世界のブロックチェーン業界の展望と動向2020-2021」~2021年の展望トップ10。3つ目の大きな展望:インターネットの大手企業が、何百万人ものユーザーを対象としたチェーン上の商用アプリケーションの誕生を促進することです。

 

業界での応用

・スイス大手小売企業、初めてビットコインギフトカードを発売。Manor社とValora社は、現在の暗号資産の流行に乗じて、スイス国内の店舗でビットコインギフトカードを販売しています。

・東南アジア初のビットコインファンドをローンチ、現地機関のニーズに対応。マレーシアを拠点とするBCMG Genesis Bitcoin Fund I(BGBF-I)が正式にローンチされ、東南アジアで保険に加入する初の機関投資家向け暗号商品となりました。

・タイ最大の映画館チェーン、ビットコイン決済受付開始。

 

国際政策

・ロシア銀行、2022年にデジタルルーブルの試験運用開始へ。ロシアの中央銀行副総裁であるアレクセイ・ザボトキン氏は、2021年末までにデジタルルーブルの試作品を完成させる予定だと述べました。

・米議員、暗号資産の法的解明に3度目の挑戦。

・韓国、違法行為に対処できない暗号資産取引所に対して罰金。金融サービス委員会は、取引所が3つの規制に従わなければ罰せられると述べています。

今週のビットコインハッシュレートは上昇しましたが、前週よりビットコイン採掘難易度は低下しました。今週、ビットコインの平均ブロックサイズ、平均ブロックトランザクション数、ビットコインのマイニング手数料は全て増加しました。

blockchain.infoのデータによると、2021年3月14日時点で、ブロックチェーンウォレットの総ユーザー数は69,514,376人となり、前週から0.55%増加しています。

今週のGithubコードアクティビティのTOPプロジェクト「LINK」。
2021年3月8日〜2021年3月14日、最もアクティブなGithubコードはChainlinkで、今週のコミット数は46回でした。

今週のブロックチェーン業界の投融資プロジェクは2件。
China Chain Financial Trust は「Sanya Wenlian Tianxia」からPre-Aラウンドの投資を受け、Pluto Digital Assetsは「Argo Blockchain」から4,000万ドルの戦略的投資を受けました。

1.今週のブロックチェーン関連ニュース

1.1中国のHot Topics

武漢市江漢区に国家レベルのブロックチェーンパイロット実証区、4月上旬に開始予定

湖北郵政企画設計有限会社の責任者は、党委員会副書記兼武漢市江漢区長の李湛氏に、「国家ブロックチェーン先行実証区」、「中国中部ブロックチェーン科学技術統合革新センター」、「データ要素取引センター」の3大プラットフォームの状況を詳細に報告しました。ブロックチェーン研究所は、国家ブロックチェーン先行実証区の建設を積極的に申告しており、4月上旬に江漢区に上陸する予定であると報じられています。 実証区では、ブロックチェーンの技術支援の役割を十分に発揮して、実体経済の質と効率の向上、デジタル経済モデルの革新、社会統治能力の向上を実現し、国家的な影響力を持つブロックチェーン技術の革新、産業集積、実証応用基地を形成します。李湛氏は、江漢区はブロックチェーンや他の産業が主導して革新的な地域を発展させるべきであり、区の科学経済局はビッグプロジェクトとの関わりを増やし、企業にサービスを提供していくと述べました。

招商銀行の「オープン・ライセンス・チェーン」が国家ブロックチェーン・インフラ “Starfire – Chain Network “に正式接続

2021年2月、招商銀行の「オープン・ライセンス・チェーン」プラットフォームは、国家のブロックチェーンと産業インターネットのコラボレーション・イノベーションの新インフラである「Starfire – Chain Network」に正式に接続されました。これは金融機関としては初めての試みとなります。

「オープン・ライセンス・チェーン」は、招商銀行のブロックチェーン技術に関する革新的な実践の一つで、招商銀行が主導し、複数のユニットが共同で構築した、安全で安定した、オープンで使いやすい金融業界のチェーンであり、ビジネスニーズから商業的な実装まで、ワンストップのソリューションとサポートサービスをユーザーに提供しています。現在、オープンライセンスチェーンの15社以上のパートナーが20近いノードを運用し、20以上の金融アプリケーションを搭載しています。
次のステップとして、中国情報通信研究院は招商銀行と協力して、「Starfire-ChainNet」で以下の事を行おうとしています。

  • デジタルアイデンティティシステムの導入
  • バックボーンノードの構築
  • 産業チェーンの構築を推進
  • ブロックチェーンアプリケーションの革新
  • 産業別のチェーンネットワーク産業アプリケーションの革新
  • 業界固有のチェーンネットワーク業界のアプリケーションイノベーションプラットフォームを作成し、チェーンネットワーク産業の応用として、地域を越えたイノベーションクラスターを構築

産業別ブロックチェーンサービスの能力を向上させ、デジタルトランスフォーメーション発展のための実証実験を行い、業界のブロックチェーンサービスの能力を向上させ、デジタルトランスフォーメーション開発の実証実験を行います。

第14次5カ年計画を見据え、Huobi Chinaが「デジタル・チャイナ」の構築を促進するために「ブロックチェーン +」を検討

人工知能、ブロックチェーン、ビッグデータ、モノのインターネットなどの新興技術が急速に発展する中で、技術をどのように促進して実体経済をよりよく実現するかは、各産業の中核的な発展目標となっており、第14次5カ年計画の重要な方向性でもあります。2021年の全国人民代表大会(全人代)では、ブロックチェーンが再び話題となり、多くの代議員やメンバーがブロックチェーン関連の提案を行っています。

Huobi ChinaのCEOである袁煜明氏によると、2021年にはブロックチェーンが5G、クラウドコンピューティング、人工知能、モノのインターネットなどの技術と深く統合され、技術統合の下での「ブロックチェーン+」効果により、新たなアプリケーションシナリオが構築され、新たな経済モデルが生まれるとのことです。

新しいインフラの重要な一部であるブロックチェーン技術は、分散型、複数者間での共同作業といった技術的特性により、データ共有の促進、ビジネスプロセスの最適化、運用コストの削減、共同作業の効率化、信頼性の高いシステムの構築に大きな役割を果たします。ブロックチェーン技術が発展し続け、市場環境が成熟し続ける中で、2021年は政策支援がより的確かつ効果的になります。

【Huobi研究院】「世界のブロックチェーン業界の展望と動向2020-2021」~2021年の展望トップ10

3つ目の大きな展望:インターネット大手企業が、何百万人ものユーザーを対象としたチェーン上の商用アプリケーションの誕生を促進することです。2020年を振り返ってみると、海外のインターネット大手は暗号化と産業支援の方向に沈み続け、双方のユーザーエコロジーの壁を破る努力をしており、国内(中国)の大手は産業側と一体となってより多くのシナリオを開発し、中小企業が参加するための敷居を低くしています。優れたアプリケーションモデルは、ユーザーの成長速度が非常に速いです。例えば、「Clubhouse」のようなアプリケーションは、ビジネスモデルの革新により、何百万人ものユーザーを短期間で獲得できます。オンチェーン・アプリケーション、特にインターネット大手が支援しているアプリケーションは、ブロックチェーンに基づいたいくつかの新しいビジネスモデルを模索していますが、そうなるとやはりユーザー獲得の速度はそれほど遅くはないでしょう。2021年に向けて、業界はこれらを利用して何百万個ものオンチェーン・ビジネス・アプリケーションを生み出すことが期待されています。

1.2 業界での応用

スイス大手小売企業、初めてビットコインギフトカードを発売

Manor社とValora社は、現在の暗号資産の流行に乗じて、スイス国内の店舗でビットコインギフトカードを販売しています。スイスにおける暗号資産ブームは、小売業者がビットコイン(BTC)のバウチャーやギフトカードを発売することで、新たな局面を迎えています。スイスの日刊紙「Tages-Anzeiger」の報道によると、国内最大の百貨店チェーン「Manor」は、59の支店でビットコインバウチャーを販売しているとのことです。一方、小売大手のValora社は、4月1日から全国の売店でビットコインギフトカードの販売を開始します。運営責任者のSimon Grylka氏は、Cryptonowは、通常の暗号資産取得の手段では敬遠しがちな潜在的な暗号資産導入者に、簡単なエントリーチャネルを提供すると述べています。Grylka氏にとって、Cryptonowのバウチャーはデジタル金貨に似ています。Cryptonowのバウチャーカードは、100~500フラン(107~535ドル)の範囲で3種類のバージョンが用意されています。

東南アジア初のビットコインファンドをローンチ、現地機関のニーズに対応

マレーシアを拠点とするBCMG Genesis Bitcoin Fund I(BGBF-I)が正式にローンチされ、東南アジアで保険が適用される初の機関投資家向け暗号商品になったと主張しています。このファンドは、Calfin Global Crypto Exchangesが提供する人工知能(AI)ベースのブロックチェーンのプラットフォームを利用しており、顧客の保有資産に対してより高いセキュリティを提供するように設計されています。また、この投資ビークルは、公募証券保険の保険金支払いや引受を行っています。Subbu Vempatiファンドマネージャーは、「BGBF-Iは、投資家が暗号資産業界へのエクスポージャーを得ることができる、安全かつ保険が適用された、規制されたプラットフォームです」と説明しています。投資家は、ビットコイン投資の財務的、技術的、セキュリティ的側面に関する当社の専門知識の恩恵を受けることができ、課題やリスクなしに暗号資産を直接扱う事ができます。

タイ最大の映画館チェーン店、ビットコイン決済受付開始

タイ最大の映画館運営会社であるMajor Cineplex Groupは、一部の顧客がビットコイン(BTC)などの暗号資産でチケットを購入できるようにしたと報じられています。現地の新聞社Siam Rathによると、Major Cineplex社は、イノベーションと新技術を支援するために、暗号資産決済のパイロットプログラムの開始を発表しました。新しい支払い方法を受け入れるために、同社は地元の暗号資産取引所Zipmexとデジタル決済のスタートアップRapidZと提携しました。Major Cineplexは、3月4日にバンコクのMajor Cineplex Ratchayothin映画館でこの新機能を有効にし、顧客はQRコードをスキャンすることでRapidZを介してビットコインでチケットを購入できるようになりました。今回の発表は、タイの映画館の歴史の中で、暗号資産が支払いとして受け入れられる初めてのケースとなるようです。Major Cineplex社のスポークスマンであるNarut Jiansanong氏は、この新しいプログラムは、暗号資産に投資する顧客をより多く獲得するためのものだと述べています。同氏によると、タイには現在、100万人ものビットコイン保有者がいると推定されており、これは同国の全成人人口の2%に相当するといいます。

1.3国際政策

ロシア銀行、2022年にデジタルルーブルの試験運用開始へ

ロシア中央銀行は、2022年に中央銀行のデジタル通貨の試験運用を開始する見込みだと報じられています。ロシアの銀行Zabotkin副総裁は、2021年末までにデジタルルーブルの試作品を完成させる予定だといっています。Zabotkinは、このプロトタイプは「実際の取引」をサポートするものではなく、エコシステムを構築するための出発点となるものだと述べています。「この試作機をベースに、改良を加えて来年には試験を開始する予定です。」とZabotkinは語りました。2月下旬、ロシア銀行の第一副総裁であるOlga Skorobogatova氏は、同銀行が選定されたデジタルルーブルモデルに関するコンセプトの開発を計画していることを発表しました。また、デジタルルーブルウォレット間の送金に手数料を徴収する可能性も否定していないといいます。

米議員、暗号資産の法的解明に3度目の挑戦

Warren Davidson議員(Massachusetts州)は、米国がブロックチェーン技術の世界をリードする機会の窓が “閉じつつある”と述べています。Warren Davidson下院議員(Ohio州選出)は、暗号資産の法的地位を明確にするための規制を推進するため、3年ぶり3度目となる署名入りの法案を月曜日に再提出しました。Davidson事務所が月曜日に発表したプレスリリースによると、2018年に初めて導入された「Token Classification Act」は、特定の暗号資産やデジタル資産を連邦証券法から除外することを目的としています。具体的には、この目的のために1933年の証券法と1940年の証券取引法を改正することを目的としています。これが成功すれば、証券取引委員会などの規制当局に、暗号資産トークンに関連する証券法をどのように執行するのが最善か、明確な情報を提供することができます。Davidsonは、米国がブロックチェーン技術の世界をリードする機会の窓は “閉ざされつつある”とし、”取り残される”ことを避けるために、自国が迅速に行動する必要があると述べました。また同氏は、「適切な規制環境」を作ることによってのみ、米国はブロックチェーンのイノベーションが「米国人の利益のために」現地で行われることを保証できると述べました。

韓国、違法行為に対処できない暗号資産取引所に対して罰金

金融サービス委員会は、取引所が3つの規則に従わない場合、罰せられると発表しました。韓国の金融サービス委員会(FSC)は水曜日、違法な暗号通貨の活動を抑制することを目的とした規則に従わない取引所に罰金を課すと発表しました。規制当局は発表の中で、内部統制、情報とデータの保持、暗号資産のトレーダーの識別をカバーする3つの規制に従わない取引所に罰金を科すとしています。取引所の運営者は、多額の法定通貨を使った取引を含め、疑わしい取引に関する情報やデータを保持しなければなりません。違反した場合の罰金は、3,000万ウォンから1億ウォン(約2万6,000ドルから8万8,000ドル)。FSCによると、不当な違反などの場合には、罰則が50%も減額されることがあります。  また、韓国では、収益が250万ウォン(2,200ドル)を超えた場合、暗号資産に20%の税金を課す予定です。

2.技術能力分析

2.1暗号資産の難易度調整と収益分析

今週のビットコインのハッシュレートは上昇。
2021年3月8日〜2021年3月14日、ビットコインネットワーク全体のハッシュレートの平均は156.0EH/sで、前週から2.16%上昇しています。

図2.1ビットコインのハッシュレート

データソース:blockchain.info

 

今週のビットコインの採掘難易度は前週よりも低下。
2021年3月14日現在、ビットコインの採掘難易度は21.44Tと前週から0.14%低下しています。

図2.1ビットコインの採掘難易度

データソース:blockchain.info

 

ビットコインネットワーク全体の週間ブロック生成数は1031ブロックで前週比4.46%増、トップ5の順位に変化。

ブロック生成数 割合 ハッシュパワー
F2Pool 170 16.49 % 25.92 EH/s
Poolin 135 13.09 % 20.58 EH/s
AntPool 127 12.32 % 19.36 EH/s
BTC.com 127 12.32 % 19.36 EH/s
Binance Pool 120 11.64 % 18.30 EH/s

 

図2.5ビットコインマイニングプールのシェア率

データソース:BTC.com

 

2.2 アクティビティ統計

今週のビットコイン平均ブロックサイズは上昇、1ブロックあたりの平均トランザクション数も増加。
blockchain.infoのデータによると、2021年3月8日から2021年3月14日までの1週間におけるビットコインの1ブロックあたりの平均サイズは1.41MBで、前週から4.44%増加し、1ブロックあたりの平均トランザクション数は1,938で、前週から2.32%増加しました。

左)図2.7ビットコインの平均ブロックサイズ-(7日平均)
右)図2.8ビットコインの1ブロックあたりの平均トランザクション数-(7日平均)

データソース:blockchain.info

 

今週のビットコインの未確認取引の平均件数は40.43%減
2021年3月14日時点では、ビットコインの7日間の平均未確認取引件数は20,395件で、前週から40.43%減少しています。

図2.11ビットコイン未確認取引数

データソース:blockchain.info

 

今週のビットコインのマイニング手数料上昇、イーサリアムのマイニング手数料も上昇。
2021年3月14日時点では、ビットコインの1日の平均マイニング手数料は24.808USDで、前週から88.63%増、イーサリアムのマイニング手数料は18.479USDで、72.99%増となっています。

図2.13ビットコイン、イーサリアムのマイニング手数料

データソース:bitinfocharts

 

ビットコインの検証ノード数は前週より減少。
2021年3月14日現在、ビットコインの検証ノードは10,347に達し、前週から0.48%減少しています。内訳は、米国が1,976ノード(19.10%)、ドイツが1,860ノード(17.98%)、中国が242ノード(2.34%)で9位となっています。

図2.15ビットコイン検証ノード数、国別ランキング

データソース:bitnodes

 

今週のビットコインユーザーは前週より増加。
blockchain.infoのデータによると、2021年3月14日時点で、ブロックチェーンウォレットの総ユーザー数は69,514,376人に達し、前週から0.55%増加しています。

データソース:blockchain.info

今週のGithubコードアクティビティのTOPプロジェクト「LINK」。
2021年3月8日〜2021年3月14日に最もアクティブなGithubコードはChainlinkで、今週のコミット数は46回でした。

図2.19Githubアクティビティ

データソース:CryptoMiso

3.プライマリー市場の投融資動向

今週のブロックチェーン業界における投融資プロジェクトは2件。
China Chain Financial Trustは「Sanya Wenlian Tianxia」からPre-Aラウンドの投資を受け、Pluto Digital Assetsは「Argo Blockchain」から4000万ドルの戦略的資金調達を受けました。

表4.1今週の投融資プロジェクト

プロジェクト名 ラウンド 融資金額 投資機関 企業の概要
China Chain Financial Trust Pre-A 非公開 Sanya Wenlian Tianxia 情報技術と科学技術製品開発機関
Pluto Digital Assets 戦略投資 4,000万ドル Argo Blockchain、リードインベストメント 暗号資産リスク投資と技術サービスの提供

データソース:IT桔子、coindesk

Huobiブロックチェーン応用研究院

私達について

2016年4月に設立された「Huobiブロックチェーン応用研究院」(以下、「Huobi研究院」)は、2018年3月より、ブロックチェーンにおける技術研究、業界分析、アプリケーションのイノベーションモデル調査を中心に、ブロックチェーンの各分野における研究・調査を総合的に展開しています。私たちは、ブロックチェーンの研究プラットフォームを構築し、ブロックチェーン産業のプレーヤーに確かな理論的基礎とトレンド分析を提供し、ブロックチェーン業界全体の発展を促進したいと考えています。「Huobiブロックチェーン業界週間レポート」は、Huobi研究院が立ち上げたブロックチェーン業界に関する週間レポートです。報告書では主に、市場全体のレビュー、大まかなカテゴリーのプロジェクトのパフォーマンス、暗号資産の生成やコードの更新状況などの技術力の分析、ブロックチェーン業界のハイライトやプライマリーマーケットのプロジェクトの進捗状況を詳細にレビューしており、投資家がタイムリーかつ迅速に市場全体の動向や開発動向を把握し、多様な分析で最新の業界進捗状況を理解するのに役立ちます。

連絡先

免責事項

  1. Huobiブロックチェーン研究院は、本レポートに関わる暗号資産やその他の第三者と、レポートの客観性、独立性、公平性に影響を与えるような提携関係にはありません。
  2. 本レポートに引用されている情報やデータは、準拠した情報源からのものであり、その情報源はHuobiブロックチェーン研究院が信頼できると判断したものであり、その信憑性、正確性、完全性について必要な検証を行っていますが、Huobiブロックチェーン研究院は、その信憑性、正確性、完全性についていかなる保証も行いません。
  3. 本レポートの内容は参考情報であり、本報告書に記載されている事実や意見は、当該暗号資産に関する投資助言を行うものではありません。Huobiブロックチェーン研究院は、法令で明示的に定められている場合を除き、当該情報に基づいて被ったいかなる損害について、当社および情報提供者は一切責任を負わないものとします。読者の皆様におかれましては、本レポートのみに依拠して投資判断を下すことはお控えいただき、投資に関するご決定は皆さまご自身の判断において行われるようお願いいたします。
  4. 本レポートに記載されている情報、意見、推測は、本レポートを確定する時点での研究者の判断を反映したものであり、将来、業界の変化やデータ・情報の更新により、意見や判断が更新される可能性があることをご了承ください。
  5. 本レポートの著作権はHuobiブロックチェーン研究院のみが所有しており、本レポートの内容を引用する必要がある場合は、出典を明記してください。大幅な引用が必要な場合は事前にご連絡いただき、許可の範囲内でご使用ください。いかなる場合においても、本レポートを本来の意図に反して引用、簡略化、修正することはできません。
暗号資産ご利用の際の注意
暗号資産は、円やドルなどのように国がその価値を保証している「法定通貨」ではありません。インターネット上でやりとりされる電子データです。 暗号資産は、対価の弁済を受ける者の同意がある場合に限り代価の弁済のため に使⽤することができます。 暗号資産は、価格が変動することがあります。暗号資産の価格が急落したり、突然無価値になってしまったりと、損失を被る可能性があります。 暗号資産交換業者は金融庁・財務局への登録が必要です。当社は登録済みの暗号資産交換業者です。 暗号資産の取引を行う場合、事業者から説明を受け、取引内容をよく理解し、ご自身の判断で行ってください。 リスク警告: https://www.huobi.co.jp/about/risk/