Huobi レポート

Huobiブロックチェーン業界週報(第158号)

 

2021年3月22日-2021年3月28日

概要

中国のHot Topics

・DBS China、ブロックチェーン技術を利用して初めて20億人民元のTier2資本債券を発行。

・杭州の西湖区、初のブロックチェーン産業イノベーションセンターの設立を発表。杭州の西湖区が初のブロックチェーン産業イノベーションセンターの設立を発表し、「政策+プラットフォーム+技術+人材+資本」の全面的な支援サービスを提供しています。

・第1回「中国中小企業協会(CASME)ブロックチェーンイノベーションサミット」、海口で開催。今回のフォーラムには、国の省庁や委員会の代表者、一部の省や市の代表者、著名なエコノミスト、大手国有企業、有名な華僑のビジネスリーダー、国内外の著名な企業家、優秀な民間企業の代表者など、500人以上が参加します。

・【Huobi研究院】「世界のブロックチェーン業界の展望と動向2020-2021」2021年の展望トップ10を発表。6つ目の大きな展望:ブロックチェーンのユニコーンがIPOで最高の利益を得る、IPOの波が来るかもしれません。

 

業界での応用

・eスポーツサイト、最先端のブロックチェーンプロトコルを用いたNFTをローンチ。最先端のブロックチェーンプロトコルを使用して、動画の再生数の操作を取り締まるeスポーツに特化したサイトが、非代替性トークンをローンチしました。

・デンマーク赤十字社、300万ドルのブロックチェーンベースの火災CATボンドを支援。デンマーク赤十字社が火山噴火後の救援を目的としたCATボンドを支援したことで、人道的な目的のための暗号資産とブロックチェーンの採用がさらに拡大するでしょう。

・マンチェスター・シティFC、Sociosでファン・トークンを発行。

 

国際政策

・国際決済銀行のトップ、暗号資産の規制強化の必要性を主張。国際決済銀行(Bank for International Settlements)のマネージング・ディレクターであるAgustín・Carstens氏は、暗号資産は金融法を回避するためのツールであるとして、暗号資産の規制強化を求めています。

・ドイツの金融規制当局、個人の暗号資産投資に警告。

・タイ銀行、今年中に資産担保型のステーブルコインを規制予定。タイ銀行(BOT)は、通貨の安定化に力を入れています。

 

今週のビットコインのハッシュレートは上昇し、ビットコインの採掘難易度は前週と変わらずでした。今週、ビットコインの平均ブロックサイズ、平均ブロックトランザクション数は共に減少し、ビットコインのマイニング手数料も減少しました。

blockchain.infoのデータによると、2021年3月28日時点で、ブロックチェーンウォレットの総ユーザー数は70,388,097人となり、前週から0.62%増加しています。

今週のGithubコードアクティビティのTOPプロジェクトは「LINK」。2021年3月22日〜2021年3月28日、最もアクティブなGithubコードはChainlinkで、今週のコミット数は33回でした。

今週のブロックチェーン業界の投融資プロジェクトは2件。Coin Statsは「Formula VC、Imperii Capital等」からシードラウンドで120万ドルの出資を受け、Maple Financeは「Frame work VenturesとリードインベスターのPolychain Capital」から140万ドルの戦略的投資を受けました。

1.今週のブロックチェーン関連ニュース

1.1中国のHot Topics

DBS China、ブロックチェーン技術を利用して初めて20億人民元のTier2資本債券を発行

DBS Bank Ltd. (DBS China)は、22日に20億人民元のTier2資本債券の発行に成功しました。これまでとは異なり、DBS Chinaは今回の債券発行で初めてブロックチェーン技術を使用しました。債券発行プロセスにおいて、DBS Chinaは浦東発展銀行(Pudong Development Bank)および中央国債登記結算有限責任公司(CCDC)と協力して、債券発行時のブックビルディング(需要予測)にブロックチェーン 技術を使用しました。
債券の円滑な発行を実現するために、DBS Chinaは浦東発展銀行(Pudong Development Bank)と債券市場のインフラである中央国債登記結算有限責任公司(CCDC)を通じて、アライアンスチェーンを構築しました。 各社のビジネスチームと技術チームが協力して、情報開示とプレースメントに焦点を当てた複数のブロックチェーンノードを設置し、債券発行プロセスにブロックチェーン技術を適用することに成功しました。

杭州西湖区、初のブロックチェーン産業イノベーションセンターの設立を発表

杭州の西湖区は、初のブロックチェーン産業イノベーションセンターの設立を発表し、「政策+プラットフォーム+技術+人材+資本」の全面的な支援サービスを提供しています。AntChain社は、共同設立企業として、ブロックチェーン分野の技術研究開発、成果の転化、革新的なアプリケーションの試験運用に注力します。現在、浙江省では30以上の生活サービスがブロックチェーン技術によってデジタル化されています。この産業イノベーションセンターをベースに、AntChain社は、政府や企業、パートナーが様々なアプリケーションを構築できるように、高性能でプライバシー保護がしっかりした自社開発のブロックチェーン技術アプリケーションセンターを提供していきます。

第1回「中国中小企業協会(CASME)ブロックチェーンイノベーションサミット」、海口で開催

3月25日、第1回「中国中小企業協会ブロックチェーンイノベーションサミット」が海口で開催されました。このサミットは、中国中小企業協会が指導のもと、中国中小企業協会産業ブロックチェーン特別委員会が主催し、海南生態ソフトウェアパーク、清華インターネット産業研究所、Hainan Fire Chain Technologyが共同で開催しました。今回のフォーラムには、国の省庁や委員会の代表者、一部の省や市の代表者、著名なエコノミスト、大手国有企業、有名な華僑のビジネスリーダー、国内外の著名な企業家、優秀な民間企業の代表者など、500人以上が参加します。一流の専門家や学者が一堂に会し、デジタル経済発展のグローバルな波に乗り遅れないために、グローバルな視点での新しい金融・経済、中国の産業におけるブロックチェーン発展の機会と課題、中国のデジタル経済を飛躍させ、ブロックチェーン産業の発展を支援するために、中国の中小企業のブロックチェーン・トランスフォーメーションなどに関連するトピックについて、構造的で綿密な議論を行い、中国のデジタル経済のテイクオフと中国のブロックチェーン産業の繁栄に貢献します。

【Huobi研究院】「世界のブロックチェーン業界の展望と動向2020-2021」~2021年の展望トップ10

6つ目の大きな展望:ブロックチェーンのユニコーンがIPOで最高の利益を得る、IPOの波が来るかもしれません。現在、業界全体が活況を呈しており、ブロックチェーン・ユニコーンにとっては一生に一度の上場に絶好のチャンスです。まず、内的要因として、暗号資産の価値が最高値を更新したり、業界の企業が大幅に利益を上げたり、強い発言力を持つようになったことが挙げられます。次に、外的要因として、この20年間でテック分野が壮大な躍進を遂げたため、テック分野や産業分野では、ブロックチェーン 、5G、AI、IoT(モノのインターネット)などのハイテクノロジーへの期待が高まっていることです。この点を考慮すると、2021年にはIPOを目指すブロックチェーン・ユニコーンが次々と現れ、IPOの波を形成し、Coinbaseのようなトップ企業は評価額100億ドルを軽々と超え、ブロックチェーン企業の代表格として上場することが予想されます。

全文はこちら:https://mp.weixin.qq.com/s/HXgaWJB1yOy76n0HQUTmpA

1.2 業界での応用

eスポーツサイト、最先端のブロックチェーンプロトコルを用いたNFTをローンチ

最先端のブロックチェーンプロトコルを使用して、動画の再生数の不正な操作を取り締まるeスポーツに特化したサイトが、非代替性トークンをローンチしました。Verasityが運営するeスポーツクラブによると、提供されるNFTは、ポスター、バッジ、武器、MOD、eスポーツトーナメントのハイライトシーンをまとめたショートビデオなどです。これらはすべて、Verasity独自の特許取得済みのProof of Viewプロトコルに基づいて構築されており、世界中の動画マネタイズから不正を排除する設計となっています。プラットフォーム上で使用されるNFTは、所有権を持つ独自のものであることがPoVによって認証されます。これによりユーザーは、自分のNFTトークンをすべて管理し、自由な転売や分配が可能になります。近日中にeスポーツファイトクラブストアで、NFTが他の多くのアイテムと一緒に販売される予定です。

デンマーク赤十字社、300万ドルのブロックチェーンベースの火災CATボンドを支援

デンマーク赤十字社が火山噴火後の救援を目的としたCATボンドを支援したことで、人道的な目的のための暗号資産とブロックチェーンの採用がさらに拡大するでしょう。CIRマガジンによると、このCATボンドは、プロジェクトに関連するSolidum PartnersやPlenum Investmentsなどの投資家と民間企業やその他の人道的機関の支援を受けています。CATボンドは、保険リスク証券化会社のReplexusが開発したブロックチェーン技術を使用しており、人道支援のための資金を調達し、壊滅的な火山噴火の後にすぐに支援することを目的としています。ブロックチェーンを利用したCATボンドは、約300万ドルの調達を計画しており、世界の10の活火山に焦点を当てています。報告書によると、これらの選定された火山は、それぞれの火山の半径60マイル以内に住む70万人以上の人々に重大な人道的リスクをもたらします。

マンチェスター・シティFC、Sociosでファン・トークンを発行

英国を代表するサッカークラブであるマンチェスター・シティは、デジタル形式のファンエンゲージメントの新たなツールを提供するために、独自のブロックチェーン基盤のトークンを発行しました。
公式発表によると、マンチェスター・シティはファンエンゲージメント・プラットフォームであるSocios.comと提携し、CITYファン・トークンをChilizブロックチェーン上で発行したという。FCバルセロナやユベントスなど他の欧州のクラブと同様に、マンチェスター・シティでも、ファン・トークンを使って、VIP特典、クラブプロモーション、ゲーム、AR対応機能、投票などを提供することができるようになりました。マンチェスター・シティFCの親会社であるシティ・フットボール・グループのグローバル・パートナーシップのセールス担当シニア・バイス・プレジデントを務めるステファン・チープリック氏は、クラブの「Cityzens」メンバーシップの参加者は、無料で「CITY」ファン・トークンを入手できると述べています。「すでにCityzenに登録済みの方もトークンを無料で受け取れるので、あらゆる特典と報酬にアクセスすることができます」とシープリック氏は述べました。”Chiliz “と “Socios “のCEOであるAlexandre Dreyfus氏は、新たに発行されたファントークンによって、COVID-19の規制が解除された後、デジタル及び現実世界のユニークな報酬と体験をファンに提供できるようになると述べています。

1.3国際政策

国際決済銀行のトップ、暗号資産の規制強化の必要性を主張

国際決済銀行(Bank for International Settlements)のマネージング・ディレクターであるAgustín・Carstens氏は、暗号資産は金融法を回避するためのツールであるとして、暗号資産の規制強化を求めています。
国際決済銀行(BIS)のマネージング・ディレクターは、CNBCとのインタビューで、より厳格な暗号資産規制が必要な分野として、マネーロンダリングとテロ資金調達を挙げています。暗号犯罪が世界の暗号資産取引のごく一部であることを示唆する多くの事実があるにもかかわらず、Carstens氏のコメントは暗号資産に否定的な評論家によく見られる反論でした。Carstens氏によると、暗号資産は、暗号資産取引の匿名性から、犯罪行為のツールとして悪名高いとのことです。BISのマネージング・ディレクターは、固定観念にとらわれた反暗号資産のマントラを唱えるだけでなく、グローバルな金融機関にとって暗号資産は脅威ではないと見ている。一方、2019年12月には、Carstens氏は、暗号資産は、世界の金融構造から中央銀行を疎外する可能性があると懸念を表明している。

ドイツの金融規制当局、個人の暗号資産投資に警告

ドイツの連邦金融監督庁(BaFin)は、暗号資産投資のリスクについて投資家に注意喚起しました。同規制当局は、ウェブサイトに消費者保護に関する警告を掲載し、個人投資家の暗号資産への関与について注意を促しています。
BaFinはこの声明の中で、欧州証券市場庁や欧州銀行庁を含む欧州の複数の規制当局も同様に投資リスクに関する注意を促していると触れています。BaFinは、個人投資家は、暗号資産への投資で全ての資産を失うリスクがあることを認識する必要があると警告しています。欧州委員会は、EU全体をカバーする一連のデジタル資産法の策定に取り組んでいますがまだ成立していません、一方、ドイツの規制当局は、国内のデジタル資産に関するいくつかの法的枠組みをすでに策定しています。

タイ銀行、今年中に資産担保型のステーブルコインを規制予定

タイ銀行(BOT)は、通貨の安定化に力を入れています。同庁は今週、韓国のTerra社が発行したタイバーツ(THB)にペッグされたステーブルコイン「Thai Baht Digital(THT)」は、法的な保証や保護がなく、同国の通貨法に違反していると市民に警告しました。中央銀行のSiritida Panomwon Na Ayudhya副総裁は、「中央銀行(BoT)は、規則を導入する前に、市場規制当局や参加者の意見を収集している」と述べました。
この計画では、ビットコイン(BTC)やイーサ(ETH)などの分散型暗号資産ではなく、資産担保型および外貨担保型のステーブルコイン、アルゴリズム型のステーブルコインを規制することを目的としています。
Siritida氏は、中央銀行(BoT)はフィンテックとイノベーションの利点を理解しており、今後も新興技術を監視するとともに、国内経済を支援し、金融システムの安定性を維持するための政策を実施していくことを強調しました。

2.技術能力分析

2.1暗号資産の難易度調整と収益分析

今週のビットコインのハッシュレートは上昇。
2021年3月22日〜2021年3月28日、ビットコインネットワーク全体のハッシュレートの平均は165.2EH/sで、前週から4.96%上昇しました。

図2.1ビットコインのハッシュレート

データソース:blockchain.info

今週のビットコインの採掘難易度は前週と変わらず。
2021年3月28日現在、ビットコインの採掘難易度は21.86Tと前週と変わらずでした。

図2.1ビットコインの採掘難易度

データソース:blockchain.info

ビットコインネットワーク全体の週間ブロック生成数は1075ブロックで前週比4.88%増、トップ5の順位に変化。

ブロック生成数 割合 ハッシュパワー
Poolin 181 16.84 % 28.13 EH/s
F2Pool 160 14.88 % 24.87 EH/s
AntPool 140 13.02 % 21.76 EH/s
Binance Pool 132 12.28 % 20.52 EH/s
BTC.com 108 10.05 % 16.79 EH/s

 

図2.5ビットコインマイニングプールのシェア率

データソース:BTC.com

 

2.2 アクティビティ統計

今週のビットコイン平均ブロックサイズ、1ブロックあたりの平均トランザクション数は共に減少。
blockchain.infoのデータによると、2021年3月22日から2021年3月28日までの1週間におけるビットコインの1ブロックあたりの平均サイズは1.30MBで、前週から2.99%減少し、1ブロックあたりの平均トランザクション数は1,813で、前週から2.68%減少しました。

図2.7ビットコインの平均ブロックサイズ-(7日平均)

図2.8ビットコインの1ブロックあたりの平均トランザクション数-(7日平均)


データソース:blockchain.info

今週のビットコインの未確認取引の平均件数は91.78%増加。
2021年3月21日時点では、ビットコインの7日間の平均未確認取引件数は36,008件で、前週から91.78%増加しています。

図2.11ビットコイン未確認取引数

データソース:blockchain.info

今週のビットコインのマイニング手数料とイーサリアムのマイニング手数料は共に低下。2021年3月28日時点では、ビットコインの1日あたりの平均マイニング手数料は12.762USDで、前週から26.18%減、イーサリアムの1日あたりのマイニング手数料は12.964USDで20.93%減となっています。

図2.13ビットコイン、イーサリアムのマイニング手数料

データソース:bitinfocharts

ビットコイン検証ノード数は前週より11.12%減。
2021年3月28日現在、ビットコインの検証ノード数は9,139に達し、前週から11.12%減少しています。内訳は、米国が1,750ノード(19.15%)、ドイツが1,748ノード(19.13%)、中国が193ノード(2.11%)で9位となっています。

図2.15ビットコイン検証ノード数、国別ランキング

データソース:bitnodes

今週のビットコインユーザーは前週より増加。
blockchain.infoのデータによると、2021年3月28日現在、ブロックチェーンウォレットの総ユーザー数は70,388,097人に達し、前週から0.63%増加しています。


データソース:blockchain.info

今週のGithubコードアクティビティのTOPプロジェクト「LINK」。
2021年3月22日~2021年3月28日に、 最もアクティブなGithub コードはChainlinkで、今週のコミット数は33回でした。

図2.19Githubアクティビティ

データソース:CryptoMiso

3.プライマリー市場の投融資動向

今週のブロックチェーン業界における投融資プロジェクトは2件。
Coin Statsは「Formula VC、Imperii Capital等」から120万ドルのシードラウンドの投資を受け、Maple Financeは「Framework Ventures、Polychain Capital」から140万ドルの戦略的資金調達を受けました。

表4.1今週の投融資プロジェクト

プロジェクト名 ラウンド 融資金額 投資機関 企業の概要
Coin Stats シードラウンド 120万ドル Formula VC、 Imperii Capital 等 暗号資産ポートフォリオ・トラッキング・サービス・プロバイダー
Maple Finance 戦略投資 140万ドル Framework Ventures、 Polychain Capitalがリード DeFiサービスプロバイダー

データソース:IT桔子、coindesk

Huobiブロックチェーン応用研究院

私達について

2016年4月に設立された「Huobiブロックチェーン応用研究院」(以下、「Huobi研究院」)は、2018年3月より、ブロックチェーンにおける技術研究、業界分析、アプリケーションのイノベーションモデル調査を中心に、ブロックチェーンの各分野における研究・調査を総合的に展開しています。私たちは、ブロックチェーンの研究プラットフォームを構築し、ブロックチェーン産業のプレーヤーに確かな理論的基礎とトレンド分析を提供し、ブロックチェーン業界全体の発展を促進したいと考えています。「Huobiブロックチェーン業界週間レポート」は、Huobi研究院が立ち上げたブロックチェーン業界に関する週間レポートです。報告書では主に、市場全体のレビュー、大まかなカテゴリーのプロジェクトのパフォーマンス、暗号資産の生成やコードの更新状況などの技術力の分析、ブロックチェーン業界のハイライトやプライマリーマーケットのプロジェクトの進捗状況を詳細にレビューしており、投資家がタイムリーかつ迅速に市場全体の動向や開発動向を把握し、多様な分析で最新の業界進捗状況を理解するのに役立ちます。

連絡先

免責事項

  1. Huobiブロックチェーン研究院は、本レポートに関わる暗号資産やその他の第三者と、レポートの客観性、独立性、公平性に影響を与えるような提携関係にはありません。
  2. 本レポートに引用されている情報やデータは、準拠した情報源からのものであり、その情報源はHuobiブロックチェーン研究院が信頼できると判断したものであり、その信憑性、正確性、完全性について必要な検証を行っていますが、Huobiブロックチェーン研究院は、その信憑性、正確性、完全性についていかなる保証も行いません。
  3. 本レポートの内容は参考情報であり、本報告書に記載されている事実や意見は、当該暗号資産に関する投資助言を行うものではありません。Huobiブロックチェーン研究院は、法令で明示的に定められている場合を除き、当該情報に基づいて被ったいかなる損害について、当社および情報提供者は一切責任を負わないものとします。読者の皆様におかれましては、本レポートのみに依拠して投資判断を下すことはお控えいただき、投資に関するご決定は皆さまご自身の判断において行われるようお願いいたします。
  4. 本レポートに記載されている情報、意見、推測は、本レポートを確定する時点での研究者の判断を反映したものであり、将来、業界の変化やデータ・情報の更新により、意見や判断が更新される可能性があることをご了承ください。
  5. 本レポートの著作権はHuobiブロックチェーン研究院のみが所有しており、本レポートの内容を引用する必要がある場合は、出典を明記してください。大幅な引用が必要な場合は事前にご連絡いただき、許可の範囲内でご使用ください。いかなる場合においても、本レポートを本来の意図に反して引用、簡略化、修正することはできません。
暗号資産ご利用の際の注意
暗号資産は、円やドルなどのように国がその価値を保証している「法定通貨」ではありません。インターネット上でやりとりされる電子データです。 暗号資産は、対価の弁済を受ける者の同意がある場合に限り代価の弁済のため に使⽤することができます。 暗号資産は、価格が変動することがあります。暗号資産の価格が急落したり、突然無価値になってしまったりと、損失を被る可能性があります。 暗号資産交換業者は金融庁・財務局への登録が必要です。当社は登録済みの暗号資産交換業者です。 暗号資産の取引を行う場合、事業者から説明を受け、取引内容をよく理解し、ご自身の判断で行ってください。 リスク警告: https://www.huobi.co.jp/about/risk/