Huobi レポート

Huobiブロックチェーン業界週報(第159号)

2021年3月29日-2021年4月4日

概要

中国のHot Topics

・国内初ブロックチェーンによるPCR検査・検証プラットフォーム、安吉で稼働。

・深圳モバイル税務プラットフォーム、ブロックチェーン電子請求書をオンラインで発行できる「Easy E-invoice」機能を追加。「Easy E-invoice」では、ハードウェア、手数料が不要で、チケットの承認や請求書の購入などの手続きも不要です。増額申請は、顔認証だけですべての手続きをオンラインで行うことができます。

・中国中小企業協会(CASME)と海南省政府、中小企業に関する研究セミナーを開催。 セミナーでは、海南省工業情報化局局長の尹丽波氏が司会を務めました。

・【Huobi研究院】「世界のブロックチェーン業界の展望と動向2020-2021」2021年の展望トップ10を発表。 7つ目の大きな展望:暗号資産の規制は成熟に近づき、より多くの国で法制化されるでしょう。

 

業界での応用

・韓国、ブロックチェーンでワクチンパスポートの偽造を防止。ブロックチェーン技術は、新しい健康監視手段(COVID-19ワクチン・パスポート等)の完全性に対する信頼性を高めるために使用されています。

・オーストラリア、ブロックチェーンを使って太陽光クレジットをビールと交換可能に。 Victoria Bitter社は、ブロックチェーンエネルギーの大手企業であるPower Ledger社と提携し、顧客が余った太陽光エネルギーをビールと交換できる新しいプログラムを開始しました。

・スイスのスタートアップ、トークン化された穀物取引パイロットを開始。

 

国際政策

・東カリブ中央銀行(ECCB)、デジタル通貨「DCash」稼働。ECCBは、カリブのフィンテック企業であるBittと協力し、地域向けの中央銀行デジタル通貨を発行しました。

・英国、暗号資産関連会社に年次金融犯罪報告書の提出を義務付け。

・英国当局、ステーブルコインの規制強化に注力。英国の規制当局は、同国の暗号資産の法的枠組みの構築に向けて、まずステーブルコインの規制を重視するとしています。

 

▼今週のビットコイン各種数値(前週比)

ハッシュレート ▼down
採掘難易度 ▲up
平均ブロックサイズ ▲up
平均ブロックトランザクション数 ▲up
マイニング手数料 ▲up

blockchain.infoのデータによると、2021年4月4日時点で、ブロックチェーンウォレットの総ユーザー数は70,878,134人となり、前週から0.70%増加しています。

今週のGithubコードアクティビティのTOPプロジェクトは「LINK」。
2021年3月29日〜2021年4月4日、最もアクティブなGithubコードはChainlinkで、今週のコミット数は25回でした。

今週の、ブロックチェーン業界の投融資プロジェクトは2件。
imTokenは「Qiming Ventures」が主導する3000万ドルのシリーズB投資を受け、SuperRareは「VelvetSeaと1confirmation」が主導する900万ドルのシリーズA投資を受けました。

1.今週のブロックチェーン関連ニュース

1.1中国のHot Topics

国内初ブロックチェーンによるPCR検査・検証プラットフォーム、安吉で稼働

国内初のブロックチェーンベースのPCR検査・検証プラットフォームが安吉で正式にスタートしました。このプラットフォームは、PCR検査の全過程における信頼性の高い追跡と、個人情報のプライバシー保護を実現しており、個人情報の改ざんや偽造に起因する手作業による検証の困難さを回避するとともに、検証の高速化とアクセス効率の向上を実現しています。
安吉のオンラインブロックチェーンPCR検査・検証プラットフォームは、ブロックチェーン技術とQRコードをグリップにして、CCD、病院、第三者の独立医療機関など、安吉のすべてのPCR検査機関をドッキングします。PCR検査証明書に関わる情報(機関、時間、結果など)はブロックチェーンのデジタルユニークIDに対応し、ブロックチェーン証明書の情報は正確にタイムスタンプされ、改竄されません。

深圳モバイル税務プラットフォームでは、ブロックチェーン電子請求書をオンラインで発行できる「Easy E-invoice」機能を追加

深圳モバイル税務プラットフォームでは、新たに「Easy E-invoice」の機能を追加し、ブロックチェーン電子請求書の発行をオンラインで完結させることができるようになりました。「Easy E-invoice」では、ハードウェア、手数料が不要で、チケットの承認や請求書の購入などの手続きも不要です。増額申請は、顔認証だけですべての手続きをオンラインで行うことができます。
2018年8月10日に深圳国際レストランで深圳初のブロックチェーン電子請求書が発行されて以来、本システムは24時間365日ブロックチェーン請求書発行サービスを提供しています。2021年3月末までに、深圳では4,700万件以上のブロックチェーン電子請求書が発行され、その請求総額は600億元を超え、1日の平均請求数は12万件を超えています。

中国中小企業協会(CASME)と海南省政府、中小企業に関する研究セミナーを開催

先日、中国中小企業協会(CASME)の李子彬会長が中心となって、海南省政府の関連部門とのセミナーが行われ、海南省産業・情報技術局局長の尹丽波氏が司会を務めました。
セミナーでは、李子彬氏は、海南省政府がこのプロジェクトに高い優先順位を与えてくれたことに感謝の意を表し、瓊海での研究目的は、海南省政府との交流と協力を強化し、協会のプラットフォームを活用し、中小企業向け産業インターネット、インテリジェントな税制、インクルーシブ・ファイナンスなどのサービスを提供し、インターネット+医療、新エネルギー自動車の充電とスイッチングの効率向上などのソリューションを提供し、海南省の中小企業の変革とアップグレードを支援し、特化して発展する道を歩むために、海南省の地域経済と質の高い発展を支援することであると述べました。
今回のセミナーには、李志彬氏のほか、「北京中国税網制御有限会社」、「海南火鎖科技有限会社」、「深圳前海微衆銀行」など5社が参加しました。
袁煜明氏は、海南省に根ざした企業として、Firechain Technologyは海南省の早期かつ試験的な改革の機会を把握し、海南省のブロックチェーン産業の活発な発展を支援することを希望すると表明するとともに、ブロックチェーン応用、技術研究開発、ブロックチェーン教育など、海南省の関連部門とのドッキングニーズを打ち出しています。

【Huobi研究院】「世界のブロックチェーン業界の展望と動向2020-2021」~2021年の展望トップ10

7つ目の大きな展望:暗号資産の規制は成熟に近づき、より多くの国で法制化されるでしょう。発展する暗号資産市場の規制は、暗号資産やサービスの合法性、規制の実施、規制の一貫性など、暗号資産や資産の正当性に関する地域の認識や政策に焦点を当てる必要があります。
現在、規制の完成度では欧米がリードしており、オーストラリアは規制構造や規制が確立されていますが、アジア諸国全体の規制はまだ初期段階にあります。 暗号資産市場が徐々に成熟していく中で、関連する法律を持つ国は規制システムをさらに改善していくでしょうし、まだ法律を制定していない国の中には展開を強化するところもあると考えます。また、市場のコンプライアンスを促進するために、2021年にはより多くの国が暗号資産やアセットに関する法律を制定することが予想されます。

全文はこちら:https://mp.weixin.qq.com/s/HXgaWJB1yOy76n0HQUTmpA

1.2 業界での応用

韓国、ブロックチェーンでワクチンパスポートの偽造を防止

ブロックチェーン技術は、新しい健康監視手段(COVID-19ワクチン・パスポート等)の完全性に対する信頼性を高めるために使用されています。
韓国は、75歳以上の住民を対象にCOVID-19ワクチンの導入を開始しましたが、これからワクチンを受ける市民のワクチンパスポートの認証にブロックチェーン技術を利用する計画を明らかにしました。
ロイター通信によると、丁世均首相は政府の会議で、ワクチン接種のデジタル証明を管理するための新しいモバイルアプリを4月下旬に公開予定であると述べました。ブロックチェーン技術は、市民がワクチンを摂取した証拠を改ざんできないようにするために使用されます。丁世均首相は「ワクチンパスポートやグリーンパスを導入することで、ワクチンを受けた人々が日常の回復を実感できるだろう」と述べています。ワクチンパスポートは、海外からの旅行者も対象としており、アプリでサポートを受け、ワクチンを接種したことを証明してもらった上で入国を許可します。

オーストラリア、ブロックチェーンを使って太陽光クレジットをビールと交換可能に

Victoria Bitter社は、ブロックチェーンエネルギーの大手企業であるPower Ledger社と提携し、顧客が余った太陽光エネルギーをビールと交換できる新しいプログラムを開始しました。
「オーストラリアの太陽の下で冷えたビールを飲むことよりも、それをしながらビールを稼ぐ方が素晴らしい。それは、ビール愛好家と環境にとって、まさにWin-Winの関係です。」とVictoria Bitterのマーケティング担当であるジェネラル・マネージャーであるBrian Phan氏は述べています。
新しいソーラー交換プログラムにより、顧客はVictoria Bitterと交換した太陽光エネルギークレジットの数に基づいて、獲得したビールの量を追跡することができます。同社は発表の中で「30ドル相当のクレジットごとに1カートンと交換でき、玄関先まで届けられる。」と述べています。

スイスのスタートアップ、トークン化された穀物取引パイロットを開始

スイスの農業関連のスタートアップは、穀物の取引コストを削減するために、非代替性トークンの使用を試験的に実施しました。
現在、Cerealiaプラットフォームでは双方向の取引しかできませんが、近日公開予定の新機能により、サードパーティがトークンを使って穀物取引や投機ができるようになります。デジタル化されたシステムでは、穀物取引業者にとっては、保管料などの取引実行コストが削減されるとともに、事務処理の負担も軽減されます。このトークンは、メキシコのMercanta社が使用しているもので、同社が地元の倉庫に保管している穀物を表していると言われています。他の穀物保有者や商社は、独自のバージョンのトークンを発行することができます。トークンは、Cerealiaのプラットフォーム上で取引され、実際に保有している穀物のトークンとして機能します。
Cerealia社のCOOであるFilipe Pohlmann Gonzaga氏は、トークン化システムによって、銀行やヘッジファンドなどの投資家が物理的な配送をしなくても、デジタル穀物の取引が可能になると述べています。

1.3国際政策

東カリブ中央銀行(ECCB)、デジタル通貨「DCash」稼働

東カリブ中央銀行(ECCB)は、カリブのフィンテック企業であるBittと協力し、地域向けの中央銀行デジタル通貨(CBDC)「DCash」を発行しました。
同時期に、2019年12月には、国際決済銀行(BIS)のマネージング・ディレクターであるCarstens氏は、暗号資産は、世界の金融構造から中央銀行を疎外する可能性があると懸念を表明しています。
DCashは、東カリブ通貨同盟に加盟する8カ国の法定通貨である東カリブドルのデジタル版です。ただし、現在DCashは、通貨同盟に加盟しているグレナダ、セントクリストファー・ネイビス、アンティグア・バーブーダ、セントルシアの4カ国でのみでしか利用できません。Bitt社のCEOであるブライアン・ポペルカ氏は、DCashは通貨連合にとって「ゲームチェンジャー」であり、CBDCは世界中のデジタル通貨と相互運用できるように設計されていると付け加えています。
ECCBとBittは、次のステップとして、来年DCashの導入に参加する通貨同盟の残り4カ国の金融インフラに完全に組み込むこととしています。

英国、暗号資産関連会社に年次金融犯罪報告書の提出を義務付け

英国の金融行動監視機構(FCA)は、金融犯罪報告の枠組みに暗号資産を含めたことを水曜日にウェブサイトに掲載されたポリシー・ステートメントを通じてお知らせしました。これは、同国の金融規制当局が、年次金融犯罪報告書「REP-CRIM」の提出を義務付けている企業の数を2,500社から約7,000社に増やしたことに起因します。
ポリシー・ステートメントによると、FCAのREP-CRIM報告の遵守は、規制当局がマネーロンダリング活動に対抗するために必要な手段であると宣言しています。FCAは2020/2021年の事業計画の中で、「マネーロンダリングを防止するための規則を強化し、国内外の関係者と協力して、暗号資産の共同利用アプローチを支援する。」としています。今回の政策発表を受けて、拡張されたREP-CRIM体制に含まれる英国の暗号資産関連企業は、期日までに金融犯罪報告書を提出することが求められます。

英国当局、ステーブルコインの規制に注力

英国の規制当局は、同国の暗号資産の法的枠組みの構築に向けて、まずステーブルコインの規制を重視するとしています。英国の金融サービス大臣のJohn Glen氏は、ステーブルコインが政府の暗号資産規制の焦点となると述べています。
Glen氏は、英国が広範な金融市場の規制よりもステーブルコインを優先させたのは、法定通貨連動型の暗号資産による決済サービスを提供する参加者が限られているため、市場が独占されるという懸念が背景にあると考えています。Glen氏は「既存のオンラインサービスを拡張してプラグインできるため、特定の企業が急速に優位に立ち、他のプレーヤー圧倒する可能性がある」と述べています。
Glen氏の見方は、ステーブルコインプロジェクト「Diem」(かつてのLibra)に対するこれまでの金融規制当局の懸念と同じです。各国の規制当局は、グローバルに存在感の強いFacebookによる、デジタル通貨プロジェクト計画は、各国の金融政策の重大なリスク要因となると指摘しています。

2.技術能力分析

2.1暗号資産の難易度調整と収益分析

今週のビットコインのハッシュレートは下落。
2021年3月29日〜4月4日、ビットコインネットワーク全体のハッシュレートの平均は163.5EH/sで、前週から1.03%下落しましたた。

図2.1ビットコインのハッシュレート

データソース:blockchain.info

今週のビットコインの採掘難易度は前週より上昇。
2021年4月4日現在、ビットコインの採掘難易度は23.06Tと、前週よりも5.49%上昇しています。

図2.1ビットコインの採掘難易度

データソース:blockchain.info

ビットコインネットワーク全体の週間ブロック生成数は1,026ブロックで前週比4.56%減、トップ5の順位に変化。

ブロック生成数 割合 ハッシュパワー
F2Pool 159 15.50 % 25.21 EH/s
Poolin 141 13.74 % 22.36 EH/s
AntPool 131 12.77 % 20.77 EH/s
Binance Pool 119 11.60 % 18.87 EH/s
BTC.com 115 11.21 % 18.23 EH/s

 

図2.5ビットコインマイニングプールのシェア率

データソース:BTC.com

 

2.2 アクティビティ統計

今週のビットコイン平均ブロックサイズ、1ブロックあたりの平均トランザクション数は共に増加。
blockchain.infoのデータによると、2021年3月22日から2021年3月28日までの1週間におけるビットコインの1ブロックあたりの平均サイズは1.31MBで、前週から0.77%増加し、1ブロックあたりの平均取引回数は2,151回で、前週から18.64%増加しました。

図2.7ビットコインの平均ブロックサイズ-(7日平均)

図2.8ビットコインの1ブロックあたりの平均トランザクション数-(7日平均)


データソース:blockchain.info

今週のビットコインの未確認取引の平均件数は3.94%増加。
2021年4月4日時点では、ビットコインの7日間の平均未確認取引件数は37,428件で、前週から3.94%増加しています。

図2.11ビットコイン未確認取引数

データソース:blockchain.info

今週のビットコインのマイニング手数料とイーサリアムのマイニング手数料は共に上昇。2021年4月4日時点では、ビットコインの1日あたりの平均マイニング手数料は17.568USDで前週から37.66%増、イーサリアムの1日あたりのマイニング手数料は19.001USDで前週から46.57%増となっています。

図2.13ビットコイン、イーサリアムのマイニング手数料

データソース:bitinfocharts

ビットコイン検証ノード数は前週より6.61%増。
2021年4月4日時点では、ビットコインの検証ノード数は9,743に達し、前週から6.61%増加しています。内訳は、米国が1,846ノード(19.13%)、ドイツが1,743ノード(17.89%)、中国が196ノード(2.01%)で9位となっています。

図2.15ビットコイン検証ノード数、国別ランキング

データソース:bitnodes

今週のビットコインユーザーは前週より増加。
blockchain.infoのデータによると、2021年4月4日時点では、ブロックチェーンウォレットの総ユーザー数は70,878,134人に達し、前週から0.70%増加しています。


データソース:blockchain.info

今週のGithubコードアクティビティのTOPプロジェクト「LINK」。
2021年3月29日〜2021年4月4日に、最もアクティブなGithubコードはChainlinkで、今週のコミット数は25回でした。

図2.19Githubアクティビティ

データソース:CryptoMiso

3.プライマリー市場の投融資動向

今週のブロックチェーン業界における投融資プロジェクトは2件。
imTokenは「Qiming Ventures」が主導する3000万ドルのシリーズB投資を受け、SuperRareは「VelvetSeaと1confirmation」が主導する900万ドルのシリーズA投資を受けました。

表4.1今週の投融資プロジェクト

プロジェクト名 ラウンド 融資金額 投資機関 企業の概要
imToken リリーズB 3000万ドル Qiming Venturesが主導 暗号資産のウォレット
SuperRare シリーズA 900万ドル VelvetSea、 1confirmationが主導 暗号化されたアートプラットフォーム

データソース:IT桔子、coindesk

Huobiブロックチェーン応用研究院

私達について

2016年4月に設立された「Huobiブロックチェーン応用研究院」(以下、「Huobi研究院」)は、2018年3月より、ブロックチェーンにおける技術研究、業界分析、アプリケーションのイノベーションモデル調査を中心に、ブロックチェーンの各分野における研究・調査を総合的に展開しています。私たちは、ブロックチェーンの研究プラットフォームを構築し、ブロックチェーン産業のプレーヤーに確かな理論的基礎とトレンド分析を提供し、ブロックチェーン業界全体の発展を促進したいと考えています。「Huobiブロックチェーン業界週間レポート」は、Huobi研究院が立ち上げたブロックチェーン業界に関する週間レポートです。報告書では主に、市場全体のレビュー、大まかなカテゴリーのプロジェクトのパフォーマンス、暗号資産の生成やコードの更新状況などの技術力の分析、ブロックチェーン業界のハイライトやプライマリーマーケットのプロジェクトの進捗状況を詳細にレビューしており、投資家がタイムリーかつ迅速に市場全体の動向や開発動向を把握し、多様な分析で最新の業界進捗状況を理解するのに役立ちます。

連絡先

免責事項

  1. Huobiブロックチェーン研究院は、本レポートに関わる暗号資産やその他の第三者と、レポートの客観性、独立性、公平性に影響を与えるような提携関係にはありません。
  2. 本レポートに引用されている情報やデータは、準拠した情報源からのものであり、その情報源はHuobiブロックチェーン研究院が信頼できると判断したものであり、その信憑性、正確性、完全性について必要な検証を行っていますが、Huobiブロックチェーン研究院は、その信憑性、正確性、完全性についていかなる保証も行いません。
  3. 本レポートの内容は参考情報であり、本報告書に記載されている事実や意見は、当該暗号資産に関する投資助言を行うものではありません。Huobiブロックチェーン研究院は、法令で明示的に定められている場合を除き、当該情報に基づいて被ったいかなる損害について、当社および情報提供者は一切責任を負わないものとします。読者の皆様におかれましては、本レポートのみに依拠して投資判断を下すことはお控えいただき、投資に関するご決定は皆さまご自身の判断において行われるようお願いいたします。
  4. 本レポートに記載されている情報、意見、推測は、本レポートを確定する時点での研究者の判断を反映したものであり、将来、業界の変化やデータ・情報の更新により、意見や判断が更新される可能性があることをご了承ください。
  5. 本レポートの著作権はHuobiブロックチェーン研究院のみが所有しており、本レポートの内容を引用する必要がある場合は、出典を明記してください。大幅な引用が必要な場合は事前にご連絡いただき、許可の範囲内でご使用ください。いかなる場合においても、本レポートを本来の意図に反して引用、簡略化、修正することはできません。
暗号資産ご利用の際の注意
暗号資産は、円やドルなどのように国がその価値を保証している「法定通貨」ではありません。インターネット上でやりとりされる電子データです。 暗号資産は、対価の弁済を受ける者の同意がある場合に限り代価の弁済のため に使⽤することができます。 暗号資産は、価格が変動することがあります。暗号資産の価格が急落したり、突然無価値になってしまったりと、損失を被る可能性があります。 暗号資産交換業者は金融庁・財務局への登録が必要です。当社は登録済みの暗号資産交換業者です。 暗号資産の取引を行う場合、事業者から説明を受け、取引内容をよく理解し、ご自身の判断で行ってください。 リスク警告: https://www.huobi.co.jp/about/risk/