Huobi レポート

Huobiブロックチェーン業界週報(第160号)

2021年4月5日-2021年4月11日

概要

中国のHot Topics

・世界初のブロックチェーンを活用した、電子請求書アプリケーションの国際標準規格を発表。

・江蘇省蘇州市の湘城区規律検査委員会、ブロックチェーン技術を活用しブロックチェーン上に情報を448万件保存。ブロックチェーン技術を利用して、規律検査委員会は、分散型台帳を使ってタイムスタンプの形で秩序ある「記帳」を行い、チェーン上に散在する作業データを統一して保管し、保管用の情報を448万個形成しました。

・【産業調査レポート】海南ブロックチェーン産業発展白書2021
《海南ブロックチェーン産業発展白書2021》は、海南ブロックチェーン産業の発展を整理することで、海南ブロックチェーン産業の健全かつ急速な発展を促進することを目的としています。

・【Huobi研究院】「世界のブロックチェーン業界の展望と動向2020-2021」2021年の展望トップ10を発表。8つ目の大きな展望:DeFi全体の資本投入額は1,000億ドルを超えると予想され、今後DeFi間の競争が協力に勝るでしょう。

 

業界での応用

・シティと米州開発銀行、ブロックチェーンを利用した国際送金に成功。銀行大手のシティグループは、米州開発銀行(IDB)と協力し、ブロックチェーンを利用した国際送金の実証実験に成功しました。

・世界のファッションブランド、NFTへの進出を検討。拡大を続けるNFT市場に、世界的に認められたファッションブランドが参入する可能性があります。

・Vesta EquityとAlgorand、不動産のトークン化で新風。

 

国際政策

・スウェーデン中央銀行、デジタル通貨(CBDC)の試験運用のフェーズ1を完了。スウェーデン中央銀行は、R3社のCordaブロックチェーンをベースにしたネットワーク上で、中央銀行デジタル通貨(CBDC)の試験運用の最初の結果を発表しました。

・Akon氏、アフリカのウガンダに2つ目の暗号資産都市建設へ。

・日本銀行、初のデジタル通貨(CBDC)の実証実験を開始。

 

▼今週のビットコイン各種数値(前週比)

ハッシュレート ▲up
採掘難易度 ▲up
平均ブロックサイズ ▲up
平均ブロックトランザクション数 ▼down
マイニング手数料 ▲up

blockchain.infoのデータによると、2021年4月11日時点で、ブロックチェーンウォレットの総ユーザー数は71,237,794人となり、前週から0.51%増加しています。

今週のGithubコードアクティビティのTOPプロジェクトは「LINK」。
2021年4月5日〜2021年4月11日、最もアクティブなGithubコードはChainlinkで、今週のコミット数は37回でした。

今週の、ブロックチェーン業界の投融資プロジェクトは2件。
西遊記(NFT)は「BiBull capital and Clouds Foundation」から戦略的投資を受け、Equilibriumは「KR1, Signum Capit al, Hypersphere Ventures」から250万ドルの戦略的投資を受けました。

1.今週のブロックチェーン関連ニュース

1.1中国のHot Topics

世界初、ブロックチェーン電子請求書アプリケーションの国際標準規格を発表

国家税務総局深圳税務局、国家電網、公安第三研究所、テンセントなど10近くの組織が主導した国際標準「ブロックチェーンベースの電子請求書アプリケーションの推奨規格」がIEEE-SA(IEEE Standards Association)によって正式に確認・公開され、ブロックチェーンベースの電子請求書アプリケーションの世界初の国際標準、および国内の課税制度に関する世界初の国際標準となりました。
IEEE (Institute of Electrical and Electronics Engineers )は、現在世界最大の非営利専門技術団体であり、その主要な学術・国際標準化部門は世界的に権威あるものとして認められています。この規格が承認されたことは、中国のブロックチェーン電子請求書発行シナリオにおける技術的実践が国際的な当局に認められたことを意味し、世界のブロックチェーンe-invoicingアプリケーションの標準化と指導に貢献しています。

圳江蘇省蘇州市翔城区規律検査委員会、ブロックチェーン技術を活用してブロックチェーン上に情報を448万件保存

江蘇省蘇州市の湘城区規律検査委員会の党・政府監督室の幹部が、「3資産」監督ブロックチェーン上の取引情報に注目しました。台帳を見ると、黄橋街の占上村にある5つの集団用地が、リースに関する情報なしに更新されていました。これら5つの土地が2018年に初めて貸し出された際、公共の賃貸に関する取引プラットフォームの規定に従わず、システム上で、「更新」と偽って報告されていました。「3資産」の監督にブロックチェーンが登場する前は、3年連続で業務監査では検出されませんでした。 ブロックチェーン技術の助けを借りて、湘城区規律検査監督委員会は、分散型台帳を使ってタイムスタンプを付けて秩序ある「記帳」を行い、チェーン上に散在する作業データを統一し、448万個の預託情報を形成しました。

【産業調査レポート】海南ブロックチェーン産業発展白書2021年版

近年、世界ではブロックチェーン技術を巡って激しい競争が繰り広げられており、各国はこの技術的な高みを占めるためにブロックチェーン産業を広く展開しています。ブロックチェーン技術は、そのユニークな技術的優位性により、世界経済の運営方法や様式を深く変えており、デジタル経済の将来的な発展における中核的なインフラの一つとなっています。 このような状況の中、「海南ブロックチェーン産業発展白書2021」は、海南におけるブロックチェーン産業の発展を整理することで、海南におけるブロックチェーン産業の健全かつ急速な発展を促進することを目的としています。国際的な観点から見ると、アメリカ、イギリス、シンガポールなど多くの国で、既に産業用ブロックチェーンの分野で方針を打ち出し、アプリケーションを着地させています。国内(中国)のブロックチェーン開発の観点から見ると、省レベルでブロックチェーン産業発展競争を開始した2019年以降、20以上の省がブロックチェーン産業の発展の突破口を得るために、作業報告や特別計画の中で、ブロックチェーン分野を加えています。

全文はこちら:https://mp.weixin.qq.com/s/4ib-wxRemp6wFFgw5PHnPg

【Huobi研究院】「世界のブロックチェーン業界の展望と動向2020-2021」~2021年の展望トップ10

8つ目の大きな展望:DeFi全体の資金投入額は1,000億ドルを超えると予想され、今後DeFi間の競争が協力に勝るでしょう。
2020年、DeFiセグメントの全体の資金は急速に増加しました。年初にはDeFi全体の資金量は600万ドル弱だったが、2020年末には16億ドルにまで増え、2600倍となり、暗号資産の時価総額全体の2.5%を占めています。そして、その成長はまだ衰えていません。DeFiセグメントの中では、レンディングとDEXが引き続き最大のユーザー数と資金を抱えています。しかし、これ以上DeFi間の相互運用性が上がらない可能性もあります。トップのDeFiアプリは、自分たちのニーズに合わせたフルエコシステムアプリのセットを並べようとするので、DEXアプリが独自の貸し出しを行おうとしたり、貸し出しアプリが独自のDEXを開発する可能性があったり、その後ろにいる各アグリゲーターがすべてを集約しようとしたりと、DeFi間の競争が激化していきます。そして、この現象を悪化させるのが、DeFiがクロスチェーン、L2、独自のチェーンを試みることであり、これらが整備されると、DeFi間の相互運用性は高価で複雑なものとなるでしょう。ユーザーを維持するための最も簡単な方法は、逆に独自の完全なエコシステムを全面的に展開することになります。そのため、2020年のDeFi間の甘い「ハネムーン」期間は終わり、新規・既存ユーザーの獲得競争がアグレッシブになり、本格的な戦いが始まるのかもしれません。もちろん、ユーザーにとってもこれは良いことであり、今後もきちんとした報酬を受け続けることができ、その結果、DeFiのTVLはさらに増加することになります。

全文はこちら:https://mp.weixin.qq.com/s/HXgaWJB1yOy76n0HQUTmpA

1.2 業界での応用

シティと米州開発銀行、ブロックチェーンを利用した国際送金に成功

銀行大手のシティグループは、米州開発銀行(IDB)と協力し、ブロックチェーンを利用した国際送金の実証実験に成功しました。
IDBのブロックチェーン専門家であり、LAC Chainの技術責任者であるマルコス・アレンデ氏は、「今回の実証実験では、IDBが米ドル建てのトークン化した資金をシティの口座に預け、デジタルウォレットを使って送金した」と説明しています。彼は「トークン化後、これらの資金はシティが決定した為替レートで現地通貨ドミニカペソに変換される」と述べました。ブロックチェーンを利用したこの実験により、IDBはトランザクションの為替レートや手数料を瞬時に追跡可能なため、米国からラテンアメリカ・カリブ諸国への国境を越えた決済の新たな手段につながる可能性があります。IDBラボのCEOであるIrene Hofman氏は、「インクルーシブ・クロスボーダー・ペイメントには、政府開発援助や国際送金など、さまざまな用途があります。これらのアプリケーションが、地域経済やさらには、送金を受ける最終的な受益者や家族にとって、非常に重要であることは間違いありません」とコメントしています。

世界のファッションブランド、NFTへの進出を検討

拡大を続けるNFT市場に、世界的に認められたファッションブランドが参入する可能性があります。Vogue Businessによると、いくつかのハイファッション企業が非代替性トークン(NFT)の公開に近づいていると述べています。この動きは、アート作品や音楽、ポップカルチャー商品など、ライフスタイルやエンターテインメント市場における製品やサービスのデジタルツイン化という新たなトレンドに沿ったものです。また、いくつかの小売業者は、実際の衣服のデジタルツインを作成し、NFTプラットフォームで販売しています。これらのファッションNFTを購入すると、対応する実物の服を入手することができます。ブロックチェーン・マルチバース・プラットフォーム「Lukso」の創設者であるMarjorie Hernández氏によると、ハイエンドのファッションブランドは、1990年代のeコマースのように、NFTの流れに乗って、遅れを取らないようにしたいと考えているそうです。Lukso(LYXE)は、デジタル・コレクターズアイテムへの関心の高まりにより、ここ数週間で価格が大幅に上昇したNFTプロジェクト・トークンの1つです。

Vesta EquityとAlgorandが不動産のトークン化で新風

米不動産投資会社であるVesta Equityは、新たに不動産トークン化サービスを開始するためにブロックチェーンプロジェクトAlgorandと提携しました。数十年にわたって続いてきた業界を破壊し、住宅所有者が住宅の所有権をデジタル資産に変換する可能性を広げることを目指しています。今回の提携により、Vesta社はAlgorandを利用して、従来の不動産投資家や融資に関わる多くの関係者の仲介をさらに排除します。Vestaは、コストのかかる中間業者をプロセスから排除し、Algorandの技術により、すべてのデータへのアクセスを簡易化し、契約を自動化します。この新しいマーケットプレイスでは、住宅所有者が保有する所有権をデジタル資産に変換し、その一部を適格な投資家に利子を付けずに売却したり、そのまま売却したりすることができます。

1.3国際政策

スウェーデン中央銀行、デジタル通貨(CBDC)の試験運用のフェーズ1を完了

スウェーデン中央銀行のSveriges Riksbankは、デジタル通貨(CBDC)の試験運用のフェーズ1を終えた後、ストックホルムの人々が電子マネーでコーヒーやシナモンロールを購入できるようにするために、解決しなければならないいくつかの重要な課題を明らかにしました。最近研究では、スウェーデン中央銀行は、R3社のCordaブロックチェーンをベースにしたネットワーク上で、中央銀行デジタル通貨(CBDC)の試験運用の最初の結果を発表しました。
Riksbankは、Riksbankの決済システムであるRIXを通じた流動性の提供や、ネットワークのメンバーが電子マネーの販売代理店を務めるなど、潜在的なCBDCシステムの中核的な側面をシミュレートしました。また、中央銀行は、参加者、エンドユーザー、モバイルアプリケーションなどの決済手段のシミュレーションを行いました。Riksbankは、新しいCBDC技術にはさらなる研究が必要であり、スケーラビリティが大きなボトルネックであると述べています。eスウェーデン・クローナ試験のフェーズ1でテストされたソリューションは、公共調達における性能要件を満たしています。しかし、これは限られたテスト環境で行われたものであり、新技術が大規模なリテール決済を管理できるかどうかは、さらなる調査とテストが必要です。

Akon氏、アフリカのウガンダに2つ目の暗号資産都市建設へ

セネガル出身の米国人ラッパーで実業家のAkonは、東アフリカの国ウガンダで、別の暗号資産都市の建設を開始するようです。ウガンダの旗艦テレビ局である国家統計局の報道によると、ウガンダ政府はこのプロジェクトのための土地の割り当てを発表しました。また、Akonは60億ドルを投じて、セネガルに2,000エーカー(約3.12平方マイル)のより大きな暗号資産都市を建設しています。2つの未来都市では、ステラブロックチェーンをベースにしたAkonの暗号資産であるAkoin(AKN)を使用します。アフリカ2カ国での暗号資産都市に加えて、Akoinプロジェクトはケニアの20億ドル規模の大都市Mwale Medical Metropolisと提携しました。AKNは、Medical and Tech Cityに本格的に導入される予定で、従業員の給与支払いや日常の決済に利用される予定です。

日本銀行、初のデジタル通貨(CBDC)の実証実験を開始

日本銀行が、中央銀行デジタル通貨の実証実験を開始したことが公式発表されました。日本銀行は、CBDCの基本的な機能や具備すべき特性が技術的に実現可能かどうかを検証するため、2021年早い時期に実証実験を開始するための初期準備を経て、本日、CBDCの実証実験(フェーズ1)を開始しました。このフェーズでは、CBDCのシステム的な実験環境を構築し、決済手段としてのCBDCの中核機能である発行、分配、還収等に関する検証を行う予定です。当初のCBDC実験のロードマップによると、フェーズ2の実験終了後に、決済サービスプロバイダーやエンドユーザーが参加するCBDCのパイロット実験を開始したいと考えています。このフェーズでは、フェーズ1で構築した実験環境にCBDCの追加機能を実装し、その実現可能性を検討します。

2.技術能力分析

2.1暗号資産の難易度調整と収益分析

今週のビットコインのハッシュレートは上昇。
2021年4月5日〜2021年4月11日、ビットコインネットワーク全体のハッシュレートの平均は167.6EH/sで、前週から2.51%上昇しました。

図2.1ビットコインのハッシュレート

データソース:blockchain.info

今週のビットコインの採掘難易度は前週より上昇。
2021年4月11日時点のビットコイン採掘難易度は23.13Tにとどまり、前週から0.30%上昇しました。

図2.1ビットコインの採掘難易度

データソース:blockchain.info

ビットコインネットワーク全体の週間ブロック生成数は1,029ブロックで前週比0.29%増、トップ5の順位は変わらず。

ブロック生成数 割合 ハッシュパワー
F2Pool 172 16.72 % 28.27 EH/s
Poolin 157 15.26 % 25.81 EH/s
AntPool 133 12.93 % 21.86 EH/s
Binance Pool 109 10.59 % 17.92 EH/s
BTC.com 100 9.72 % 16.44 EH/s

 

図2.5ビットコインマイニングプールのシェア率

データソース:BTC.com

 

2.2 アクティビティ統計

今週のビットコイン平均ブロックサイズは上昇し、1ブロックあたりの平均トランザクション数は減少。
blockchain.infoのデータによると、2021年4月5日〜4月11日までの1週間におけるビットコインの1ブロックあたりの平均サイズは1.35MBで、前週から3.05%増加し、1ブロックあたりの平均トランザクション数は1,905で、前週から11.44%減少しました。

図2.7ビットコインの平均ブロックサイズ-(7日平均)

図2.8ビットコインの1ブロックあたりの平均トランザクション数-(7日平均)


データソース:blockchain.info

今週のビットコインの未確認取引の平均件数は19.65%減少。
2021年4月11日現在、ビットコインの7日間の平均未確認取引件数は30,073件で、前週から19.65%減少しています。

図2.11ビットコイン未確認取引数
データソース:blockchain.info

今週のビットコインのマイニング手数料は上昇し、イーサリアムのマイニング手数料は低下。
2021年4月11日時点では、ビットコインの1日あたりの平均マイニング手数料は18.022USDで前週から2.58%増、イーサリアムの1日あたりの平均マイニング手数料は12.997USDで前週から31.60%減となっています。

図2.13ビットコイン、イーサリアムのマイニング手数料

データソース:bitinfocharts

ビットコイン検証ノード数は前週より1.43%減。
2021年4月11日時点では、ビットコインの検証ノード数は9,604と前週から1.43%減少しています。内訳は、米国が1,873ノード(19.50%)、ドイツが1,787ノード(18.61%)、中国が192ノード(2.00%)で第9位となっています。

図2.15ビットコイン検証ノード数、国別ランキング

データソース:bitnodes

今週のビットコインユーザーは前週より増加。
blockchain.infoのデータによると、2021年4月11日時点では、ブロックチェーンウォレットの総ユーザー数は71,237,794人に達し、前週から0.51%増加しています。


データソース:blockchain.info

今週のGithubコードアクティビティのTOPプロジェクト「LINK」。
2021年4月5日〜2021年4月11日に、最もアクティブなGithub コードはChainlinkで、今週のコミット数は37回でした。

図2.19Githubアクティビティ

データソース:CryptoMiso

3.プライマリー市場の投融資動向

今週のブロックチェーン業界における投融資プロジェクトは2件。
西遊記 NFTは「BiBull capital 、Clouds Foundation」から戦略的投資を受け、Equilibriumは「KR1、Signum Capital、 Hypersphere Ventures」から250万ドルの戦略的投資を受けました。

表4.1今週の投融資プロジェクト

プロジェクト名 ラウンド 融資金額 投資機関 企業の概要
西遊記NFT 戦略投資 未公開 BiBull Capital、Clouds Foundation NFTカードゲーム研究開発商
Equilibrium 戦略投資 250万USD KR1、Signum capital、Hypersphere Venturs ブロックチェーン・スマートコントラクト・フレームワーク

データソース:IT桔子、coindesk

Huobiブロックチェーン応用研究院

私達について

2016年4月に設立された「Huobiブロックチェーン応用研究院」(以下、「Huobi研究院」)は、2018年3月より、ブロックチェーンにおける技術研究、業界分析、アプリケーションのイノベーションモデル調査を中心に、ブロックチェーンの各分野における研究・調査を総合的に展開しています。私たちは、ブロックチェーンの研究プラットフォームを構築し、ブロックチェーン産業のプレーヤーに確かな理論的基礎とトレンド分析を提供し、ブロックチェーン業界全体の発展を促進したいと考えています。「Huobiブロックチェーン業界週間レポート」は、Huobi研究院が立ち上げたブロックチェーン業界に関する週間レポートです。報告書では主に、市場全体のレビュー、大まかなカテゴリーのプロジェクトのパフォーマンス、暗号資産の生成やコードの更新状況などの技術力の分析、ブロックチェーン業界のハイライトやプライマリーマーケットのプロジェクトの進捗状況を詳細にレビューしており、投資家がタイムリーかつ迅速に市場全体の動向や開発動向を把握し、多様な分析で最新の業界進捗状況を理解するのに役立ちます。

連絡先

免責事項

  1. Huobiブロックチェーン研究院は、本レポートに関わる暗号資産やその他の第三者と、レポートの客観性、独立性、公平性に影響を与えるような提携関係にはありません。
  2. 本レポートに引用されている情報やデータは、準拠した情報源からのものであり、その情報源はHuobiブロックチェーン研究院が信頼できると判断したものであり、その信憑性、正確性、完全性について必要な検証を行っていますが、Huobiブロックチェーン研究院は、その信憑性、正確性、完全性についていかなる保証も行いません。
  3. 本レポートの内容は参考情報であり、本報告書に記載されている事実や意見は、当該暗号資産に関する投資助言を行うものではありません。Huobiブロックチェーン研究院は、法令で明示的に定められている場合を除き、当該情報に基づいて被ったいかなる損害について、当社および情報提供者は一切責任を負わないものとします。読者の皆様におかれましては、本レポートのみに依拠して投資判断を下すことはお控えいただき、投資に関するご決定は皆さまご自身の判断において行われるようお願いいたします。
  4. 本レポートに記載されている情報、意見、推測は、本レポートを確定する時点での研究者の判断を反映したものであり、将来、業界の変化やデータ・情報の更新により、意見や判断が更新される可能性があることをご了承ください。
  5. 本レポートの著作権はHuobiブロックチェーン研究院のみが所有しており、本レポートの内容を引用する必要がある場合は、出典を明記してください。大幅な引用が必要な場合は事前にご連絡いただき、許可の範囲内でご使用ください。いかなる場合においても、本レポートを本来の意図に反して引用、簡略化、修正することはできません。
暗号資産ご利用の際の注意
暗号資産は、円やドルなどのように国がその価値を保証している「法定通貨」ではありません。インターネット上でやりとりされる電子データです。 暗号資産は、対価の弁済を受ける者の同意がある場合に限り代価の弁済のため に使⽤することができます。 暗号資産は、価格が変動することがあります。暗号資産の価格が急落したり、突然無価値になってしまったりと、損失を被る可能性があります。 暗号資産交換業者は金融庁・財務局への登録が必要です。当社は登録済みの暗号資産交換業者です。 暗号資産の取引を行う場合、事業者から説明を受け、取引内容をよく理解し、ご自身の判断で行ってください。 リスク警告: https://www.huobi.co.jp/about/risk/