Huobi レポート

Huobiブロックチェーン業界週報(第161号)

2021年4月12日-2021年4月18日

概要

中国のHot Topics

・深圳、デジタル人民元のテスト人口をさらに50万人拡大。

・第7期Hot Block Camp、起業家精神を鼓舞。今回のHot Block Campでは、中国における実際のアプリケーションシナリオとブロックチェーン分野を統合したプラットフォームを率先して構築し、様々なシナリオでのブロックチェーンの適用を促進し、ブロックチェーンが実体経済を強化するためのより質の高いソリューションを提供することを目的としています。

・【業界専門レポート】金融界の “新参者 “であるビットコイン高騰の “立役者”とは。 この記事では、ビットコインの設計メカニズム、ビットコインとマクロ経済、ビットコインの市場動向などについて解説しています。

・【Huobi研究院】「世界のブロックチェーン業界の展望と動向2020-2021」2021年の展望トップ10を発表。9つ目の大きな展望:クロスチェーンの資産規模が2倍になり、クロスチェーンの使い勝手が飛躍的に向上するでしょう。

 

業界での応用

・ドバイの経済部門、ブロックチェーンベースのKYCプラットフォームを企業向けに展開。ドバイ政府経済開発局(DED)とドバイ国際金融センター(DIFC)は、アラブ首長国連邦の金融機関に顧客情報管理プラットフォームを拡大することに取り組んでいます。

・ロッキード・マーティン社、スイスのサプライチェーンマネジメントにブロックチェーンを採用。

・Linux Foundation、保険向けのブロックチェーンベースのプラットフォーム立ち上げを発表。Linuxオペレーティングシステムをサポートする非営利の技術コンソーシアムであるLinux Foundationは、保険業界向けの新しいブロックチェーンベースのプロジェクトを支援しています。

 

国際政策

・欧州中央銀行(ECB)、デジタルユーロに関する協議結果を発表。デジタルユーロに最も求められる機能は、「プライバシー」であるとの回答が、協議に参加した市民および専門家の43%を占めました。

・タイ大手銀行、分散型金融(DeFi)の実験を開始。

・韓国大手銀行、ヘデラ・ハッシュグラフの運営審議会に参加。

 

▼今週のビットコイン各種数値(前週比)

ハッシュレート ▼down
採掘難易度 ▲up
平均ブロックサイズ ▲up
平均ブロックトランザクション数 ▼down
マイニング手数料 ▲up

blockchain.infoのデータによると、2021年4月18日時点で、ブロックチェーンウォレットの総ユーザー数は7,162,566人に達し、前週から0.55%増加しています。

今週のGithubコードアクティビティのTOPプロジェクトは「SYS」。
2021年4月12日〜2021年4月18日、最もアクティブなGithubコードはSyscoinで、今週のコミット数は43回でした。

今週の、ブロックチェーン業界の投融資プロジェクトは2件。
Gitcoinは「Paradigm」から1,130万ドルの戦略的投資を受け、ConsenSysは「JPMorgan、MasterCard、UBSなど」から6,500万ドルの戦略的投資を受けました。

1.今週のブロックチェーン関連ニュース

1.1中国のHot Topics

深圳、デジタル人民元の試験対象者をさらに50万人拡大

深圳では、デジタル人民元の試験運用を開始し、試験対象者をさらに50万人拡大しました。今回の試験は、「デジタル人民元を使って消費特典を享受する」ことを主眼としており、特典の総額は1,000万人民元となります。今後、深圳市羅湖区は、積極的に多くのデジタル人民元研究・応用機関を導入・育成し、デジタル人民元運用センターの設立に努め、デジタル人民元シナリオの応用を加速させ、政府、医療、教育、交通、消費などの全領域を開拓し、デジタル人民元の決済・受領システムの全面的な普及を加速させていきます。深圳では3万以上の加盟店がデジタル人民元システムへの移行を完了したと言われています。

【業界専門レポート】ビットコイン高騰の “立役者”、金融の “新参者”

ビットコインは最近、金融市場の「新参者」として誕生してからわずか12年で、ジョンソン・エンド・ジョンソン、VISA、ウォルマートなどのグローバル企業を凌駕しています。また、ウォール街の投資機関がポートフォリオに組み入れるなど、主流の資産クラスとなりつつあります。ビットコインの現在の現象は永続的なものなのか、それとも一瞬の出来事なのか。 ビットコインの高騰の要因は何か。 このレポートでは、ビットコインの設計メカニズム、ビットコインとマクロ経済、ビットコインの市場動向について見ていきます。

全文はこちら:https://mp.weixin.qq.com/s/oxdeKcHADfTcpp_D96j1Yw

【産業調査レポート】海南ブロックチェーン産業発展白書2021年版

近年、世界ではブロックチェーン技術を巡って激しい競争が繰り広げられており、各国はこの技術的な高みを占めるためにブロックチェーン産業を広く展開しています。ブロックチェーン技術は、そのユニークな技術的優位性により、世界経済の運営方法や様式を深く変えており、デジタル経済の将来的な発展における中核的なインフラの一つとなっています。 このような状況の中、「海南ブロックチェーン産業発展白書2021」は、海南におけるブロックチェーン産業の発展を整理することで、海南におけるブロックチェーン産業の健全かつ急速な発展を促進することを目的としています。国際的な観点から見ると、アメリカ、イギリス、シンガポールなど多くの国で、既に産業用ブロックチェーンの分野で方針を打ち出し、アプリケーションを着地させています。国内(中国)のブロックチェーン開発の観点から見ると、省レベルでブロックチェーン産業発展競争を開始した2019年以降、20以上の省がブロックチェーン産業の発展の突破口を得るために、作業報告や特別計画の中で、ブロックチェーン分野を加えています。

全文はこちら:https://mp.weixin.qq.com/s/4ib-wxRemp6wFFgw5PHnPg

【Huobi研究院】「世界のブロックチェーン業界の展望と動向2020-2021」~2021年の展望トップ10

9つ目の大きな展望:クロスチェーンの資産規模が2倍になり、クロスチェーンの使い勝手が飛躍的に向上するでしょう。
2020年、最も重要なトレンドの1つは、ビットコインのイーサリアムネットワークへの参入です。一方で、Polkadot、COSMOSなどのいくつかの「スター」ブロックチェーンプロジェクトが技術的なソリューションを発表し、現在、これらのアプリケーションはすでに、さまざまなアセットブリッジを通じて、これらの強力なブロックチェーンエコシステムからアセット、ユーザー、トラフィックを獲得しようとしています。同時に、イーサリアムを利用しているユーザーは、他のアプリケーションとのクロスチェーンを気にすることなく、使い勝手がさらに向上します。将来的には、ユーザーがブラウザを数回クリックするだけでクロスチェーンを使えるようになるかもしれません。現在の業界におけるクロスチェーンの機動性は大幅に向上するでしょう。これらを総合すると、2021年にはクロスチェーンもアプリケーション競争の重要なポイントとなり、クロスチェーン全体の資産規模が少なくとも2倍になると考えられます。

全文はこちら:https://mp.weixin.qq.com/s/HXgaWJB1yOy76n0HQUTmpA

1.2 業界での応用

ドバイ経済部門、ブロックチェーンベースのKYCプラットフォームを企業向けに展開

ドバイ政府経済開発局(DED)とドバイ国際金融センター(DIFC)は、アラブ首長国連邦(UAE)の金融機関に顧客情報管理プラットフォームを拡大することに取り組んでいます。
広報によると、両組織は、KYCプラットフォームをUAE全域に拡大するために必要な態勢を整える合意書に署名しました。
DIFCは、ブロックチェーンベースのKYCプラットフォームは現在、UAEにおける電子KYC記録の半分近くを保持していると述べており、ブロックチェーンKYCシステムの導入を加速させる必要性について、このプラットフォームを利用することで、検証済みのKYCデータをライセンス当局間でより効率的に共有できるようになるとコメントしています。
2020年のサービス開始以来、このプラットフォームは、投資家の銀行口座開設手続きを簡素化するだけでなく、銀行が検証済みのKYCデータをデジタルで受け取ることを可能にするという点で、ますます重要になっています。この取り組みは、ビジネスの誘致や、ドバイおよびUAEの世界的なビジネスのしやすさランキングにもプラスの影響を与えています。

ロッキード・マーティン社、スイスのサプライチェーンマネジメントにブロックチェーンを採用

米国の航空宇宙・防衛関連企業であるロッキード・マーティン社は、シリコンバレーの分散型製造プラットフォームであるSyncFabと契約を結び、スイス全土のサプライヤー機能を合理化する契約を締結し、ブロックチェーンテクノロジーの新たな具体的なユースケースを提供しています。
新たな契約に基づき、SyncFabはロッキード・マーティン社、同社のブロックチェーン上に構築された部品調達・サプライチェーンプラットフォームへの直接アクセスを提供します。この安全なサプライヤインテリジェンスプラットフォームは、相手先ブランド製品の製造(OEM)をSwissmem(スイスの機械および電気工学産業協会)の会員に接続し、OEMがスイス全土のサプライヤとマッチングできるようにします。このプラットフォームは、基本的にOEMと対象分野の専門家の「仲人」として機能し、専門家が大企業との長期的なロジスティクスの機会を競うことを可能にします。

Linux Foundation、保険向けのブロックチェーンベースのプラットフォーム立ち上げを発表

Linux オペレーティングシステムをサポートする非営利の技術コンソーシアムであるLinux Foundationは、保険業界向けの新しいブロックチェーンベースのプロジェクトをサポートしています。
財団は、分散型台帳技術を用いて、保険報告書作成コストを削減し、標準化された保険データリポジトリの構築を目的としたプロジェクト、「Open Insurance Data Link(OpenIDL)」プラットフォームの立ち上げを発表しました。OpenIDLは、Linux Foundationと米国保険サービス協会(AAIS)が共同で開発したものです。このオープンソースプロジェクトには、The Hanover Insurance GroupやSelective Insurance Groupなどの世界的な大手保険会社や、MOBI、Chainyard、KatRiskなどの技術・サービスプロバイダーが参加し、保険業界のデータやビジネスプロセスを共有するための共通のDLTプラットフォームを構築しています。
損害保険業界の規制報告は、OpenIDLネットワークの重要なユースケースの一つです。このプラットフォームは、不変性や透明性といったブロックチェーンの本質的な特徴を活かし、規制当局や他の保険業界の参加者に対して、報告されたデータの正確性や完全性を保証し、信頼性を確保するように設計されています。

1.3国際政策

欧州中央銀行(ECB)、デジタルユーロに関する協議結果を発表

欧州中央銀行(ECB)は、デジタルユーロの導入を正式に検討するかどうかの決定に近づきつつある中、デジタルユーロの導入に関するパブリック協議の結果を発表しました。
その結果、デジタルユーロに最も求められる機能は「プライバシー」であるとの回答が最も多く、協議に参加した市民および専門家の43%を占めました。
ECBは報告書の中で、「協議に参加した市民と専門家の双方、特にマーチャントなどの企業が、デジタルユーロの最も重要な機能としてプライバシーを挙げている。」と述べています。続いて、セキュリティ(18%)、ユーロ圏全体での支払い能力(11%)、追加コストが発生しないこと(9%)、デジタルユーロのオフラインでの使い勝手の良さ(8%)という回答結果となっています。
「回答に参加した多くの市民は、たとえそれがオフラインでの取引に限定され、追加の革新的なサービスを受けたり、オフラインとオンラインの両方の機能を組み合わせたりする選択肢を制限するものであっても、プライバシーを選択している」とECBは指摘しています。

タイ大手銀行、分散型金融(DeFi)の実験を開始

タイの大手銀行であるKasikornbank(KBank)は、事業拡大計画の一環として、DeFiサービスの実験を開始しました。KBankの技術部門(KBTG)のRuangroj Poonpol会長は、「DeFiの下で革新的な金融サービスを提供することは、金融包摂を促進させる鍵となる可能性があり、タイで金融サービスへのアクセスが改善されるだろう。」と述べ、「資産担保型のDeFiは、タイに経済的価値をもたらす可能性もある」と付け加えました。
資産担保型のDeFiは、現実世界の資産と連動するため、規制面でのハードルがあります。 実際、MakerDAOのRune Christensen氏をはじめとする業界関係者は、分散型金融が主流に移行していくためには、DeFi関係者と規制当局との連携が必要だと訴えています。

韓国大手銀行、ヘデラ・ハッシュグラフの運営審議会に参加

新韓銀行はヘデラ・ハッシュグラフ(Hedera Hashgraph、以下ヘデラ)のインフラを利用して、社内の多くのプロセスの効率化を図る予定です。
総資産で韓国最大の金融機関である新韓銀行は、ヘデラネットワークを監督する「運営審議会」に加盟しました。新韓銀行は、「デジタルトランスフォーメーション」の分野での取り組みを拡大するために、ヘデラの運営審議会に加盟したと発表しました。
ヘデラは、同社のハッシュテーブルが、毎秒数千件のトランザクションを処理できるエンタープライズグレードのブロックチェーンプラットフォームとして宣伝しています。
新韓銀行の担当者は、金融サービスにおける効率性とセキュリティの強化に対する顧客の需要が高まっていることを強調し、「特に、ヘデラの公開型分散台帳は、広く利用されているフィンテックサービスのニーズを満たすのに最適なプラットフォームで、高速で公正かつ安全であり、事業者が必要とする管理機能と透明性の提供が可能だ」と述べています。

2.技術能力分析

2.1暗号資産の難易度調整と収益分析

今週のビットコインのハッシュレートは下落。
2021年4月12日〜4月18日、ビットコインのネットワーク全体のハッシュレートの平均は164.4EH/sで、前週から1.91%減少しました。

図2.1ビットコインのハッシュレート

データソース:blockchain.info

今週のビットコインの採掘難易度は前週より上昇。
2021年4月18日現在、ビットコインの採掘難易度は23.58Tと先週から1.95%上昇しています。

図2.1ビットコインの採掘難易度

データソース:blockchain.info

ビットコインネットワーク全体の週間ブロック生成数は945ブロックで前週比8.16%減、トップ5の順位は以下の通りです。

ブロック生成数 割合 ハッシュパワー
F2Pool 147 15.56 % 24.31 EH/s
AntPool 129 13.65 % 21.33 EH/s
Poolin 128 13.54 % 21.16 EH/s
Binance Pool 103 10.90 % 17.03 EH/s
BTC.com 98 10.37 % 16.20 EH/s

 

図2.5ビットコインマイニングプールのシェア率

データソース:BTC.com

 

2.2 アクティビティ統計

今週のビットコイン平均ブロックサイズは上昇し、1ブロックあたりの平均トランザクション数も増加。
blockchain.infoのデータによると、2021年4月12日〜2021年4月18日までの1週間におけるビットコインの1ブロックあたりの平均サイズは1.36MBで、前週から0.74%増加し、1ブロックあたりの平均トランザクション数は2,138回で、前週から12.23%増加しました。

図2.7ビットコインの平均ブロックサイズ-(7日平均)

図2.8ビットコインの1ブロックあたりの平均トランザクション数-(7日平均)


データソース:blockchain.info

今週のビットコインの未確認取引の平均件数は257.36%増加。
2021年4月18日時点では、ビットコインの7日間の平均未確認取引件数は107,470件で、前週から257.36%増加しています。

図2.11ビットコイン未確認取引数
データソース:blockchain.info

今週のビットコインのマイニング手数料とイーサリアムのマイニング手数料は共に上昇。
2021年4月18日時点では、ビットコインの1日あたりの平均マイニング手数料は51.56USDで、前週から186.09%増、イーサリアムの1日あたりのマイニング手数料は19.484USDで、前週から49.91%増となっています。

図2.13ビットコイン、イーサリアムのマイニング手数料

データソース:bitinfocharts

ビットコイン検証ノード数は、前週より3.58%増。
2021年4月18日時点では、ビットコインの検証ノード数は9,948に達し、前週より3.58%増加しています。内訳は、米国が1,881ノード(18.91%)、ドイツが1,792ノード(18.01%)、中国が198ノード(1.99%)と9位となっています。

図2.15ビットコイン検証ノード数、国別ランキング


データソース:bitnodes

今週のビットコインユーザーは前週より増加。
blockchain.infoのデータによると、2021年4月18日時点では、ブロックチェーンウォレットの総ユーザー数は7,162,566人に達し、先週から0.55%増加しています。


データソース:blockchain.info

今週のGithubコードアクティビティのTOPプロジェクトは「SYS」。
2021年4月12日~2021年4月18日に、 最もアクティブなGithub コードはSyscoinで、今週のコミット数は43回でした。

図2.19Githubアクティビティ

データソース:CryptoMiso

3.プライマリー市場の投融資動向

今週のブロックチェーン業界における投融資プロジェクトは2件。
Gitcoinは「Paradigm」から1,130万ドルの戦略的資金提供を受け、ConsenSysは「JPMorgan、MasterCard、UBSなど」から6,500万ドルの戦略的資金提供を受けています。

表4.1今週の投融資プロジェクト

プロジェクト名 ラウンド 融資金額 投資機関 企業の概要
Gitcoin 戦略投資 1130万USD Paradigmがリード オープンソースのクラウドファンディング・プラットフォーム
ConsenSys 戦略投資 6500万USD JPMorgan、MasterCard、UBS ソフトウェアアプリケーションとツールの構築プラットフォーム

データソース:IT桔子、coindesk

Huobiブロックチェーン応用研究院

私達について

2016年4月に設立された「Huobiブロックチェーン応用研究院」(以下、「Huobi研究院」)は、2018年3月より、ブロックチェーンにおける技術研究、業界分析、アプリケーションのイノベーションモデル調査を中心に、ブロックチェーンの各分野における研究・調査を総合的に展開しています。私たちは、ブロックチェーンの研究プラットフォームを構築し、ブロックチェーン産業のプレーヤーに確かな理論的基礎とトレンド分析を提供し、ブロックチェーン業界全体の発展を促進したいと考えています。「Huobiブロックチェーン業界週間レポート」は、Huobi研究院が立ち上げたブロックチェーン業界に関する週間レポートです。報告書では主に、市場全体のレビュー、大まかなカテゴリーのプロジェクトのパフォーマンス、暗号資産の生成やコードの更新状況などの技術力の分析、ブロックチェーン業界のハイライトやプライマリーマーケットのプロジェクトの進捗状況を詳細にレビューしており、投資家がタイムリーかつ迅速に市場全体の動向や開発動向を把握し、多様な分析で最新の業界進捗状況を理解するのに役立ちます。

連絡先

免責事項

  1. Huobiブロックチェーン研究院は、本レポートに関わる暗号資産やその他の第三者と、レポートの客観性、独立性、公平性に影響を与えるような提携関係にはありません。
  2. 本レポートに引用されている情報やデータは、準拠した情報源からのものであり、その情報源はHuobiブロックチェーン研究院が信頼できると判断したものであり、その信憑性、正確性、完全性について必要な検証を行っていますが、Huobiブロックチェーン研究院は、その信憑性、正確性、完全性についていかなる保証も行いません。
  3. 本レポートの内容は参考情報であり、本報告書に記載されている事実や意見は、当該暗号資産に関する投資助言を行うものではありません。Huobiブロックチェーン研究院は、法令で明示的に定められている場合を除き、当該情報に基づいて被ったいかなる損害について、当社および情報提供者は一切責任を負わないものとします。読者の皆様におかれましては、本レポートのみに依拠して投資判断を下すことはお控えいただき、投資に関するご決定は皆さまご自身の判断において行われるようお願いいたします。
  4. 本レポートに記載されている情報、意見、推測は、本レポートを確定する時点での研究者の判断を反映したものであり、将来、業界の変化やデータ・情報の更新により、意見や判断が更新される可能性があることをご了承ください。
  5. 本レポートの著作権はHuobiブロックチェーン研究院のみが所有しており、本レポートの内容を引用する必要がある場合は、出典を明記してください。大幅な引用が必要な場合は事前にご連絡いただき、許可の範囲内でご使用ください。いかなる場合においても、本レポートを本来の意図に反して引用、簡略化、修正することはできません。
暗号資産ご利用の際の注意
暗号資産は、円やドルなどのように国がその価値を保証している「法定通貨」ではありません。インターネット上でやりとりされる電子データです。 暗号資産は、対価の弁済を受ける者の同意がある場合に限り代価の弁済のため に使⽤することができます。 暗号資産は、価格が変動することがあります。暗号資産の価格が急落したり、突然無価値になってしまったりと、損失を被る可能性があります。 暗号資産交換業者は金融庁・財務局への登録が必要です。当社は登録済みの暗号資産交換業者です。 暗号資産の取引を行う場合、事業者から説明を受け、取引内容をよく理解し、ご自身の判断で行ってください。 リスク警告: https://www.huobi.co.jp/about/risk/