Huobi レポート

Huobiブロックチェーン業界週報(第162号)

2021年4月19日-2021年4月25日

概要

中国のHot Topics

・景徳鎮の税関、「ブロックチェーン+トレーサビリティの証明」を美術展の税関監督業務に適用。

・Huobi大学の于佳宁氏は、東北師範大学経済経営学部の修士課程の学生のための非常勤講師に任命されました。中国通信工業協会のブロックチェーン特別委員会の輪番委員長であり、Huobi大学の学長でもある于佳宁氏が、東北師範大学経済経営学部の専門学位修士学生の非常勤講師に任命されました。

・Huobi Technology社の袁煜明氏は、Boao Forum for Asiaに出席し、業界のデジタルトランスフォーメーション化を呼びかけました。袁煜明氏はスピーチの中で、あらゆるものがデジタル化される可能性があり、将来的には物理的な世界のあらゆるものが1対1でデジタルの世界にマッピングされるようになると述べました。

・【Huobi研究院】「世界のブロックチェーン業界の展望と動向2020-2021」2021年の展望トップ10を発表。10個目の大きな展望:L2(Layer2)がオンチェーン・アプリケーションの標準となり、アプリケーションの混雑を即座に解消するでしょう。

 

業界での応用

・オンラインデジタル音楽販売のBeatportでは、楽曲の購入にビットコインを使用することができます。Beatportは、今年の7月から支払い方法としてビットコインの使用を開始し、NFTシリーズも開始します。

・Eftposがオーストラリアのスマートシティをブロックチェーン技術で動かす計画を明らかにしました。

・UAEがブロックチェーン技術を採用し、遠隔地での訴訟サービスを提供。UAE政府が法的な公証サービスにブロックチェーン技術を利用しているのは、完全なデジタル化を目指していることが背景にあります。

 

国際政策

・暗号資産の規制を明確にする「Digital Asset Innovation Act」を下院が可決。米国の金融規制当局は今後、米国における明確な規制のモデルを共同で策定することになります。

・英国政府は、「中央銀行デジタル通貨タスクフォース」を設立。 タスクフォースは、英国のCBDCの設計、実装、運用に関する初歩的な問題を検討します。

・韓国は、組織横断的に違法な取引を取り締まることを計画しています。

 

▼今週のビットコイン各種数値(前週比)

ハッシュレート ▼down
採掘難易度 ±0
平均ブロックサイズ ▼down
平均ブロックトランザクション数 ▼down
マイニング手数料 ▼down

blockchain.infoのデータによると、2021年4月25日時点で、ブロックチェーンウォレットの総ユーザー数は71,969,289人に達し、前週から0.48%増加しています。

今週のGithubコードアクティビティのTOPプロジェクトは「LINK」。
2021年4月19日〜2021年4月25日、最もアクティブなGithubコードはChainlinkで、今週のコミット数は29回でした。

今週の、ブロックチェーン業界の投融資プロジェクトは2件。
Aeloは「a16z」が主導するシリーズAラウンドで2800万ドルを調達し、NFTBank.aiは「Hashed Lead」が主導するシードラウンドで140万ドル調達しました。

1.今週のブロックチェーン関連ニュース

1.1中国のHot Topics

景徳鎮の税関、「ブロックチェーン+トレーサビリティの証明」を美術展の税関監督業務に適用

景徳鎮のTaoxichuan Art Museumにて、「Pop Images – Andy Warhol’s 1961-1987」展が開催されました。景徳鎮の税関は、「ブロックチェーン+トレーサビリティの証明」を美術展の税関監督業務に初めて適用しました。
美術品の固有の特徴である「指紋情報」を収集し、ブロックチェーンによる保存、共有、トレーサビリティの検証をリアルタイムにアップロードすることで、国内流通過程における美術品の唯一性を確保します。また美術品を検査する際に真贋の識別が困難であるという問題を解決し、美術品の入出庫の全過程を「スマート」に監視することを実現しました。

Huobi大学の于佳宁氏、東北師範大学経済経営学部の修士課程の学生のための非常勤講師に

中国通信工業協会のブロックチェーン特別委員会の輪番委員長であり、Huobi大学の学長でもある于佳宁氏が、東北師範大学経済経営学部の修士課程の学生の非常勤講師に任命され、プロフェッショナル・マスター・レクチャー・シリーズで東北師範大学経済経営学部の修士課程の学生に「ブロックチェーンとデジタル金融:次世代金融のための技術設備」と題した講義を行うことになりました。于佳宁氏は、「ブロックチェーンが国家戦略として台頭し、コア技術の自主的な革新のための重要な突破口となる」という政策の方向性を深く説明し、ブロックチェーン業界のホットな話題とともに、今後10年間のブロックチェーンとデジタル金融の重要なトレンドを一つずつ分析し、学生たちに深い内容の素晴らしい講義をしてくれました。于佳宁氏は講演の中で、ブロックチェーンの本質的な価値と、実体経済を強化するという価値のロジックについても詳しく紹介しました。最先端技術の統合が本格化する中、ブロックチェーンの分散性、改ざん耐性、オープンな信頼性とトレーサビリティという技術的特性は、インフラの構築と運用のパラダイムを変え、世界の金融システムの再構築、データ共有と産業ブロックチェーンの加速的な発展を促進します。

Huobi Technology社の袁煜明氏は、Boao Forum for Asiaに出席し、業界のデジタルトランスフォーメーションを呼びかけました

先日、海南省のボアオで「Boao Forum for Asia 2021 Annual Conference」の開会式が行われました。ブロックチェーン業界のエコロジー開発・構築に注力している企業として、海南Huobi Technology有限会社のCEOである袁煜明氏は、「ブロックチェーン業界のエコロジー開発・構築に注力している」と述べました。袁煜明氏はスピーチの中で、高度にグローバル化した産業チェーンは、新型コロナの影響を大きく受けており、国際的な交流と協力の緊急性がさらに高まっていると述べました。ブロックチェーン技術は、多者間コラボレーションのための信頼の閾値を効果的に下げ、共同開発のための産業チェーンとエコシステムを構築し、「一帯一路」建設のための相互接続と相互運用の役割を果たすことができます。袁煜明氏は、国際貿易の自由化・円滑化は大きな流れになっていると述べています。ブロックチェーン技術は、分散性、トレーサビリティ、改ざん耐性の機能を備えており、国境を越えた貿易情報の迅速、効率的、かつ信頼性の高い方法で同期と共有を促進し、多者間コラボレーションの信頼閾値を下げ、自由化と円滑化を保証し、「一帯一路」建設のための相互接続の役割を果たすことができます。袁煜明氏はスピーチの中で、あらゆるものがデジタル化され、将来的には物理的な世界のあらゆるものが1対1でデジタルの世界に反映されるようになると述べました。

【Huobi研究院】「世界のブロックチェーン業界の展望と動向2020-2021」~2021年の展望トップ10

10個目の展望:L2(Layer2)がオンチェーンアプリケーションの標準となることで、アプリケーションの混雑問題が一気に解決するでしょう。
2020年の大多数のイーサリアムブロックチェーンアプリケーションにとって最も明白な教訓の一つは、新規ユーザーの流入を阻害する高額な手数料であると思われます。流動性の高さや参加へのインセンティブ、特定のシナリオが不可欠であることなどから、ユーザーは当面、高いコストを払ってでもこれらのアプリケーションを利用したいと考えていますが、これは結局、多くのアプリケーションにぶら下がっている「ダモクレスの剣」です。この状況を改善するために、Ethereum Foundationや様々なアプリケーション開発者は、Layer2ソリューションに注目しています。ETH2.0の開発は2~3年先になるかもしれませんが、Layer2は今からでも導入可能です。ZK-Rollupやサイドチェーンをベースにしたいくつかのアプリケーションがすでにメインネットに登場しており、OP-Rollupもすでにメインネットでのリリースに向けて第一歩を踏み出しています。これらのLayer2スケーリング技術に基づき、これらのアプリケーションは、高いガスコストの問題を解決することが期待されています。

全文はこちら:https://mp.weixin.qq.com/s/HXgaWJB1yOy76n0HQUTmpA

1.2 業界での応用

デジタル音楽配信サービスのBeatport、ビットコインでの楽曲購入が可能

Beatportは、NFTシリーズの発売に合わせて、今年7月からビットコインでの支払いを開始します。DJやミュージシャンのためのデジタル音楽ポータルであるBeatportは、今週、ウェブサイトでの支払い方法として、ビットコイン(BTC)の取り扱いを開始することを発表しました。Beatportは、DJが使用するための音楽トラックをホストして販売し、収益の一部をオリジナルのアーティストに還元しています。”アーティスト・コミュニティに利益をもたらし、向上させるためには、革新を止める理由はありません。Beatport社のCEOであるMcDaniels氏は、「パンデミックの中にあっても、DJ/プロデューサーのコミュニティは、新しいテクノロジーや革新的なメディアを採用してファンとの交流を図ることで、業界をリードしようとしていることは明らかです。audio-visual NFTは、多くの著名なミュージシャンやアーティストと協力していくことが報告されています。収益の一部は慈善団体に寄付されます。McDanielsは、同社が今後のブロックチェーン技術の発展の恩恵を受けることを約束すると述べています。

Eftpos、オーストラリアのスマートシティにブロックチェーン技術を導入する計画を発表

オーストラリアのPOSテクノロジーのリーディングカンパニーであるEftpos Australiaは、Hedera社のHashgraphを使って構築されたブロックチェーンを搭載した自動運転車やスマートシティをオーストラリアで展開するという野心的な計画を発表しました。Eftpos社の最高投資責任者であるBen Tabell氏は、Hedera社とのDLTへの取り組みの重要性を指摘し、オーストラリアでのデジタルIDと決済ソリューションの融合を目指す同社の取り組みを紹介しました。同氏は、「これは現在、オーストラリアのデジタルエコシステムにおける決済やその他の取引を安全にサポートできるよう、デジタルIDや取引を導入するための我々の作業や取り組みの重要な一部となっています。」と述べています。

UAE、ブロックチェーン技術を採用し遠隔地での訴訟サービスを提供

UAE政府が法的な公証サービスにブロックチェーン技術を使用しているのは、完全なデジタル化を目指しているからです。エミレーツ通信社の報道によると、UAE政府は月曜日、司法の公証や認証サービスにブロックチェーン技術を使用することを発表しました。ブロックチェーン技術の採用は、UAE政府が契約や文書の認証・検証に費やす時間、労力、費用を削減すると同時に、年内に取引の半分をブロックチェーンに移行するという政府の計画を後押しするものと期待されています。UAEがブロックチェーン技術を導入するのは、「Unified Digital Platform」と名付けられた、すべての内部業務のためのリモートデジタルフレームワークを構築する計画の一環です。UAEで進行中のデジタルトランスフォーメーションでは、「UAE Pass」と呼ばれるデジタルIDが作成され、ユーザーは遠隔地から法的手続きを行うことができるようになると言われています。

1.3国際政策

下院、暗号資産の規制を明確にするDigital Asset Innovation Actを可決

今後、米国の金融規制当局が協力して、米国における明確な暗号資産市場の規制モデルを策定します。米国下院は火曜日、Patrick McHenry議員(R-NC)が提出したHR1602(Eliminate Barriers to Innovation Act of 2021)を可決しました。
下院は火曜日、超党派の金融サービス関連法案6件を可決しました。その中には、McHenry氏(カリフォルニア州選出)が発起人となっている、暗号資産の規制の透明性に焦点を当てた法案「HR1602」も含まれています。3月に提出されたこの法案は、米国における暗号資産の規制において、証券取引委員会や商品先物取引委員会などの機関の役割を明確にすることを目的としています。McHenry氏は、法案が可決された際に議場で次のように述べています。「(この法案は)証券取引委員会と商品先物取引委員会に、暗号資産に焦点を当てたワーキンググループの設立を要求しています。これは、わが国の規制当局と市場参加者の間で対話を開始し、明確化に向けて進むための第一歩です。」と述べています。

英国政府、中央銀行のデジタル通貨タスクフォースを設置

英国財務省とイングランド銀行は、中央銀行のデジタル通貨に関する初歩的な研究を開始しました。これにより、国家的なデジタル通貨の創設につながる可能性があります。英国財務省は(HM Treasury)が発表した文書の中で、イングランド銀行と共同でCBDCタスクフォースを設立することを発表しました。タスクフォースは、その任務の一環として、英国のCBDCの設計、導入、運用に関する初歩的な問題を調査します。また、ワーキンググループは、アカデミア、フィンテック、その他の関連業界のステークホルダーと協力して、主権のあるデジタル通貨を作るために必要な技術的な障壁を明らかにします。また、英国財務省とイングランド銀行の共同ワーキンググループは、国際的な舞台でのCBDC関連の動きを監視し、特に他の国々が中央銀行のデジタル通貨プロジェクトを積極的に検討していることに注目しています。

韓国は違法な暗号資産取引の組織横断的な取り締まりを計画している

韓国の金融規制当局のトップは、先週、暗号資産専門の調査チームを全国に設置しました。韓国の複数の金融機関が、ビットコイン(BTC)などの暗号資産に関わる違法行為を取り締まるために力を合わせることを計画しています。政府の政策調整局のKoo Yun-cheol局長は、今回の組織間の取り締まりは、現在進行中の暗号資産ブームの中で、投機的な投資や潜在的な違法行為に対する懸念が高まっていることに対応したものだと述べています。6月まで続く取り締まりの一環として、金融サービス委員会は地元の金融機関に対し、暗号資産の引き出しの監視を強化するよう要請します。疑わしい活動は、金融犯罪の調査を担当する国家金融情報機関に報告してください。報告書では、財務省や金融監督庁などの他の規制機関も、国境を越えた暗号資産取引に注力する予定であると報告しています。

2.技術能力分析

2.1暗号資産の難易度調整と収益分析

今週のビットコインのハッシュレートは下落。
2021年4月19日〜4月25日、ビットコインのネットワーク全体のハッシュレートの平均は137.2EH/sと、前週から16.55%下落しました。

図2.1ビットコインのハッシュレート

データソース:blockchain.info

今週のビットコインの採掘難易度は前週と変わらず。
2021年4月25日現在、ビットコインの採掘難易度は23.58Tと前週と変わらずでした。

図2.1ビットコインの採掘難易度

データソース:blockchain.info

ビットコインネットワーク全体の週間ブロック生成数は856ブロックで前週比9.42%減、トップ5の順位は以下の通りです。

ブロック生成数 割合 ハッシュパワー
F2Pool 162 18.93 % 27.15 EH/s
Poolin 116 13.55 % 19.44 EH/s
AntPool 109 12.73 % 18.27 EH/s
ViaBTC 107 12.50 % 17.93 EH/s
Binance Pool 88 10.28 % 14.75 EH/s

 

図2.5ビットコインマイニングプールのシェア率

データソース:BTC.com

 

2.2 アクティビティ統計

今週のビットコイン平均ブロックサイズは減少し、1ブロックあたりの平均トランザクション数も減少。
blockchain.infoのデータによると、2021年4月19日〜2021年4月25日までの1週間におけるビットコインの1ブロックあたりの平均サイズは1.33MBで、前週から2.21%減少し、1ブロックあたりの平均トランザクション数は2,005回で、前週から6.22%減少しました。

図2.7ビットコインの平均ブロックサイズ-(7日平均)

図2.8ビットコインの1ブロックあたりの平均トランザクション数-(7日平均)


データソース:blockchain.info

今週のビットコインの未確認取引の平均件数は50.80%減少。
2021年4月25日時点では、ビットコインの7日間の平均未確認取引件数は52,875件で、前週から50.80%増加しています。

図2.11ビットコイン未確認取引数

データソース:blockchain.info

今週のビットコインのマイニング手数料とイーサリアムのマイニング手数料は共に減少。
2021年4月25日時点では、ビットコインの1日あたりの平均マイニング手数料は29.025USDで、前週から43.71%減、イーサリアムの1日あたりのマイニング手数料は10.337USDで、前週から46.95%減となっています。

図2.13ビットコイン、イーサリアムのマイニング手数料

データソース:bitinfocharts

ビットコイン検証ノード数は、前週より1.80%減。
2021年4月25日時点では、ビットコインの検証ノード数は9,769に達し、前週より1.80%減少しています。内訳は、米国が1,894ノード(19.39%)、ドイツが1,773ノード(18.15%)、中国が199ノード(2.04%)と9位となっています。

図2.15ビットコイン検証ノード数、国別ランキング


データソース:bitnodes

今週のビットコインユーザーは前週より増加。
blockchain.infoのデータによると、2021年4月25日時点では、ブロックチェーンウォレットの総ユーザー数は71,969,289人に達し、先週から0.48%増加しています。


データソース:blockchain.info

今週のGithubコードアクティビティのTOPプロジェクトは「LINK」。
2021年4月19日~2021年4月25日に、 最もアクティブなGithub コードはLINKで、今週のコミット数は29回でした。

図2.19Githubアクティビティ

データソース:CryptoMiso

3.プライマリー市場の投融資動向

今週のブロックチェーン業界における投融資プロジェクトは2件。
Aeloは「a16z」が主導するシリーズAラウンドで2800万ドルを調達し、NFTBank.aiは「Hashed Lead」が主導するシードラウンドで140万ドル調達しました。

表4.1今週の投融資プロジェクト

プロジェクト名 ラウンド 融資金額 投資機関 企業の概要
Aelo シリーズA 2800万USD a16zが主導 データのプライバシー化プラットフォームの開発
NFTBank.ai シード 140万USD Hashedが主導 NFTポートフォリオマネジメントプラットフォーム

データソース:IT桔子、coindesk

Huobiブロックチェーン応用研究院

私達について

2016年4月に設立された「Huobiブロックチェーン応用研究院」(以下、「Huobi研究院」)は、2018年3月より、ブロックチェーンにおける技術研究、業界分析、アプリケーションのイノベーションモデル調査を中心に、ブロックチェーンの各分野における研究・調査を総合的に展開しています。私たちは、ブロックチェーンの研究プラットフォームを構築し、ブロックチェーン産業のプレーヤーに確かな理論的基礎とトレンド分析を提供し、ブロックチェーン業界全体の発展を促進したいと考えています。「Huobiブロックチェーン業界週間レポート」は、Huobi研究院が立ち上げたブロックチェーン業界に関する週間レポートです。報告書では主に、市場全体のレビュー、大まかなカテゴリーのプロジェクトのパフォーマンス、暗号資産の生成やコードの更新状況などの技術力の分析、ブロックチェーン業界のハイライトやプライマリーマーケットのプロジェクトの進捗状況を詳細にレビューしており、投資家がタイムリーかつ迅速に市場全体の動向や開発動向を把握し、多様な分析で最新の業界進捗状況を理解するのに役立ちます。

連絡先

免責事項

  1. Huobiブロックチェーン研究院は、本レポートに関わる暗号資産やその他の第三者と、レポートの客観性、独立性、公平性に影響を与えるような提携関係にはありません。
  2. 本レポートに引用されている情報やデータは、準拠した情報源からのものであり、その情報源はHuobiブロックチェーン研究院が信頼できると判断したものであり、その信憑性、正確性、完全性について必要な検証を行っていますが、Huobiブロックチェーン研究院は、その信憑性、正確性、完全性についていかなる保証も行いません。
  3. 本レポートの内容は参考情報であり、本報告書に記載されている事実や意見は、当該暗号資産に関する投資助言を行うものではありません。Huobiブロックチェーン研究院は、法令で明示的に定められている場合を除き、当該情報に基づいて被ったいかなる損害について、当社および情報提供者は一切責任を負わないものとします。読者の皆様におかれましては、本レポートのみに依拠して投資判断を下すことはお控えいただき、投資に関するご決定は皆さまご自身の判断において行われるようお願いいたします。
  4. 本レポートに記載されている情報、意見、推測は、本レポートを確定する時点での研究者の判断を反映したものであり、将来、業界の変化やデータ・情報の更新により、意見や判断が更新される可能性があることをご了承ください。
  5. 本レポートの著作権はHuobiブロックチェーン研究院のみが所有しており、本レポートの内容を引用する必要がある場合は、出典を明記してください。大幅な引用が必要な場合は事前にご連絡いただき、許可の範囲内でご使用ください。いかなる場合においても、本レポートを本来の意図に反して引用、簡略化、修正することはできません。
暗号資産ご利用の際の注意
暗号資産は、円やドルなどのように国がその価値を保証している「法定通貨」ではありません。インターネット上でやりとりされる電子データです。 暗号資産は、対価の弁済を受ける者の同意がある場合に限り代価の弁済のため に使⽤することができます。 暗号資産は、価格が変動することがあります。暗号資産の価格が急落したり、突然無価値になってしまったりと、損失を被る可能性があります。 暗号資産交換業者は金融庁・財務局への登録が必要です。当社は登録済みの暗号資産交換業者です。 暗号資産の取引を行う場合、事業者から説明を受け、取引内容をよく理解し、ご自身の判断で行ってください。 リスク警告: https://www.huobi.co.jp/about/risk/