Huobi レポート

Huobiブロックチェーン業界週報(第163号)

2021年4月26日-2021年5月2日

概要

中国のHot Topics

・中国の中央銀行(中国人民銀行)、国境を超えたギャンブル活動「キャピタル・チェーン」対策に関する会議を開催。

・ボアオ・アジアフォーラム2021年年次総会シリーズレポート(25)。安全でコントロールできるサプライチェーンの構築。新型コロナのパンデミックや米中貿易摩擦を背景に、多くの国や多国籍企業が産業・サプライチェーンの再構築を議題としています。

・Huobi Technology社CEOの袁煜明氏:ブロックチェーンの最も重要な役割は多者間のコラボレーションであり、業界では標準化、規範化が急務。袁煜明氏は、人工知能やビッグデータに比べ、ブロックチェーンの最も重要な利点は、信頼コストを削減し、産業チェーンの効率を向上させることで相乗効果を得ることができることだと指摘しました。

・「ブロックチェーン+デジタル・アイデンティティ」を探求してデジタル・エコロジーを構築。Huobi Technologyは成都・重慶経済圏の発展を支援。

 

業界での応用

・JPモルガン・チェースとDBS銀行、ブロックチェーンによるクロスボーダー決済プラットフォームを発足。米国の大手投資銀行であるJPモルガン・チェースが、シンガポール最大の銀行であるDBSと国有投資会社であるTemasekと提携しました。

・ロシアの宇宙機関、知的財産の保護にブロックチェーンを活用。

・オーストラリアの予約大手、ブロックチェーンベースの旅行プロジェクトに投資。ブロックチェーンベースの旅行予約サイトが、大手オンライン旅行会社と提携し、消費者を中心としたホテルや航空券の予約サービスを世界に展開しています。

 

国際政策

・インドネシア規制当局、暗号資産取引への課税を検討。

・アイルランドの暗号資産関連企業、マネーロンダリング法の規制対象に。

・新しいASEAN・ブロックチェーン・コンソーシアム、国境を越えた協力を目指す。新たに設立されたASEAN・ブロックチェーン・コンソーシアムは、規制当局と協力してコンプライアンスを確保し、業界の知名度を高めることを目的としています。

 

▼今週のビットコイン各種数値(前週比)

ハッシュレート ▲up
採掘難易度 ▼down
平均ブロックサイズ ▲up
平均ブロックトランザクション数 ▼down
マイニング手数料 ▼down

blockchain.infoのデータによると、2021年5月2日時点で、ブロックチェーンウォレットの総ユーザー数は72,296,975人に達し、前週から0.46%増加しています。

今週のGithubコードアクティビティのTOPプロジェクトは「SYS」。
2021年4月26日〜2021年5月2日、最もアクティブなGithubコードはSyscoinで、今週のコミット数は83回でした。

今週の、ブロックチェーン業界の投融資プロジェクトは2件。
MugglePayは「Flori Leaders」が主導するシードラウンドで10万ドルを調達し、ZenGoは「InsightPartners」が主導するシリーズAラウンドでで2000万ドル調達しました。

1.今週のブロックチェーン関連ニュース

1.1中国のHot Topics

中国の中央銀行(中国人民銀行)、国境を超えたギャンブル活動「キャピタル・チェーン」対策に関する会議を開催

会議では、2020年以降のギャンブル活動「キャピタル・チェーン」への取締り状況を報告し、現状を研究・整理した上で、国境を越えたギャンブル活動の取締りに向けた金融当局の今後の対策を発表。党委員会委員で中国人民銀行副総裁の范一飞氏が出席し、意見を述べました。范一飞氏は、ビッグデータ、クラウドコンピューティング、機械学習などのフィンテックを活用し、顧客の本人確認や疑わしい取引のモニタリングと処置を強化するよう要請しました。ギャンブル資金洗浄用のプラットフォームや電子商取引業者のギャンブル関与などの重点的な問題や、暗号資産やブロックチェーン技術の利用による追跡回避など新たな手口について言及し、リスク管理の強化を要請しました。

ボアオ・アジアフォーラム2021年年次総会シリーズレポート(25):安全でコントロールできるサプライチェーンの構築

新型コロナのパンデミックや米中貿易摩擦を背景に、多くの国や多国籍企業が産業・サプライチェーンの再構築を議題としています。しかし、産業チェーンやサプライチェーンの最適な配置とは何でしょうか?サプライチェーンの安全性と統制をいかに確保するか?4月21日に開催されたボアオ・アジアフォーラム(BFA)2021年年次総会「Building a Secure and Controllable Industrial Chain Supply Chain」分科会では、BFA諮問委員会委員・Fengグループ名誉会長の冯国经氏、Schnormu(Beijing)Energy Technology Services Co.,Ltd.取締役会長のMatteo Tantri氏、 Hainan Huobi Technology Co.Ltd.のCEOである袁煜明氏、Phoenix TVの司会者である胡一虎氏が、より安全で効率的な産業チェーン・サプライチェーンを構築する方法、および産業チェーン・サプライチェーンの自主性向上、コントロール能力の向上について議論しました。袁煜明氏によると、テクノロジーは産業チェーン・サプライチェーンの効率向上に寄与でき、自由貿易港である海南省では、今後ますます国境を越えた貿易が盛んになり、テクノロジーが大きな役割を果たすようになるでしょう。ブロックチェーンは、情報の信憑性を保証し、異なる企業や国の間で情報を同期させることができるため、全体のプロセスを大幅に短縮し、効率を向上させることができます。

Huobi Technology社CEOの袁煜明氏:ブロックチェーンの最も重要な役割は多者間のコラボレーションであり、標準化が業界の急務

Huobi Technology社のCEOである袁煜明氏は、Boao Forum for Asiaの年次総会でTencent Finance社のインタビューを受け、ブロックチェーン技術の核心的優位性、トップレベルのデザイン、応用、人材育成について話しました。袁裕明氏は、人工知能やビッグデータと比較して、ブロックチェーンの最も重要な利点は、信頼のコストを削減し、産業チェーンの効率性を向上させることで複数の当事者間のWin-Winの協力を実現できることであると指摘しました。同氏は、業界標準を確立することで、ブロックチェーン開発の過程で最大の課題・問題でもある全員参加を促すことができると考えています。現在、ブロックチェーンがキーワードとして取り上げられることが多くなっていますが、ブロックチェーン技術の核となる利点について、袁煜明氏は「最も重要なポイントは、ブロックチェーンが多者間コラボレーションの問題を解決できたこと」と述べています。人工知能やビッグデータ、クラウドコンピューティングなど、一個人の問題解決を目的とした技術とは異なり、ブロックチェーンは多者間のコラボレーションの問題解決に役立つと彼は考えています。

「ブロックチェーン+デジタル・アイデンティティ」を探求してデジタル・エコロジーを構築。Huobi Technologyは成都・重慶経済圏の発展を支援

先日、重慶栄昌区人民政府が主催した成都・重慶経済圏ブロックチェーン技術応用・産業発展フォーラムが重慶で開催されました。 Huobi Technology社は主導して、「ブロックチェーン+デジタルアイデンティティ」をテーマにセミナーを開催しました。セミナーでは、「現在のブロックチェーンデジタルアイデンティティのプライバシーとプライバシー管理をどのように改善するか」、「ブロックチェーン技術とデータ保護技術の性能が低いという問題をどのように効果的に解決するか」など、ブロックチェーンデジタルアイデンティティのプライバシー技術、暗号化アルゴリズム、政策、規制などを中心に議論しました。Huobi TechnologyのIndustry Empowerment Centerの責任者である范进氏は、Huobi Technologyが重慶で事業を展開して以来、現地のブロックチェーン産業のエコロジーを構築する上で非常に重要な役割を果たしており、デジタルエコノミーの発展に向けた官民連携を推進してきたと述べています。Huobi Technologyはオープンエコロジー構築を重視するブロックチェーン企業として、実業のデジタル化とデジタル技術の産業化を積極的に推進しており、2020年9月にHuobi Technologyのデジタル経済産業イノベーション基地が重慶で設立後、重慶のブロック産業チェーンのエコシステムを充実させ、重慶のブロックチェーン産業のイノベーションと応用に尽力してきました。「今後、Huobi Technologyは、成都・重慶経済圏の建設を中心に、より多くのブロックチェーン+デジタルアイデンティティの探索を開始し、より多くの工業団地のデジタル化・インテリジェント化に革新的なソリューションを提供していきます。」 と范进氏が話しました。

1.2 業界での応用

JPモルガン・チェースとDBS銀行、ブロックチェーンによるクロスボーダー決済プラットフォームを発足

米国の大手投資銀行であるJPモルガン・チェースは、シンガポール最大の銀行であるDBSと国有投資会社であるTemasekと提携し、グローバル決済や銀行間取引に特化したブロックチェーンの新会社を設立します。
Partiorと名付けられたこの新会社は、ブロックチェーン技術と銀行資金のデジタル化で、グローバル決済や国際貿易、外国為替決済における既存の摩擦を軽減します。JPモルガン・チェースは、これらの機能は各種取引の支払いを即座に清算することができ、クロスボーダー決済に関する現在の課題を克服するのに役立つと述べています。
DBSのCEOであるPiyush Gupta氏は、「ブロックチェーン技術とスマートコントラクトはプログラミング可能性、不変性、追跡可能性の特性を備えており、その活用によりPartiorは世界最高水準のプラットフォーム上で、リアルタイムのクロスボーダー・多通貨決済、貿易金融、外国為替、DVP証券決済に対応できるようになる」と述べています。

Roscosmos、ブロックチェーンで知的財産を保護

ロシアの宇宙機関であるRoscosmosは、ブロックチェーン技術によって宇宙産業における知的財産権侵害に対抗します。Roscosmosは、現地の同名のブロックチェーン企業が開発したハイブリッドブロックチェーンプラットフォーム「Waves Enterprise」をベースにしたIP保護ソリューションのテストを開始しました。IP Guardと呼ばれるブロックチェーンベースのツールは、Roscosmosやその他の業界団体に属するIP侵害を検出します。
Waves EnterpriseのチーフコマーシャルオフィサーであるIgor Kuzmichev氏は、「ブロックチェーンの最も重要な特性は、データの不変性と検証の可能性です。 一元化されたレジストリでは、これらの特性を提供することはできません。」と述べました。

オーストラリアの予約大手、ブロックチェーンベースの旅行プロジェクトに投資

ブロックチェーンベースの旅行予約サイトが、大手オンライン旅行会社と提携し、消費者を中心としたホテルとフライトの予約サービスを世界的に展開しています。
オーストラリアに本社を置くWebjet社は、消費者向け旅行サイトとLOCブロックチェーンをWebjet OTAプラットフォームに統合するため、LockTrip社に410万ドル投資しました。Webjet OTAプラットフォームは自国とニュージーランドで業界をリードしています。さらにWebjet社は、自社のエンタープライズ・ブロックチェーン・プロジェクトであるRezchain の予約認証システムを、LockTrip社の分散化された利益証明のHydra Chainに移行することを検討しています。これは、ホテルや旅行業界のサプライヤー市場をトークン化するというLockTrip社の究極のブロックチェーン目標に向けた大きな一歩となるでしょう。同時に、世界中の旅行代理店からの予約がこのブロックチェーンを介して行われるため、Hydraの取引経済を一つにまとめることになります。

1.3国際政策

インドネシアの規制当局、暗号資産取引への課税を検討

インドネシアの商品先物取引規制当局(Bappebtiとも呼ばれる)は、国内の規制された取引所で行われるすべての暗号資産取引に税金を課すことを検討しています。The Phnom Penh Postによると、Bappebtiの規制対象にあたる暗号資産取引所は現在13社あり、承認されれば、これらのプラットフォームは自動的に課税対象となるとのことです。Bappebtiの責任者であるSidharta Utama氏は、「Bappebti内部で審査した後、BKFとの調整を行います。」と述べています。また、実際の税率はまだ決定していません。BKFとは、インドネシアの財政政策機関のことです。インドネシアの暗号資産取引業者協会の会長であるTeguh Kurniawan氏は、自身が代表を務める組織が提案する税率は0.05%であると述べ、高い税率は暗号資産の購入者を違法なルートに追い込む可能性があると述べました。

アイルランドの暗号資産関連会社、マネーロンダリング法の規制対象に

アイルランドにおける暗号資産関連事業が初めて規制の対象となりました。関連会社は欧州連合(EU)が定めたマネーロンダリング防止ガイドラインの遵守を義務付けられています。
先日、《 2021年刑事司法省マネーロンダリング・テロリストファイナンス改正法》が通過し、これによりEUの第5次マネーロンダリング防止指令(5AMLD)は、アイルランドで法律化されました。この法案では、暗号資産を利用する企業、ウォレットサービス業者(Virtual Asset Service Providers、VASP)及びVASPSにサービスを提供する企業が、主流の金融企業と同じ規制基準を遵守することが求められています。アイルランドのVASPは、今後3カ月以内にアイルランド中央銀行に登録し、顧客のデューデリジェンスを行う必要があります。デューデリジェンスには、顧客の暗号資産の送金先の特定、会計処理、疑わしい金融活動の報告などが含まれます。

新しいASEANブロックチェーンコンソーシアム、国境を越えた協力を目指す

新たに設立されたASEAN Blockchain Allianceは、規制当局と協力し法令遵守と知名度向上を目指します。オーストラリアと東南アジア5カ国のブロックチェーン協会が、ブロックチェーンの発展と教育を促進するために協力しています。
「Business Times」によると、オーストラリア、シンガポール、マレーシア、タイ、インドネシア、フィリピンのブロックチェーン組織が、アジア太平洋地域でのブロックチェーン協力を促進するための覚書を木曜日に締結しました。この覚書は、Blockchain Association of Singapore(BAS)が、ASEAN Blockchain Consortium(ABC)と呼ばれる新しいブロックチェーンコンソーシアムを通じて、業界の認識と教育を高めつつ、規制当局と協力して法令遵守を確保するために始めたものです。ABCには、BAS、Blockchain Australia、フィリピンのDistributed Ledger Technology Association、マレーシアのLabuan International Business and Financial Centre、タイのDigital Asset Operators Trade Association、インドネシアのAsosiasi Blockchainが含まれます。

2.技術能力分析

2.1暗号資産の難易度調整と収益分析

今週のビットコインのハッシュレートは上昇。
2021年4月26日〜2021年5月2日、ビットコインのネットワーク全体のハッシュレートの平均は159.3EH/sと、前週から16.11%上昇しました。

図2.1ビットコインのハッシュレート

データソース:blockchain.info

今週のビットコインの採掘難易度は前週より下落。
2021年5月2日現時点のビットコイン採掘難易度は23.00Tにとどまり、前週から2.46%下落しました。

図2.1ビットコインの採掘難易度

データソース:blockchain.info

ビットコインネットワーク全体の週間ブロック生成数は967ブロックで前週比12.97%増、トップ5の順位は以下の通りです。

ブロック生成数 割合 ハッシュパワー
AntPool 163 16.86 % 26.93 EH/s
F2Pool 159 16.44 % 26.27 EH/s
Poolin 109 11.27 % 18.01 EH/s
Binance Pool 108 11.17 % 17.85 EH/s
Huobi.pool 87 9.00 % 14.38 EH/s

 

図2.5ビットコインマイニングプールのシェア率

データソース:BTC.com

 

2.2 アクティビティ統計

今週のビットコイン平均ブロックサイズは上昇し、1ブロックあたりの平均トランザクション数は減少。
blockchain.infoのデータによると、2021年4月26日〜5月2日までの1週間におけるビットコインの1ブロックあたりの平均サイズは1.35MBで、前週から1.50%増加し、1ブロックあたりの平均トランザクション数は1,892回で、前週から5.64%減少しました。

図2.7ビットコインの平均ブロックサイズ-(7日平均)

図2.8ビットコインの1ブロックあたりの平均トランザクション数-(7日平均)


データソース:blockchain.info

今週のビットコインの未確認取引の平均件数は53.62%減少。
2021年5月2日時点では、ビットコインの7日間の平均未確認取引件数は24,521件で、前週から53.62%減少しています。

図2.11ビットコイン未確認取引数

データソース:blockchain.info

今週のビットコインのマイニング手数料とイーサリアムのマイニング手数料は共に減少。
2021年5月2日時点では、ビットコインの1日あたりの平均マイニング手数料は22.45USDで、前週から22.65%減、イーサリアムの1日あたりのマイニング手数料は9.852USDで、前週から4.69%減となっています。

図2.13ビットコイン、イーサリアムのマイニング手数料

データソース:bitinfocharts

ビットコイン検証ノード数は、前週より1.45%減。
2021年5月2日時点では、ビットコインの検証ノード数は9,627に達し、前週より1.45%減少しています。内訳は、米国が1,876ノード(19.49%)、ドイツが1,777ノード(18.46%)、中国が192ノード(1.99%)と9位となっています。

図2.15ビットコイン検証ノード数、国別ランキング


データソース:bitnodes

今週のビットコインユーザーは前週より増加。
blockchain.infoのデータによると、2021年5月2日時点では、ブロックチェーンウォレットの総ユーザー数は72,296,975人に達し、先週から0.46%増加しています。


データソース:blockchain.info

今週のGithubコードアクティビティのTOPプロジェクトは「SYS」。
2021年4月26日~2021年5月2日に、 最もアクティブなGithub コードはSyscoinで、今週のコミット数は83回でした。

図2.19Githubアクティビティ

データソース:CryptoMiso

3.プライマリー市場の投融資動向

今週のブロックチェーン業界における投融資プロジェクトは2件。
MugglePayは「Flori Leaders」が主導するシードラウンドで10万ドルを調達し、ZenGoは「InsightPartners」が主導するシリーズAラウンドで2,000万ドル調達しました。

表4.1今週の投融資プロジェクト

プロジェクト名 ラウンド 融資金額 投資機関 企業の概要
MugglePay シード 100万USD Floriが主導 暗号資産決済サービス
ZenGo シリーズA 2000万USD InsightPartnersが主導 暗号資産ウォレット

データソース:IT桔子、coindesk

Huobiブロックチェーン応用研究院

私達について

2016年4月に設立された「Huobiブロックチェーン応用研究院」(以下、「Huobi研究院」)は、2018年3月より、ブロックチェーンにおける技術研究、業界分析、アプリケーションのイノベーションモデル調査を中心に、ブロックチェーンの各分野における研究・調査を総合的に展開しています。私たちは、ブロックチェーンの研究プラットフォームを構築し、ブロックチェーン産業のプレーヤーに確かな理論的基礎とトレンド分析を提供し、ブロックチェーン業界全体の発展を促進したいと考えています。「Huobiブロックチェーン業界週間レポート」は、Huobi研究院が立ち上げたブロックチェーン業界に関する週間レポートです。報告書では主に、市場全体のレビュー、大まかなカテゴリーのプロジェクトのパフォーマンス、暗号資産の生成やコードの更新状況などの技術力の分析、ブロックチェーン業界のハイライトやプライマリーマーケットのプロジェクトの進捗状況を詳細にレビューしており、投資家がタイムリーかつ迅速に市場全体の動向や開発動向を把握し、多様な分析で最新の業界進捗状況を理解するのに役立ちます。

連絡先

免責事項

  1. Huobiブロックチェーン研究院は、本レポートに関わる暗号資産やその他の第三者と、レポートの客観性、独立性、公平性に影響を与えるような提携関係にはありません。
  2. 本レポートに引用されている情報やデータは、準拠した情報源からのものであり、その情報源はHuobiブロックチェーン研究院が信頼できると判断したものであり、その信憑性、正確性、完全性について必要な検証を行っていますが、Huobiブロックチェーン研究院は、その信憑性、正確性、完全性についていかなる保証も行いません。
  3. 本レポートの内容は参考情報であり、本報告書に記載されている事実や意見は、当該暗号資産に関する投資助言を行うものではありません。Huobiブロックチェーン研究院は、法令で明示的に定められている場合を除き、当該情報に基づいて被ったいかなる損害について、当社および情報提供者は一切責任を負わないものとします。読者の皆様におかれましては、本レポートのみに依拠して投資判断を下すことはお控えいただき、投資に関するご決定は皆さまご自身の判断において行われるようお願いいたします。
  4. 本レポートに記載されている情報、意見、推測は、本レポートを確定する時点での研究者の判断を反映したものであり、将来、業界の変化やデータ・情報の更新により、意見や判断が更新される可能性があることをご了承ください。
  5. 本レポートの著作権はHuobiブロックチェーン研究院のみが所有しており、本レポートの内容を引用する必要がある場合は、出典を明記してください。大幅な引用が必要な場合は事前にご連絡いただき、許可の範囲内でご使用ください。いかなる場合においても、本レポートを本来の意図に反して引用、簡略化、修正することはできません。
暗号資産ご利用の際の注意
暗号資産は、円やドルなどのように国がその価値を保証している「法定通貨」ではありません。インターネット上でやりとりされる電子データです。 暗号資産は、対価の弁済を受ける者の同意がある場合に限り代価の弁済のため に使⽤することができます。 暗号資産は、価格が変動することがあります。暗号資産の価格が急落したり、突然無価値になってしまったりと、損失を被る可能性があります。 暗号資産交換業者は金融庁・財務局への登録が必要です。当社は登録済みの暗号資産交換業者です。 暗号資産の取引を行う場合、事業者から説明を受け、取引内容をよく理解し、ご自身の判断で行ってください。 リスク警告: https://www.huobi.co.jp/about/risk/