未分類

Huobiブロックチェーン業界週報(第164号)

2021年5月3日-2021年5月9日

概要

中国のHot Topics

・浙江省寧波市のブロックチェーン研究所、全国初の公証人組合運営チェーンを発表。

・証券日報:多くの銀行で、デジタル人民元関連の人材を積極的に採用。
中国民生銀行や中国郵政儲蓄銀行等の最近の求人情報には、いずれもデジタル人民元関連の職種が含まれています。

・Huobi Technology、海南におけるブロックチェーン開発の現状を分析、将来の産業生態の機会を多面的に探る。
Huobi Technologyが主催する「海南自由貿易港技術・金融産業政策解釈・共有会議」が海南省で開催されました。

・于佳宁氏(Huobi 大学学長):NFTは産業ブロックチェーンの新しい担い手になると発言。

 

業界での応用

・ノキア、ブロックチェーンベースのデータマーケットプレイスをローンチ。
ノキアがライセンスを取得したブロックチェーン・プラットフォームは、顧客参加者間の信頼できるデータ交換と収益化を可能にすると報じられています。

・WallStreetBets、ブロックチェーンを使って市場操作に対抗。

・eBay、暗号資産決済やNFTオークションを検討。
大手オンラインマーケットプレイスのeBayは、暗号資産決済やNon-Fungible Token(NFT)の採用を検討していることを明らかにしました。

 

国際政策

・SEC委員長、米国の暗号資産取引所に対する規制監督の強化を示唆。

・カザフスタン、中央銀行デジタル通貨に関するパブリックコメントの募集開始。カザフスタン中央銀行は、国がバックアップするデジタル通貨を採用した場合の潜在的な収益とリスクを調査する予定です。

・バハマ中央銀行、CBDC「サンドダラー」の全国展開に向けて準備。
バハマ中央銀行(CBOB)は、今年の夏により多くのバハマ人にCBDC「サンドダラー」を導入してもらうために、デジタル通貨の全国的な普及活動を準備しています。

 

▼今週のビットコイン各種数値(前週比)

ハッシュレート ▲up
採掘難易度 ▼down
平均ブロックサイズ ▼down
平均ブロックトランザクション数 ▼down
マイニング手数料 ▼down

blockchain.infoのデータによると、2021年5月9日時点で、ブロックチェーンウォレットの総ユーザー数は72,636,742人に達し、前週から0.47%増加しています。

今週のGithubコードアクティビティのTOPプロジェクトは「SYS」。
2021年5月3日〜2021年5月9日、最もアクティブなGithubコードはSyscoinで、今週のコミット数は67回でした。

今週の、ブロックチェーン業界の投融資プロジェクトは2件。
RTFKT Studiosは「Andreeseen Horowitz、CVentures等」からシードラウンドで約1000万USDを調達し、Showtimeは「Paradigm、DJ、NFT」からシードラウンドで760万USDを調達しました。

1.今週のブロックチェーン関連ニュース

1.1中国のHot Topics

浙江省寧波市のブロックチェーン研究所、全国初の公証人組合運営チェーンを発表

4月28日に北京のChina National Convention Centerで「第5回ブロックチェーン技術とアプリケーションサミットフォーラム」が開催され、寧波標準ブロックチェーン産業発展研究所が全国初の公証人連合運営チェーンである「証明書チェーン」を発表しました。証明書チェーンは公証人業界を核としています。このチェーンはオンチェーンとオフチェーンの相乗効果により、公証人の信頼性とブロックチェーンの技術的信頼性を兼ね備えており、チェーン上のデータの信憑性の問題を効果的に解決します。

多くの銀行で、デジタル人民元関連の人材を積極的に採用

先日、証券日報に「多くの銀行がデジタル人民元関連の人材を積極的に採用している」という記事が掲載されました。
例えば、中国民生銀行や中国郵政儲蓄銀行は最近、デジタル人民元関連の職種の採用情報を発表しました。具体的には、中国民生銀行本店ネットワークファイナンス部がデジタル人民元管理ポストを募集しており、その職務内容は、製品ライフサイクル管理、プロジェクトリソース管理、マーケティングキャンペーンの管理など、デジタル通貨関連コンテンツの管理とリソース調整担当、デジタル通貨関連資料レポートの作成担当、デジタル人民元製品ソリューションプロセスの開発や要件文書の作成担当などです。また、中国郵政儲蓄銀行本店が2021年に発表した採用案内で、本店の業務管理部門でもデジタル人民元関連の人材を外部から募集しています。具体的には、デジタル人民元の決済管理ポスト、デジタル人民元の運用管理ポスト、デジタル人民元の個人ウォレット管理ポストなどがあります。
一方、2021年の中国郵政儲蓄銀行北京支店のソーシャルリクルートの告知では、デジタル人民元のポジションが再び言及されており、企業ネットワーク財務部では、プロダクトマネージャー(デジタル通貨)とシナリオ開発(デジタル通貨)担当を募集しています。

Huobi Technology、海南におけるブロックチェーン開発の現状を分析、将来の産業生態の機会を多面的に探る

大多数の中小企業が海南自由貿易港の、「特化と革新」の道に乗り出すことを強く支援するために、中国中小企業協会産業ブロックチェーン特別委員会(以下、特別委員会)が主催し、海南ビッグデータ産業連盟とHuobi Technologyが主催する「海南自由貿易港技術・金融産業政策解釈・共有会議」が先日海南で開催されました。
Huobi Technology社のCEOであり、中国中小企業協会(CASME)産業ブロックチェーン委員会のディレクターである袁煜明氏はスピーチの中で、「海南自由貿易港の急速な建設に伴い、海南の未来には大きなチャンスと可能性がある。デジタル産業の発展だけでなく、国境を越えた貿易、観光産業、その他の特殊産業の発展にも役立っている。」と述べました。
基調講演では、中国(海南)改革発展研究院の副院長であり、企業コンサルティングセンターの所長である楊正氏は、海南に自由貿易港を建設することの立地上の特有の利点を分析し、第1に地理的に比較的独立している点、第2にインド洋と太平洋への重要なオープンゲートウェイである点、第3に本土の14億人の市場と東南アジアの6億5千万人の市場が交差する重要な場所である点であると述べました。同時に、海南自由貿易港に関連する政策を詳しく説明し、海南の3つの主要産業である観光、現代サービス、ハイテクへの投資と発展の機会についても詳しく説明しました。中国(海南)改革発展研究所の企業研究コンサルティングセンターは、ブロックチェーン企業と協力して、海南における国家ブロックチェーン技術・産業革新発展基地の建設を推進し、世界のブロックチェーン企業が海南に集まるように導くためのトップレベルの仕組みを構築すると述べました。

于佳宁氏(Huobi 大学学長):NFTは産業ブロックチェーンの新しい担い手になると発言

先日、「新しいパターンの構築と経済圏の構築」をテーマにした「2021成都ブロックチェーン+デジタル文化・イノベーション産業発展会議」が正式に開催されました。
この会議は、成都郫都区委員会、区政府、成都郫都区映画テレビ都市管理委員会、投資促進局、新経済科学技術局などが主催し、ブロックチェーン+デジタルクリエイティビティのための財産権保護、取引流通などについて議論します。
「NFT産業発展の可能性」の基調講演では、中国通信工業協会ブロックチェーン特別委員会会長兼Huobi大学学長の于佳宁氏が、デジタル世界における固有財の価値が徐々に社会に認知されてきており、NFTはあらゆるものに力を与え、現実世界の資産とデジタル世界の資産を結びつける「バリューマシン」として、産業用ブロックチェーンの新たな担い手となるでしょうと述べました。
現在、NFTの主な適用場面は、ブロックチェーンゲーム、暗号芸術作品、暗号収集物、チケットなどの分野ですが、将来的には、知的財産などの多くの分野に拡張することができます。
于佳宁氏によると、NFTによるチェーン上の資産の実現は、短期的には、デジタルアート作品やゲームのアイテムに代表されるデジタル商品の権利確認やフロー取引をオンチェーンで実現し、これらのデジタル商品にも明確な希少性と所有権を持たせることが主な目的です。中期的には、未公開株式、私募債、信託株式などの伝統的な資産も、将来的にNFTを介してチェーン化し、デジタルで流通させることができます。長期的には、NFTは、資産のデジタル化・デジタルアセット化を大きく促進し、「価値のインターネット」をさらに向上させる可能性があります。

1.2 業界での応用

ノキア、ブロックチェーンベースのデータマーケットプレイスをローンチ

ノキアがライセンスを取得したブロックチェーン・プラットフォームは、顧客参加者間の信頼できるデータ交換と収益化を可能にすると報じられています。スマートフォンメーカーのノキアは、同社のエンタープライズグレードのブロックチェーン基盤のデータマーケットプレイスのインフラサービスである「Nokia Data Marketplace」の提供開始を発表しました。
ノキアは、同社の新しいブロックチェーンサービスが、安全なプライベートブロックチェーンインフラの枠組みの中で、データの取引と分析を提供することを明らかにしました。この発表の中で、ノキアは、様々な業界の顧客がブロックチェーンネットワークに参加し、信頼できるデータ転送のための分散型技術の利点を活用することができると宣言しています。「Nokia Data Marketplace」は、電気自動車の充電、環境データの収益化、サプライチェーンの自動化、輸送、港湾、エネルギー、スマートシティ、ヘルスケアなどの多くの垂直的セグメントを支える予防保守のような、幅広いユースケースが想定されています。

WallStreetBets、ブロックチェーンを使って市場操作に対抗

Redditをベースにした草の根運動であるWallStreetBetsは、伝統的な金融における市場操作に対抗するため、ブロックチェーンベースの新しいアプリケーションを発表しました。WallStreetBetsは、完全に分散化された方法で投資家にさまざまな資産への幅広いエクスポージャーを提供することができる「WallStreetBets Exchange Traded Portfolios(ETP)」の作成を発表しました。WallStreetBetsのETPは、不透明で政治的なつながりのある銀行やヘッジファンドによる市場操作の代替手段となる可能性があります。この商品は、分散型自律組織(DAO)によって運営されており、ポートフォリオのリバランスは、近々発行されるWSBトークンを通じて権利を行使するコミュニティメンバーのみが行うことができます。

eBay、暗号資産決済やNFTオークションを検討

大手オンラインマーケットプレイスのeBayは、暗号資産決済やNon-Fungible Token(NFT)の採用を検討していることを明らかにしました。
eBayのCEOであるJamie Iannone氏は、CNBCとのインタビューの中で、暗号資産などの支払い方法について「引き続き検討していく」と述べています。さらに、eBayは、デジタル製品をコレクターズアイテムと比較しながら、NFTを「簡単な方法」でプラットフォーム上で利用できるようにするための「機会を探っている」と述べました。Iannone 氏は、「eBayの素晴らしい点のひとつは、新しいトレンドが生まれたとき、それに対応できることだ。」と述べ、「新しいトレンドとなっているNFTのような分野に、我々はどのように対応できるかを検討している。」と述べました。
Iannone 氏は、NFTの一部は現在プラットフォーム上で「すでに取引されている」が、まだ買い手と売り手のためのプロセスが簡素化されていないと述べました。また、一部のユーザーの間で、既にビットコイン(BTC)を出品している事例もありますが、eBayはそのようなオークションを特に許可していないとのことです。

1.3国際政策

SEC委員長、米国の暗号資産取引所に対する規制監督の強化を示唆

最近米国証券取引委員会(SEC)の委員長に承認されたGary Gensler氏は、議会に対し、暗号資産分野への規制監督の強化について提案しましたが、委員会はその権限の範囲内で行動すると述べました。
下院金融サービス委員会が本日開催した公聴会では、ノースカロライナ州選出のPatrick McHenry議員が、「法定通貨と法の支配のもと、活気あるデジタル資産市場を確保するために、規制当局は何をすべきか」とGensler氏に質問しました。
McHenry 議員は、デジタルアセットと暗号資産に関する規制当局間の協力関係を強調しました。Gensler氏は、証券取引委員会(SEC)の証券やその他の金融商品に関する現行の権限の中で、暗号資産市場は「投資家保護の強化」の恩恵を受けることができると述べました。さらに、このような規制問題を扱う権限は米国議会にしかないと考えており、自分のリーダーシップの下で委員会がその権限を超えることは許されないと述べました。

カザフスタン、中央銀行デジタル通貨に関するパブリックコメントの募集開始

カザフスタンの中央銀行は、国がバックアップするデジタル通貨を採用することの潜在的なメリットとリスクを検討する予定です。
カザフスタン国立銀行(NBRK)は、水曜日にデジタルテンゲ(テンゲ:カザフスタンの通貨単位)のパイロットプロジェクトに関する報告書を発表し、中央銀行のデジタル通貨の可能性についてのパブリックコメントの募集を開始しました。報告書によると、デジタルテンゲは、NBRKが発行する新しい形態の貨幣で、「独自の技術的特徴を利用して、国内の決済システムのさらなる発展と現金決済への依存度の低減 」を可能にするものです。
このCBDCは、現金やキャッシュレス決済に取って代わるものではなく、既存の決済手段と並行して使用される代替手段であることを強調しています。また、NBRKは、デジタルテンゲの導入により、決済市場における競争力が向上し、金融システムの安定性が強化されるだけでなく、国家による決済に対する国民の信頼性向上にも貢献すると述べています。「この技術は、最高のサイバーセキュリティ基準を満たしています。(中略)銀行は消費者保護とデジタルテンゲ利用者のプライバシーに特別な注意を払う」とNBRKは述べています。

バハマ中央銀行、CBDC「サンドダラー」の全国展開に向けて準備

バハマ中央銀行(CBOB)は、今年の夏により多くのバハマ人にCBDC「サンドダラー」を導入してもらうために、デジタル通貨の全国的な普及活動を準備しています。
CBOBのジョン・ロール総裁は、バハマの中央銀行のデジタル通貨の導入に向けた新たな動きとして、サンドダラーのモバイルウォレットと商業銀行システムとの接続に焦点を当てていることを発表しました。「今は、個人がこれらの様々なプラットフォームに登録することに焦点を当てています。 文字通り、全国的な普及に向けた取り組みを開始したところであり、夏に向けて注目度と勢いを増していくことでしょう。」とロール総裁は述べています。同氏は、ペイメントプロバイダーを含む多くの金融機関が、自社のモバイルウォレットをサンドダラーのプラットフォームに統合していることを指摘しています。「決済事業者の間では、相互に通信し、プラットフォームを介して資金を送ることができるようになっていることがわかっています」と述べています。

2.技術能力分析

2.1暗号資産の難易度調整と収益分析

今週のビットコインのハッシュレートは上昇。
2021年5月3日〜2021年5月9日、ビットコインのネットワーク全体のハッシュレートの平均は175.2EH/sと、前週から9.98%上昇しました。

図2.1ビットコインのハッシュレート

データソース:blockchain.info

今週のビットコインの採掘難易度は前週より下落。
2021年5月9日現時点のビットコイン採掘難易度は20.60Tにとどまり、前週から10.43%下落しました。

図2.1ビットコインの採掘難易度

データソース:blockchain.info

ビットコインネットワーク全体の週間ブロック生成数は1,217ブロックで前週比25.85%増、トップ5の順位は以下の通りです。

ブロック生成数 割合 ハッシュパワー
AntPool 220 18.00 % 32.05 EH/s
F2Pool 210 17.34 % 30.88 EH/s
Poolin 147 11.91 % 21.22 EH/s
Binance Pool 120 9.86 % 17.56 EH/s
BTC.com 106 8.71 % 15.51 EH/s

 

図2.5ビットコインマイニングプールのシェア率

データソース:BTC.com

 

2.2 アクティビティ統計

今週のビットコイン平均ブロックサイズと、1ブロックあたりの平均トランザクション数はともに減少。
blockchain.infoのデータによると、2021年5月3日〜5月9日までの1週間におけるビットコインの1ブロックあたりの平均サイズは1.31MBで、前週から2.96%増加し、1ブロックあたりの平均トランザクション数は1,606回で、前週から15.12%減少しました。

図2.7ビットコインの平均ブロックサイズ-(7日平均)

図2.8ビットコインの1ブロックあたりの平均トランザクション数-(7日平均)


データソース:blockchain.info

今週のビットコインの未確認取引の平均件数は19.04%減少。
2021年5月9日時点では、ビットコインの7日間の平均未確認取引件数は19,853件で、前週から19.04%減少しています。

図2.11ビットコイン未確認取引数

データソース:blockchain.info

今週のビットコインのマイニング手数料は低下し、イーサリアムのマイニング手数料は上昇。
2021年5月9日時点では、ビットコインの1日あたりの平均マイニング手数料は18.595USDで前週から17.17%減、イーサリアムの1日あたりの平均マイニング手数料は27.95 USDで前週から183.70%増となっています。

図2.13ビットコイン、イーサリアムのマイニング手数料

データソース:bitinfocharts

ビットコイン検証ノード数は、前週より1.08%減。
2021年5月9日時点では、ビットコインの検証ノード数は9,523と前週から1.08%減少しています。内訳は、米国が1,930ノード(20.27%)、ドイツが1,807ノード(18.98%)、中国が191ノード(2.01%)で第9位となっています。

図2.15ビットコイン検証ノード数、国別ランキング


データソース:bitnodes

今週のビットコインユーザーは前週より増加。
blockchain.infoのデータによると、2021年5月9日時点では、ブロックチェーンウォレットの総ユーザー数は72,636,742人に達し、前週から0.47%増加しています。


データソース:blockchain.info

今週のGithubコードアクティビティのTOPプロジェクトは「SYS」。
2021年5月3日~2021年5月9日に、 最もアクティブなGithub コードはSyscoinで、今週のコミット数は67回でした。

図2.19Githubアクティビティ

データソース:CryptoMiso

3.プライマリー市場の投融資動向

今週のブロックチェーン業界における投融資プロジェクトは2件。
RTFKT Studiosは「Andreeseen Horowitz、C Ventures等」からシードラウンドで約1000万USDを調達し、Showtimeは「Paradigm,DJ,NFT」からシードラウンドで760万USDを調達しました。

表4.1今週の投融資プロジェクト

プロジェクト名 ラウンド 融資金額 投資機関 企業の概要
RTFKT Studios シード 約1000万USD Andreeseen Horowitz、C Ventures等 デジタルファッションブランド
Showtime シード 760万USD Paradigm、DJ、NFT NFTソーシャルプラットフォーム

データソース:IT桔子、coindesk

Huobiブロックチェーン応用研究院

私達について

2016年4月に設立された「Huobiブロックチェーン応用研究院」(以下、「Huobi研究院」)は、2018年3月より、ブロックチェーンにおける技術研究、業界分析、アプリケーションのイノベーションモデル調査を中心に、ブロックチェーンの各分野における研究・調査を総合的に展開しています。私たちは、ブロックチェーンの研究プラットフォームを構築し、ブロックチェーン産業のプレーヤーに確かな理論的基礎とトレンド分析を提供し、ブロックチェーン業界全体の発展を促進したいと考えています。「Huobiブロックチェーン業界週間レポート」は、Huobi研究院が立ち上げたブロックチェーン業界に関する週間レポートです。報告書では主に、市場全体のレビュー、大まかなカテゴリーのプロジェクトのパフォーマンス、暗号資産の生成やコードの更新状況などの技術力の分析、ブロックチェーン業界のハイライトやプライマリーマーケットのプロジェクトの進捗状況を詳細にレビューしており、投資家がタイムリーかつ迅速に市場全体の動向や開発動向を把握し、多様な分析で最新の業界進捗状況を理解するのに役立ちます。

連絡先

免責事項

  1. Huobiブロックチェーン研究院は、本レポートに関わる暗号資産やその他の第三者と、レポートの客観性、独立性、公平性に影響を与えるような提携関係にはありません。
  2. 本レポートに引用されている情報やデータは、準拠した情報源からのものであり、その情報源はHuobiブロックチェーン研究院が信頼できると判断したものであり、その信憑性、正確性、完全性について必要な検証を行っていますが、Huobiブロックチェーン研究院は、その信憑性、正確性、完全性についていかなる保証も行いません。
  3. 本レポートの内容は参考情報であり、本報告書に記載されている事実や意見は、当該暗号資産に関する投資助言を行うものではありません。Huobiブロックチェーン研究院は、法令で明示的に定められている場合を除き、当該情報に基づいて被ったいかなる損害について、当社および情報提供者は一切責任を負わないものとします。読者の皆様におかれましては、本レポートのみに依拠して投資判断を下すことはお控えいただき、投資に関するご決定は皆さまご自身の判断において行われるようお願いいたします。
  4. 本レポートに記載されている情報、意見、推測は、本レポートを確定する時点での研究者の判断を反映したものであり、将来、業界の変化やデータ・情報の更新により、意見や判断が更新される可能性があることをご了承ください。
  5. 本レポートの著作権はHuobiブロックチェーン研究院のみが所有しており、本レポートの内容を引用する必要がある場合は、出典を明記してください。大幅な引用が必要な場合は事前にご連絡いただき、許可の範囲内でご使用ください。いかなる場合においても、本レポートを本来の意図に反して引用、簡略化、修正することはできません。
暗号資産ご利用の際の注意
暗号資産は、円やドルなどのように国がその価値を保証している「法定通貨」ではありません。インターネット上でやりとりされる電子データです。 暗号資産は、対価の弁済を受ける者の同意がある場合に限り代価の弁済のため に使⽤することができます。 暗号資産は、価格が変動することがあります。暗号資産の価格が急落したり、突然無価値になってしまったりと、損失を被る可能性があります。 暗号資産交換業者は金融庁・財務局への登録が必要です。当社は登録済みの暗号資産交換業者です。 暗号資産の取引を行う場合、事業者から説明を受け、取引内容をよく理解し、ご自身の判断で行ってください。 リスク警告: https://www.huobi.co.jp/about/risk/