Huobi レポート

Huobiブロックチェーン業界週報(第167号)

2021年5月24日-2021年5月30日

概要

中国のHot Topics

・中国国家発展改革委員会など4部署:ハッシュレート全国ネットワークの国家ハブノードを計画。

・人民日報:デジタル人民元、徐々に実用化。
報道ではデジタル通貨はデジタル経済の発展を象徴する重要なものと表明。

・Huobi Technologyチーム、中国改革研究所を訪問。
ブロックチェーンに基づく次世代のデジタルIDシステムの海南における運用や、公安部、Huobi Technology、中国改革研究所の研究協力について議論し、意見交換を行った。

・Huobi Technologyは、「ブロックチェーン + ハウスキーピング」の革新的な開発を模索、業界のインテリジェンス化を促進。

 

業界での応用

・ブロックチェーンは、気候変動対策になり得るか?
イーロン・マスク氏は、ブロックチェーンが環境に与える影響を理由に、テスラがビットコインを決済手段として受け付けないことを発表し、世界中の注目を集めた。

・パブリッシャーとブランドをブロックチェーンでつなぐ、分散型の広告マーケットプレイス。

・NFTの最新応用-ゲノムデータの通貨化。
Nebula Genomics社の共同設立者であり、ハーバード・メディカル・スクールの遺伝学教授であるジョージ・チャーチ(George McDonald Church) 氏は、NFTの世界では初めてとなる、自身のゲノムデータを使ったNFTを作成。

 

国際政策

・インドネシア中央銀行、デジタル通貨競争に参入。

・南アフリカ中央銀行、リテール型CBDCの実現可能性調査を開始。
南アフリカ準備銀行(SARB)は、リテール向け中央銀行デジタル通貨(CBDC)の「適合性」に関する初歩的な実現可能性調査を開始したと発表。

・ドバイ・エアポート・フリーゾーン、新たなSCA協定により暗号資産を歓迎。
ドバイ・エアポート・フリーゾーン(DAFZA)は、エリア内での暗号資産産業の成長を目指し、既存規制に基づいた暗号資産取引を認めた。

 

▼今週のビットコイン各種数値(前週比)

ハッシュレート ▲up
採掘難易度 ±0
平均ブロックサイズ ▲up
平均ブロックトランザクション数 ▼down
マイニング手数料 ▼down

blockchain.infoのデータによると、2021年5月30日時点で、ブロックチェーンウォレットの総ユーザー数は73,463,038人に達し、前週から0.39%増加しています。

今週のGithubコードアクティビティのTOPプロジェクトは「BCH」。
2021年5月24日〜2021年5月30日、最もアクティブなGithubコードはBitcoin cashで、今週のコミット数は24回でした。

今週の、ブロックチェーン業界の投融資プロジェクトは2件。
Yunphant Blockchainは「Fosun」等が主導するシリーズBラウンドで数億元を調達し、Losslessは「DAO Maker、Master Ventures」等から戦略的投資ラウンドで224万USDを調達しました。

1.今週のブロックチェーン関連ニュース

1.1中国のHot Topics

中国国家発展改革委員会など4部署:ハッシュレート全国ネットワークの国家ハブノードを計画

中国国家発展改革委員会、中央ネットワーク情報局、工業情報化部、国家エネルギー局が共同で発表した「国家統合ビッグデータセンター協調革新システムハッシュレートハブ実施計画」では、ハッシュレート全国ネットワークの国家ハブノードを配置し、「東のデータ、西のコンピューティング」の実施を開始することを明確に提案しています。
本プログラムでは、北京・天津・河北、長江デルタ、広東・香港・マカオ地域、成都・重慶、貴州・内蒙古・甘粛・寧夏において、ハッシュレート全国ネットワークの国家ハブノードの建設を計画し、データセンターの配置、ネットワーク、電力、エネルギー消費、ハッシュレート電力、データなどの面で統合的な計画を推進するとしています。
国家ハブノードは、中国のハッシュレートネットワークの中枢となる接続点であり、これを通じて、データセンターの配置を統合的に計画し、大規模なデータセンターが適切に集まり、データセンター・クラスターが形成することが期待されています。クラスターとクラスターをネットワークで繋ぎ、「東のデータ、西のコンピューティング」プロジェクトを実施して大規模なハッシュレートの調整をサポートし、データフロー指向の新しいハッシュレートネットワークパターンを構築していきます。

人民日報:デジタル人民元は徐々に実用化

先日、人民日報はデジタル人民元関連の記事を掲載しました。記事では、デジタル通貨がデジタル経済の発展を象徴する重要なものとされています。
現在、多くの国でデジタル通貨の研究・開発が始まっており、金融分野の「新しいインフラ」として、デジタル法定通貨の開発と適用は、取引コストの削減、金融業務の効率化、デジタル経済の発展を後押しする上で大きな意義があります。一般の人々にとって、デジタル通貨は、より便利で、効率的で、低コストの決済手段を意味します。
デジタル人民元は、便利なだけでなく、マネーロンダリングやテロ資金対策などの面でも重要です。”第14次5ヵ年計画 “や “2035年ビジョン “の概要では、「デジタル通貨の研究開発を着実に進める」ことが提案されており、デジタル人民元に対する前向きで慎重な姿勢が浮き彫りになっています。中国の巨大な消費者市場と豊かな消費者シナリオは、デジタル人民元を推進する上で、重要なサポートとなるでしょう。

Huobi Technologyチーム、中国改革研究所を訪問

先日、公安部中盾安信研究院の王強研究員、Huobi Technology研究院のエグゼクティブ・ディレクターである李慧氏、Huobi Technologyのビジネス・マネージャーである史帅超氏が中国改革研究所を訪れました。
中国改革研究所の主任であり、企業研究コンサルティングセンターのディレクターである杨政氏は、ゲストを中国改革研究所の歴史博物館に案内し、30年の発展の歴史を紹介しました。双方はブロックチェーンに基づく次世代のデジタルIDシステムの海南における運用や、公安部、Huobi Technology、中国改革研究所の研究協力について議論し、意見交換をしました。中国改革研究所の企業研究コンサルティングセンターのマーケティングディレクターである王玲氏と、アシスタントリサーチャーの陈万聪氏も同行しました。

Huobi Technologyは、「ブロックチェーン + ハウスキーピング」の革新的な開発を模索、業界のインテリジェンス化を促進。

第1回「ブロックチェーン + ハウスキーピング」講演会と新刊発表会が広州で開催され、ハウスキーピングの業界人、学者、企業の代表者等約100人が出席し、ブロックチェーン技術を使ってハウスキーピング業界を革新的に発展させる方法について、綿密な議論をしました。
ブロックチェーン技術がハウスキーピング業界にもたらす可能性についてゲストに理解してもらうために、ハウスキーピング業界のベテランである黄鹤氏は、新刊「ブロックチェーン + ハウスキーピング」を贈呈しました。この本には、ブロックチェーン技術の知識普及とブロックチェーン技術がハウスキーピング業界の発展にもたらす影響が詳細かつ科学的に記述されており、ハウスキーピング業界のインテリジェントな発展のための「道しるべ」です。
新刊贈呈式の後、ブロックチェーン業界の学者がブロックチェーンに関するスピーチを行いました。Huobi Technology研究院のエグゼクティブディレクターである李慧氏は「ブロックチェーンが世間で注目されるようになって久しいですが、そのハウスキーピング業界における運用はほとんど理解されていない」と述べています。李慧氏は、「ブロックチェーン技術とグローバル産業の展望」についてスピーチを行いました。

1.2 業界での応用

ブロックチェーンは、気候変動対策になり得るか?

イーロン・マスク氏は、ブロックチェーンが環境に与える影響を理由に、テスラがビットコインを決済手段として受け付けないことを発表し、世界中の注目を集めました。これにより、暗号資産と気候に関する議論が一躍脚光を浴びることになりましたが、これは長年の課題でもありました。
ビットコインのプルーフ・オブ・ワーク(PoW)によるコンセンサスの仕組みは非常にエネルギーを消費します。また、マイナーが新しいコインの供給を求めて巨大なデータセンターを設立するなど、この問題は悪化の一途をたどっているようです。
ブロックチェーンは環境問題をもたらすとして非難されることが多いですが、米アルバカーキ市のスタートアップは、ブロックチェーン技術自体が解決策の一部になる可能性があると考えています。
Devvio社は、サステナビリティへの取り組みを推進する革新的なブロックチェーン計画を開発しました。この計画はゼロエミッションのビットコインとイーサリアムを提供するインフラESGをサポートします。Devvio社は既に廃棄物回収業者、再生可能エネルギー生産者、データ分析会社など、ESGに注力する企業と提携しました。

パブリッシャーとブランドをブロックチェーンでつなぐ、分散型広告マーケットプレイス。

プログラマティック広告は、毎年数十億ドルの収益を上げているビッグビジネスです。現在、分散型マーケットプレイスでは、パブリッシャーとブランドをブロックチェーンで結び、直接取引ができるようになっています。
Adshares社によると、同社のプラットフォームが、Google Adsなどの主流の競合他社や、CoinzillaやCointrafficのような暗号資産の代替手段に対して、決定的な優位性を持っているとのことです。また、料金が安いだけでなく、サーバーを分散させることができるため、サイトの収益を低下させる広告ブロックの可能性を最小限に抑えることができる画期的なシステムです。シンプルなプロセスにより、すべての関係者が簡単にサービスを利用できるようになっています。また、初めてキャンペーンを実施する際に少額から始められるようにすることで、小規模な広告主の獲得を目指しています。

NFTの最新応用-ゲノムデータの通貨化。

Nebula Genomics社の共同設立者であり、ハーバード・メディカル・スクールの遺伝学教授であるジョージ・チャーチ(George McDonald Church) 氏は、NFTの世界では初めてとなる、自身のゲノムデータを使ったNFTを作成しています。
NFTマーケットプレイスのAkoinNFTで作成されたNFTは、チャーチ氏のゲノムと肖像を高解像度で芸術的に表現しています。また、NFTは、チャーチ氏の全ゲノムデータのデジタルロケーションを暗号化します。このデータは、プライバシーに配慮したブロックチェーンベースのクラウドコンピューティングプラットフォームであるOasis Networkに保管されます。
チャーチ氏は、「研究者が医学の発展に役立つデータセットにアクセスできることは不可欠ですが、これらのデータセットは透明性をもって共有されるべきだと考えています」と述べています。

1.3国際政策

インドネシア中央銀行、デジタル通貨競争に参入。

インドネシア銀行(BI)は、世界の中央銀行の中で最も早くデジタル通貨の導入を発表した銀行の一つです。これは、インドネシアでデジタル決済が急増していることを受けたものです。
ロイター通信によると、Perry Warjiyo総裁は、インドネシアの中央銀行が、インドネシアでの合法的な支払い手段として、デジタル通貨「ルピア」の導入を計画していると述べました。同氏は、ルピアがインドネシア国内で唯一の法的に認められた決済通貨であり、BIは、現金やカードによる取引を規制するのと同様の方法で、デジタルルピアを規制することを検討しているという。
BIは現在、金融政策や決済システムへの影響など、デジタルルピアの潜在的なメリットを調査するとともに、金融インフラの準備状況を評価しているという。中央銀行のデジタル通貨を構築するための潜在的な技術オプションも評価しているとも述べた。

南アフリカ中央銀行、リテール型CBDCの実現可能性調査を開始。

南アフリカ準備銀行(SARB)は、リテール向け中央銀行デジタル通貨(CBDC)の「適合性」に関する初歩的な実現可能性調査を開始したと発表しました。
今回の発表の中でSARBは、リテール型のCBDCを「中央銀行が発行する電子決済に適した現金補完型のソブリンデジタル通貨」と定義しています。また、SARBは「実用可能性調査の目的は、CBDCの発行がSARBの政策的立場や任務にどのような影響を与えるかを検討することである」と述べています。
SARBによると、最初の調査では、南アフリカでリテール型のCBDC発行の可能性をめぐる問題に焦点を当て「実現可能性調査では、政策、規制、セキュリティ、リスク管理への影響など、様々な要因を考慮しながら、様々な新興技術プラットフォームでの実用的な試験を行う。」とのことです。

ドバイ・エアポート・フリーゾーン、新たなSCA協定により暗号資産を歓迎。

ドバイ・エアポート・フリーゾーン*(DAFZA)とアラブ首長国連邦の証券・商品規制局(SCA)との間で締結された新たな協定により、ドバイは暗号資産の受け入れに向けて新たな一歩を踏み出しました。(*フリーゾーン:自由貿易地域)
DAFZAは、エリア内での暗号資産産業の成長を目指し、既存規制に基づいた暗号資産取引を認めることになりました。SCAは、アラブ首長国連邦全体の金融市場の規制機関として、フリーゾーン内での暗号資産の提供、発行、上場、取引を監視します。また、SCAは企業に向けて暗号資産取引に関する必要なすべての承認とライセンスを取扱います。
現地メディアの報道によると、SCAのMaryam Al Suwaidi CEO代理とDAFZAのAmna Lootah事務局長代理が署名したこの協定により、DAFZAはフリーゾーン内での新たなライセンス取得や商業活動を拡大することが可能になりました。

2.技術能力分析

2.1暗号資産の難易度調整と収益分析

今週のビットコインのハッシュレートは上昇。
2021年5月24日〜2021年5月30日、ビットコインのネットワーク全体のハッシュレートの平均は149.8EH/sと、前週より2.32%上昇しました。

図2.1ビットコインのハッシュレート

データソース:blockchain.info

今週のビットコインの採掘難易度は前週と変わらず。
2021年5月30日現時点のビットコイン採掘難易度は25.04Tにとどまり、前週と変わらずでした。

図2.1ビットコインの採掘難易度

データソース:blockchain.info

ビットコインネットワーク全体の週間ブロック生成数は857ブロックで前週比5.41%減、トップ5の順位は以下の通りです。

ブロック生成数 割合 ハッシュパワー
F2Pool 155 18.09 % 27.25 EH/s
AntPool 128 14.94 % 22.51 EH/s
Poolin 113 13.91 % 19.87 EH/s
ViaBTC 93 10.85 % 16.35 EH/s
BTC.com 88 10.27 % 15.47 EH/s

 

図2.5ビットコインマイニングプールのシェア率

データソース:BTC.com

 

2.2 アクティビティ統計

今週のビットコイン平均ブロックサイズは上昇し、1ブロックあたりの平均トランザクション数は減少。
blockchain.infoのデータによると、2021年5月24日〜2021年5月30日までの1週間におけるビットコインの1ブロックあたりの平均サイズは1.32MBで、前週から2.33%増加し、1ブロックあたりの平均トランザクション数は1,719回で、前週から10.89減少しました。

図2.7ビットコインの平均ブロックサイズ-(7日平均)

図2.8ビットコインの1ブロックあたりの平均トランザクション数-(7日平均)


データソース:blockchain.info

今週のビットコインの未確認取引の平均件数は69.13%減少。
2021年5月30日時点では、ビットコインの7日間の平均未確認取引件数は7,833件で、前週から69.13%%減少しています。

図2.11ビットコイン未確認取引数

データソース:blockchain.info

今週のビットコインのマイニング手数料とイーサリアムのマイニング手数料は共に低下。
2021年5月30日時点では、ビットコインの1日あたりの平均マイニング手数料は8.436 USDで前週から50.87%減、イーサリアムの1日あたりの平均マイニング手数料は5.744 USDで前週から40.81%減となっています。

図2.13ビットコイン、イーサリアムのマイニング手数料

データソース:bitinfocharts

ビットコイン検証ノード数は、前週より2.37%増。
2021年5月30日時点では、ビットコインの検証ノード数は9,974と前週から2.37%増加しています。内訳は、米国が1,862ノード(18.67%)、ドイツが1,786ノード(17.91%)、中国が187ノード(1.87%)で第9位となっています。

図2.15ビットコイン検証ノード数、国別ランキング


データソース:bitnodes

今週のビットコインユーザーは前週より増加。
blockchain.infoのデータによると、2021年5月30日時点では、ブロックチェーンウォレットの総ユーザー数は73,463,038人に達し、前週から0.39%増加しています。


データソース:blockchain.info

今週のGithubコードアクティビティのTOPプロジェクトは「BCH」。
2021年5月24日~2021年5月30日に、 最もアクティブなGithub コードはBitcoin cashで、今週のコミット数は24回でした。

図2.19Githubアクティビティ

データソース:CryptoMiso

3.プライマリー市場の投融資動向

今週のブロックチェーン業界における投融資プロジェクトは2件。
yunphant Blockchainは「Fosun」が主導するシリーズBラウンドで数億元を調達し、Losslessは「DAO Maker、Master Ventures」等から戦略的投資ラウンドで224万USDを調達しました。

表4.1今週の投融資プロジェクト

プロジェクト名 ラウンド 融資金額 投資機関 企業の概要
yunphant Blockchain シリーズB 数億元 Fosunが主導 ブロックチェーンソリューションとシステムインテグレーションサービス
Lossless 戦略的投資 224万USD DAO Maker、Master Ventures等 DeFiネットワークセキュリティーサービス

データソース:IT桔子、coindesk

Huobiブロックチェーン応用研究院

私達について

2016年4月に設立された「Huobiブロックチェーン応用研究院」(以下、「Huobi研究院」)は、2018年3月より、ブロックチェーンにおける技術研究、業界分析、アプリケーションのイノベーションモデル調査を中心に、ブロックチェーンの各分野における研究・調査を総合的に展開しています。私たちは、ブロックチェーンの研究プラットフォームを構築し、ブロックチェーン産業のプレーヤーに確かな理論的基礎とトレンド分析を提供し、ブロックチェーン業界全体の発展を促進したいと考えています。「Huobiブロックチェーン業界週間レポート」は、Huobi研究院が立ち上げたブロックチェーン業界に関する週間レポートです。報告書では主に、市場全体のレビュー、大まかなカテゴリーのプロジェクトのパフォーマンス、暗号資産の生成やコードの更新状況などの技術力の分析、ブロックチェーン業界のハイライトやプライマリーマーケットのプロジェクトの進捗状況を詳細にレビューしており、投資家がタイムリーかつ迅速に市場全体の動向や開発動向を把握し、多様な分析で最新の業界進捗状況を理解するのに役立ちます。

連絡先

免責事項

  1. Huobiブロックチェーン研究院は、本レポートに関わる暗号資産やその他の第三者と、レポートの客観性、独立性、公平性に影響を与えるような提携関係にはありません。
  2. 本レポートに引用されている情報やデータは、準拠した情報源からのものであり、その情報源はHuobiブロックチェーン研究院が信頼できると判断したものであり、その信憑性、正確性、完全性について必要な検証を行っていますが、Huobiブロックチェーン研究院は、その信憑性、正確性、完全性についていかなる保証も行いません。
  3. 本レポートの内容は参考情報であり、本報告書に記載されている事実や意見は、当該暗号資産に関する投資助言を行うものではありません。Huobiブロックチェーン研究院は、法令で明示的に定められている場合を除き、当該情報に基づいて被ったいかなる損害について、当社および情報提供者は一切責任を負わないものとします。読者の皆様におかれましては、本レポートのみに依拠して投資判断を下すことはお控えいただき、投資に関するご決定は皆さまご自身の判断において行われるようお願いいたします。
  4. 本レポートに記載されている情報、意見、推測は、本レポートを確定する時点での研究者の判断を反映したものであり、将来、業界の変化やデータ・情報の更新により、意見や判断が更新される可能性があることをご了承ください。
  5. 本レポートの著作権はHuobiブロックチェーン研究院のみが所有しており、本レポートの内容を引用する必要がある場合は、出典を明記してください。大幅な引用が必要な場合は事前にご連絡いただき、許可の範囲内でご使用ください。いかなる場合においても、本レポートを本来の意図に反して引用、簡略化、修正することはできません。
暗号資産ご利用の際の注意
暗号資産は、円やドルなどのように国がその価値を保証している「法定通貨」ではありません。インターネット上でやりとりされる電子データです。 暗号資産は、対価の弁済を受ける者の同意がある場合に限り代価の弁済のため に使⽤することができます。 暗号資産は、価格が変動することがあります。暗号資産の価格が急落したり、突然無価値になってしまったりと、損失を被る可能性があります。 暗号資産交換業者は金融庁・財務局への登録が必要です。当社は登録済みの暗号資産交換業者です。 暗号資産の取引を行う場合、事業者から説明を受け、取引内容をよく理解し、ご自身の判断で行ってください。 リスク警告: https://www.huobi.co.jp/about/risk/