Huobi レポート

Huobiブロックチェーン業界週報(第169号)

2021年5月31日-2021年6月6日

概要

中国のHot Topics

・青海省工業情報化局:暗号資産「マイニング」施設を全面閉鎖。

・于佳宁氏、李慧氏などの業界専門家、ブロックチェーンアプリケーション作業員の国家標準の作成に参加。
人力資源・社会保障省と工業・情報技術省が共同で専門家を招いて策定した「ブロックチェーンアプリケーション作業員国家職業技能基準(2021年版)」が正式に発表された。

・Huobi Technologyの大学ブロックチェーン実験プラットフォーム、重慶電子工程職業学院に導入、ブロックチェーン業界の人材育成に貢献。
Huobi Technologyが開発した大学向けブロックチェーン実験プラットフォームが、重慶電子工程職業学院に正式に導入された。

・Huobi Technology、2021年中国企業競争力夏季サミットに参加、産業界のデジタル化について議論。
中国経営新聞社が主催する「2021年中国企業競争力夏季サミット」が北京で開催された。

 

業界での応用

・スペインの水産会社、サプライチェーン追跡でIBMと提携。
Nueva Pescanovaでは、ブロックチェーン技術を活用して、アルゼンチンでのエビ漁とエクアドルでのエビ養殖を追跡している。

・体外受精の経過、ブロックチェーンで追跡。

・オーストリアのブロックチェーン企業、太陽光発電をトークン化するプラットフォームを構築。
ウィーンに拠点を置くブロックチェーン企業Riddle&Code Energy Solutions社は、消費者がトークンで太陽光発電に投資するためのプラットフォームを構築した。

 

国際政策

・イラン大統領、暗号資産取引の法的枠組みの構築を求める。
イランは、暗号資産の法的枠組みを構築する方法を模索している一方、ビットコインのマイニングはイラン国内で禁止されている。

・世界経済フォーラム、「DeFi 政策ツールキット」を発表。

・ガーナ、中央銀行デジタル通貨(CBDC)の試験運用に向けて準備。
ガーナ中央銀行(BoG)は、中央銀行デジタル通貨(CBDC)の試験導入に向けて動いていると報じられています。

 

▼今週のビットコイン各種数値(前週比)

ハッシュレート ▼down
採掘難易度 ±0
平均ブロックサイズ ▲up
平均ブロックトランザクション数 ▲up
マイニング手数料 ▲up

blockchain.infoのデータによると、2021年6月13日時点で、ブロックチェーンウォレットの総ユーザー数は73,978,203人に達し、前週から0.35%増加しています。

今週の、ブロックチェーン業界の投融資プロジェクトは2件。
Luxorは「NYDIG」が主導するシリーズAラウンドで500万USDを調達し、Unchained Capitalは「NYDIG」等から2,500万USDを調達しました。

1.今週のブロックチェーン関連ニュース

1.1中国のHot Topics

青海省工業情報化局:暗号資産「マイニング」施設を全面閉鎖。

青海省工業情報化局は、暗号資産「マイニング」施設の全面的閉鎖に関する通知を出し、すべての地域に「マイニング」業者向けの作業停止措置を要求しました。
①マイニングプロジェクトの承認・許可を厳禁、既存の「マイニング」施設を完全に閉鎖すること。
②ビッグデータ、スーパーコンピューティングセンターなどの名目で暗号資産の「マイニング」を実施する業者の取締り強化。マイニング業者への土地・電力提供の停止。
③後日の実施状況点検に向けて、関連資料を準備すること。

于佳宁氏、李慧氏などの業界専門家、ブロックチェーンアプリケーション作業員の国家標準の作成に参加。

人力資源・社会保障省と工業・情報技術省が共同で専門家を招いて作成した「ブロックチェーンアプリケーション作業員国家職業技術技能基準(2021年版)」が正式に発表されました。于佳宁氏と李慧氏はブロックチェーン業界の専門家として基準の作成に参加しました。基準では、ブロックチェーンアプリケーション作業員を、ブロックチェーン技術やツールを使い、政府、金融、医療、教育、介護などの場面でのシステムアプリケーションを運用する者と定義しており、4級/中級作業員、3級/上級作業員、2級/技術員、1級/上級技術員の4級に分けており、それぞれについて職業概要、基本要件、職務要件、加重表の4つの面から説明しています。
Huobi Technologyは、ブロックチェーン産業のエコロジー構築を業界に先駆けて進め、研究院、産業支援センター、ラボという3つの事業を立ち上げ、各地域の政府や大学と連携してブロックチェーンの講座や人材育成プログラムを実施し、蓄積されたノウハウを活かして教科書の発行やコンテストの実施などさまざまな方法で業界の人材育成に尽力しています。

Huobi Technologyの大学ブロックチェーン実験プラットフォーム、重慶電子工程職業学院に導入、ブロックチェーン業界の人材育成に貢献。

Huobi Technologyの大学向けブロックチェーン実験プラットフォームが、重慶電子工程職業学院で正式に導入されました。導入に伴い、Huobi Technologyと重慶電子工程職業学院の提携が実用段階に入り、Huobi Technologyは「ブロックチェーン+教育」分野で新たな実績を積みました。現在、ブロックチェーン分野の人材育成が大きなトレンドとなっていますが、教育内容が多く、実技の教育基準不足、研修事例が少なく、カリキュラムが不完全など、ブロックチェーンの実技教育にはまだ多くの課題があります。
Huobi Technologyは、これらの課題に着眼し、理論から実践までを含む包括的なブロックチェーン教育プラットフォームを開発しました。Huobi Technology Industry Empowerment Centerの責任者である范进氏によると、今回導入されたプラットフォームは、重慶電子工程職業学院の人材育成プログラムに合わせて開発したものであり、実用性を重視し、学生の実践能力を向上させ、産業発展の方向性について理解を深めることができます。Huobi Technologyと重慶電子工程職業学院は、2019年にブロックチェーン分野の人材育成における提携を開始し、2020年に、Huobi Technologyは重慶電子工程職業学院のカリキュラム設置や、授業教材の企画、教員教育や実技トレーニングプラットフォームの構築を支援しました。

Huobi Technology、2021年中国企業競争力夏季サミットに参加、産業界のデジタル化について議論。

中国経営新聞社が主催する「2021年中国企業競争力夏季サミット」が北京で開催され、学界やビジネス界から数百人が参加しました。Huobi Technology、CEOの袁煜明氏などが、産業のデジタル化やエコロジー構築などの議題に関する議論に参加しました。
多くの企業が新技術の導入や企業のデジタル化を加速させている中、新しいデジタル技術の代表格であるブロックチェーンもますます注目されるようになっています。袁煜明氏は、基調講演「デジタル技術-産業のデジタル変革を後押しする」の中で、ブロックチェーンはデジタル化の波で重要な役割を担う存在であり、ブロックチェーンの最も重要な価値は低コストの多者間相互信頼であり、全体の市場規模はまだ発展の余地がると述べています。

1.2 業界での応用

スペインの水産会社、サプライチェーン追跡でIBMと提携。

スペインの水産会社・Nueva Pescanova Groupは、IBMとパートナーシップを結び、サプライチェーン・トレーサビリティに特化した分散型台帳技術プラットフォームであるFood Trustを活用することを発表しました。
IBMの発表によると、このパートナーシップはすでに始まっており、Nueva Pescanova社はブロックチェーン技術を使って、アルゼンチンでのエビ漁とエクアドルでのエビ養殖を追跡しています。発表の中で、Nueva Pescanova GroupのIgnacio GonzálezCEOは、このトレーサビリティー・プラットフォームによって、国連が定めた世界的な水産物のトレーサビリティー基準を満たすことができると述べています。
食品業界向けに設計されたIBMのFood Trustトレーサビリティー・プラットフォームによって、ネットワーク・メンバーが製品の包括的なサプライチェーン・データを「ほぼリアルタイム」で閲覧できるようになり、メーカー業務の大幅な効率化やグローバル市場での不正の最小化、安全性と持続可能性の確保にも役立ちます。

体外受精の経過、ブロックチェーンで追跡。

エンタープライズ・ブロックチェーンのVeChainは、上海仁済病院と提携し、体外受精(IVF)サービスのためのブロックチェーンベースのアプリケーション「MyBaby」というスマート・ヘルスケア・プロジェクトを立ち上げることを発表しました。また、このプロジェクトでは、VeChainのパートナーであるDNVが、VeChainと協力して、サプライチェーンガバナンスに加えて、製品とデジタル保証を提供しています。
MyBabyプロジェクトは、ブロックチェーン上で追跡される受精卵の成長過程に関するすべてのデータを家族が閲覧できるようにすることで、体外受精のプロセスを改善することを目的としています。
VeChainは、MyBabyアプリが体外受精に伴う不安や憂鬱、ストレスを軽減することができると考えています。MyBabyサービスの一環として、体外受精の過程で得られたすべての情報とデータは、「医療機器で生成された画像から受精卵そのものの受け渡しまで」を含めて、VeChainブロックチェーンにアップロードされ、MyBabyアプリの正規ユーザーのみがアクセスできる情報となります。

オーストリアのブロックチェーン企業、太陽光発電をトークン化するプラットフォームを構築。

ウィーンに拠点を置くブロックチェーン企業Riddle&Code Energy Solutions社は、消費者がトークンで太陽光発電に投資するためのプラットフォームを構築しました。このプラットフォームでは、ソーラーパネル資産の出力をトークン化し、顧客は発電量に応じて電力を支払うことができます。
Riddle&Code Energy Solutions社は、オーストリアのエネルギープロバイダーであるWien Energie社と提携し、MyPowerを設立しました。MyPowerは、ソーラーパネル資産をトークン化し、顧客がオーストリアのソーラー産業の株式を購入できるようにします。プロジェクトの初期段階では、一部顧客が小型ソーラーパネル工場の株を購入し、工場で生産されたエネルギーに応じたトークンを受け取りました。顧客は、このトークンを使って電気料金を支払うことができます。

1.3国際政策

イラン大統領、暗号資産取引の法的枠組みの構築を求める。

イランは、暗号資産の法的枠組みを構築する方法を模索していますが、一方でビットコインのマイニングはイラン国内で禁止されたままです。イランのḤasan Rowḥānī大統領は、内閣の経済調整評議会の会合で、国家の利益を維持・保護するために、暗号資産を合法化する必要性を強調しました。
Ḥasan Rowḥānī大統領は、国家は暗号資産やデジタル通貨に関する法的・技術的要件に注意を払わなければならないと述べ、暗号通貨取引のリスクに言及し、リスクに関する意識向上が必要だと強調しました。「暗号資産の合法化と資産保護のために、私たちはできるだけ早く解決策を考え出し、必要な法律と指針を策定して公表する必要があります。」Ḥasan Rowḥānī大統領は、暗号資産の法的枠組みを確立するために異なる政党間の共同研究を呼びかけました。「資本市場の関連機関は、暗号資産とその法律や指針に関する情報公開や教育、意識普及について、メディアやネットと協力すべきである」と述べています。

世界経済フォーラム、「DeFi 政策ツールキット」を発表。

規制された分散型金融(reg-DeFi)が暗号資産界隈で話題になる中、世界経済フォーラム(WEF)は、DeFiに関する政策ツールキットを発表しました。WEFの「分散型金融政策ツールキット」は、新興のデジタル資産市場向けの公正で効率的で実施可能な規制を目指しています。
WEFは、ペンシルバニア大学ウォートンスクールのBlockchain and Digital Assets Programと提携したと報じられています。また、この政策ツールキットの開発には、DeFiの起業家、法律専門家、金融規制当局も参加しました。
WEFは、このツールキットが、DeFi規制の重点をを検討するための基盤を提供しているとしています。国や政府機関のDefi規制強化の動きにより、新興産業の小規模なスタートアップ企業が不利になる可能性があると指摘する関係者もいます。

ガーナ、中央銀行デジタル通貨(CBDC)の試験運用に向けて準備。

ガーナ中央銀行(BoG)は、中央銀行デジタル通貨(CBDC)の試験導入に向けて動いていると報じられています。
ガーナの首都アクラで行われた記者会見で、ガーナ中央銀行のErnest Addison総裁は、ガーナ中央銀行がCBDCの設立の最終段階にあることを明らかにしました。
Addison総裁によると、最終段階では、CBDCが全国に流通する前に、その実現可能性に関する問題を最終的に解決するためのパイロット・スタディが行われる予定です。これまでのプロセスについて、Addison総裁は、設計段階はほぼ完了し、第2段階に向けた準備が整ったと述べています。今回のパイロットスタディでは、予定されているモバイル決済e-cediを限定的に展開することになると報じられています。

2.技術能力分析

2.1暗号資産の難易度調整と収益分析

今週のビットコインのハッシュレートは下落。
2021年6月7日〜2021年6月13日、ビットコインのネットワーク全体のハッシュレートの平均は136.3EH/sと、前週から9.74%下落しました。

図2.1ビットコインのハッシュレート

データソース:blockchain.info

今週のビットコインの採掘難易度は前週と変わらず。
2021年6月13日時点のビットコイン採掘難易度は21.04Tと、前週と変わらずでした。

図2.1ビットコインの採掘難易度

データソース:blockchain.info

ビットコインネットワーク全体の週間ブロック生成数は900ブロックで前週比10.63%減、トップ5の順位は以下の通りです。

ブロック生成数 割合 ハッシュパワー
AntPool 121 13.44 % 18.09 EH/s
F2Pool 120 13.33 % 17.94 EH/s
Poolin 118 13.11 % 17.64 EH/s
ViaBTC 109 12.11 % 16.30 EH/s
BTC.com 95 10.56 % 14.20 EH/s

 

図2.5ビットコインマイニングプールのシェア率

データソース:BTC.com

 

2.2 アクティビティ統計

今週のビットコイン平均ブロックサイズと、1ブロックあたりの平均トランザクション数は共に増加。
blockchain.infoのデータによると、2021年6月7日〜2021年6月13日までの1週間におけるビットコインの1ブロックあたりの平均サイズは1.49MBで、前週から37.96%増加し、1ブロックあたりの平均トランザクション数は1,688回で、前週から13.67%増加しました。

図2.7ビットコインの平均ブロックサイズ-(7日平均)

図2.8ビットコインの1ブロックあたりの平均トランザクション数-(7日平均)


データソース:blockchain.info

今週のビットコインの未確認取引の平均件数は49.39%減少。
2021年6月13日時点では、ビットコインの7日間の平均未確認取引件数は1,201件で、前週から49.39%減少しています。

図2.11ビットコイン未確認取引数

データソース:blockchain.info

今週のビットコインのマイニング手数料は増加、イーサリアムのマイニング手数料は低下。
2021年6月13日時点では、ビットコインの1日あたりの平均マイニング手数料は5.695 USDで前週から2.06%増、イーサリアムの1日あたりの平均マイニング手数料は3.992 USDで前週から4.95%減となっています。

図2.13ビットコイン、イーサリアムのマイニング手数料

データソース:bitinfocharts

ビットコイン検証ノード数は、前週より1.19%減。
2021年6月13日時点では、ビットコインの検証ノード数は9,552と前週から1.19%減少しています。内訳は、ドイツが1,668ノード(17.46%)、米国が1,640ノード(17.17%)、中国が167ノード(1.75%)で第10位となっています。

図2.15ビットコイン検証ノード数、国別ランキング


データソース:bitnodes

今週のビットコインユーザーは前週より増加。
blockchain.infoのデータによると、2021年6月13日時点では、ブロックチェーンウォレットの総ユーザー数は73,978,203人に達し、前週から0.35%増加しています。


データソース:blockchain.info

3.プライマリー市場の投融資動向

今週のブロックチェーン業界における投融資プロジェクトは2件。
Luxorは「NYDIG」が主導するシリーズAラウンドで約500万USDを調達し、Unchained Capitalは「NYDIG」から2,500万USDを調達しました。

表4.1今週の投融資プロジェクト

プロジェクト名 ラウンド 融資金額 投資機関 企業の概要
Luxor シリーズA 500万USD NYDIGが主導 ハッシュレート管理プラットフォーム
Unchained Capital 戦略的投資 2500万USD NYDIGが主導 暗号資産金融サービスプロバイダー

データソース:IT桔子、coindesk

Huobiブロックチェーン応用研究院

私達について

2016年4月に設立された「Huobiブロックチェーン応用研究院」(以下、「Huobi研究院」)は、2018年3月より、ブロックチェーンにおける技術研究、業界分析、アプリケーションのイノベーションモデル調査を中心に、ブロックチェーンの各分野における研究・調査を総合的に展開しています。私たちは、ブロックチェーンの研究プラットフォームを構築し、ブロックチェーン産業のプレーヤーに確かな理論的基礎とトレンド分析を提供し、ブロックチェーン業界全体の発展を促進したいと考えています。「Huobiブロックチェーン業界週間レポート」は、Huobi研究院が立ち上げたブロックチェーン業界に関する週間レポートです。報告書では主に、市場全体のレビュー、大まかなカテゴリーのプロジェクトのパフォーマンス、暗号資産の生成やコードの更新状況などの技術力の分析、ブロックチェーン業界のハイライトやプライマリーマーケットのプロジェクトの進捗状況を詳細にレビューしており、投資家がタイムリーかつ迅速に市場全体の動向や開発動向を把握し、多様な分析で最新の業界進捗状況を理解するのに役立ちます。

連絡先

免責事項

  1. Huobiブロックチェーン研究院は、本レポートに関わる暗号資産やその他の第三者と、レポートの客観性、独立性、公平性に影響を与えるような提携関係にはありません。
  2. 本レポートに引用されている情報やデータは、準拠した情報源からのものであり、その情報源はHuobiブロックチェーン研究院が信頼できると判断したものであり、その信憑性、正確性、完全性について必要な検証を行っていますが、Huobiブロックチェーン研究院は、その信憑性、正確性、完全性についていかなる保証も行いません。
  3. 本レポートの内容は参考情報であり、本報告書に記載されている事実や意見は、当該暗号資産に関する投資助言を行うものではありません。Huobiブロックチェーン研究院は、法令で明示的に定められている場合を除き、当該情報に基づいて被ったいかなる損害について、当社および情報提供者は一切責任を負わないものとします。読者の皆様におかれましては、本レポートのみに依拠して投資判断を下すことはお控えいただき、投資に関するご決定は皆さまご自身の判断において行われるようお願いいたします。
  4. 本レポートに記載されている情報、意見、推測は、本レポートを確定する時点での研究者の判断を反映したものであり、将来、業界の変化やデータ・情報の更新により、意見や判断が更新される可能性があることをご了承ください。
  5. 本レポートの著作権はHuobiブロックチェーン研究院のみが所有しており、本レポートの内容を引用する必要がある場合は、出典を明記してください。大幅な引用が必要な場合は事前にご連絡いただき、許可の範囲内でご使用ください。いかなる場合においても、本レポートを本来の意図に反して引用、簡略化、修正することはできません。
暗号資産ご利用の際の注意
暗号資産は、円やドルなどのように国がその価値を保証している「法定通貨」ではありません。インターネット上でやりとりされる電子データです。 暗号資産は、対価の弁済を受ける者の同意がある場合に限り代価の弁済のため に使⽤することができます。 暗号資産は、価格が変動することがあります。暗号資産の価格が急落したり、突然無価値になってしまったりと、損失を被る可能性があります。 暗号資産交換業者は金融庁・財務局への登録が必要です。当社は登録済みの暗号資産交換業者です。 暗号資産の取引を行う場合、事業者から説明を受け、取引内容をよく理解し、ご自身の判断で行ってください。 リスク警告: https://www.huobi.co.jp/about/risk/