Huobi レポート

Huobiブロックチェーン業界週報(第176号)

2021年7月26日-2021年8月1日

概要

中国のHot Topics

・中国インターネット情報局:雲南スーパーコンピューティングセンターの建設を計画。

・「動産のデジタルローン」で江西地酒の発展をサポート。
江西銀行吉安支店、Huobi Technology、赣酒会社の三者協力により、「ベース酒+在庫+サプライチェーン+ブロックチェーン」モデルで中小零細企業への融資支援を強化し、企業と銀行が動産金融の統一登録・公示システムの登録、動産登録、質権処理をする際の利便性を大幅に改善しました。

・DAOの発展:DAOの発展プロセスとガバナンスの仕組みを解説。

・Labs、NFTの全体図を詳細に説明する初のNFT実践コースを開始。
先日、Labsが主催する「新しい波は新たなチャンス-技術と文化のNFTを読み解く」コースが成都で正式に開講しました。

 

業界での応用

・PayPalの暗号資産「super app wallet」、まもなく展開。
決済サービスを提供するPayPalは、同社のユーザーがプラットフォームを通じてより多くの暗号機能を利用できるようになるまで、それほど長くはかからないだろうと述べています。

・コカ・コーラ社、チャリティのためにNFTに正式参入。
世界で最もよく知られているブランドのひとつであるコカ・コーラは、スペシャルオリンピックス・インターナショナルへの寄付金を募るために、NFTのコレクションをリリースする予定です。

・Dash、米国内の小売店の買い物に利用できる消費者向けアプリを発表。

 

国際政策

・カザフスタン、銀行に暗号資産購入の処理を許可すると報道。

・Blockchain Australia、州に暗号資産のセーフハーバーを要請。
現地の暗号資産業界を代表する主要な協会であるBlockchain Australiaは、連邦政府に暗号資産規制案を正式に提示しました。

・CBDC、世界のGDPの90%以上を占める国々が検討。
世界各国の政府は、CBDCの研究やユースケースの検討に多くのリソースを投入しています。

 

▼今週のビットコイン各種数値(前週比)

ハッシュレート ▲up
採掘難易度 ▼down
平均ブロックサイズ ▼down
平均ブロックトランザクション数 ±0
マイニング手数料 ▲up

blockchain.infoのデータによると、2021年8月1日時点で、ブロックチェーンウォレットの総ユーザー数は75,030,218人と、前週から0.18%増加しています。

今週の、ブロックチェーン業界の投融資プロジェクトは2件。
Prime Trustは「Mercato Partners」が主導するシリーズAラウンドで6,400万USDを調達し、Pastelは「Innovating Capital」が主導するシードラウンドで500万USDを調達しました。

1.今週のブロックチェーン関連ニュース

1.1中国のHot Topics

中国インターネット情報局:雲南スーパーコンピューティングセンターの建設を計画。

雲南省発展改革委員会が発表した「雲南省第十四次五カ年計画雲上雲行動計画(意見募集稿)」と「雲南省第十四次五カ年計画新インフラ建設計画(意見募集稿)」では、2025年までに、雲南省のデジタル化を全国でトップレベルにする目標を掲げました。この目標を達成するために、雲南省では、省内の統合ビッグデータセンター体系の構築を実施し、均衡的に配置された、協働的で、持続可能なコンピューティングインフラ体系を構築し、人工知能、ブロックチェーンなどの分野を中心に、一連のデジタルインフラを積極的に配置し、健全なデジタル化発展を支える基礎インフラを構築します。
情報インフラの面では、グリーンデータセンター、人工知能演算センター、ブロックチェーン演算センター、スーパーコンピューティングセンター、エッジコンピューティングセンター、国際インターネットデータセンター、その他の大型演算センターなど、多くの大型演算インフラプロジェクトを策定、実施します。

「動産のデジタルローン」で江西地酒の発展をサポート。

中国江西省吉安市新干県にある江西赣酒酒造有限責任会社は、醤香型白酒と清香型白酒の開発・製造・販売を行う江西の老舗です。この企業は、第5回国際名酒品評会の金賞や江西礼賓酒など、数々の賞を受賞しており、また、醸造工程は吉安の無形文化遺産にも登録されており、最盛期には省、市、県レベルで30以上の代理店が存在していました。しかし、昨年のコロナの流行により在庫が大量に溜まり、代理店がタイムリーに購入代金を支払えず、生産・販売の拡大計画に支障をきたしていました。
中国人民銀行南昌中央支店と吉安中央支店の積極的な調整のもと、江西省融資担保会社の保証を得て、江西銀行新干支店は、生産に必要な原材料の購入のために赣酒会社に500万人民元の融資を実行しました。同時に、流通業者の仕入れ代金の回収難の問題を解決するために、瀘州老窖(白酒)の融資モデルを積極的に導入し、江西銀行吉安支店、Huobi Technology、赣酒会社の三者協力により、「ベース酒+在庫+サプライチェーン+ブロックチェーン」モデルで中小零細企業への融資支援を強化し、企業と銀行が動産金融の統一登録・公示システムの登録、動産登録、質権処理をする際の利便性を大幅に改善しました。このように、赣酒会社がベース酒を担保登録に使い、Huobi Technologyが「ブロックチェーン」を使ってベース酒を動的に追跡し、江西銀行が赣酒企業の川下の流通業者に信用融資を実行し、流通業者に継続的、安定的、効率的な低コストの金融支援を提供しています。

DAOの発展:DAOの発展プロセスとガバナンスの仕組みを解説。

DAOの分類方法としては、広義狭義別、技術モデル別、シナリオ別などが主流です。 主流のDAOの共通点、相違点、メリット・デメリットを探るために、ガバナンスの枠組みに応じて分類します。
1)オフチェーンプロポーザル、参加資格、プロポーザル予測市場などの調整メカニズムの有無に応じて分類します。
2)トークンベースの定足数投票、二次投票、相対的多数決などの投票と意思決定のメカニズムに応じて分類します。
さらに、異なるガバナンスフレームワークの下でのDAOの代表と、そのメリット・デメリットを分析しています。
1)Aragonフレームワークは理解しやすいですが、調整メカニズムがなく、公平性に問題があります。
2)Maker DAOベースのオフチェーン+オンチェーンモデルは、ガバナンス活動を推進し、セキュリティを向上させることができますが、集中化、コスト、モチベーションの問題があります。
3)Molochベースのモデルは、最小の可用性を達成し、公平性を最適化できますが、悪意のある提案を受けやすく、プロセスが遅いです。
4) DAO Stackベースのフレームワークは、メンバーの関心を集中させ、上記のモデルの公平性と安全性を向上させることができますが、決議の質やガバナンスのインセンティブの問題を拡大させてしまいます。

全文はこちら:https://mp.weixin.qq.com/s/YiHcnTeALUj8McFGVqeA7Q

Labs、NFTの全体図を詳細に説明する初のNFT実践コースを開始。

先日、Labsが主催する「新しい波は新たなチャンス-技術と文化のNFTを読み解く」コースが成都で正式に開講しました。
NFT(non-fungible token)のコンセプトは、ますます多くの人々に受け入れられています。 NBA TopShot、映画やドラマなど各種コンテンツのNFT、そして少し前に大ヒットしたAlipayのNFTスキンなどが、人々の熱狂に火をつけています。NFTが脚光を浴びている今、Labsは率先してNFT分野の実践的なコースを立ち上げ、一般の人々のNFTの理論体系構築と実践的なアプローチを体系的に構築し、業界の発展が曖昧な時期に正しい認識を確立できるよう支援しています。
Labsのゼネラルマネージャーである袁瑞娟氏は、実践講座の中で、ブロックチェーンの発展の過程は浮き沈みのある「SF+魔法+ファンタジー」ドラマであると述べています。現在、規制を受け入れ、政策に準拠することが唯一の道であり、規制に準拠したNFTは、高成長が見込める新興分野です。このコースでは、NFTの分野におけるHot Topicsとスタープロジェクトに触れ、技術ルート、シナリオ、応用ケースの視点からNFTの生態を包括的に説明するとともに、NFTの発行から利用までまでの全プロセスを解説します。

1.2 業界での応用

PayPalの暗号資産「super app wallet」、まもなく展開。

Dan Schulman氏は、このプロジェクトはすでに「コードが完成」しており、今後数ヵ月のうちに米国で本格的に立ち上げる予定だと述べました。決済サービスを提供するPayPalは、同社のユーザーがプラットフォームを通じてより多くの暗号機能を利用できるようになるまで、それほど長くはかからないだろうと述べています。
7月28日に行われたPayPalの2021年第2四半期の投資家向け決算説明会で、CEOのDan Schulmanは、同社の「super app wallet」の初期バージョンは「コードは既に完成しており、今後数ヶ月のうちに米国でウォレットを本格的に稼働させる予定である」と述べました。
この「super app wallet」は、高利回りの預金、口座振替資金への早期アクセス、メッセージング機能とともに「新たなの暗号資産機能」などを備えているという。Dan Schulman氏は、「それぞれのwalletが高度なAIと学習機能によって駆動されるユニークなものになる」と述べています。

コカ・コーラ社、チャリティのためにNFTに正式参入。

Selman Careaga氏は、「それぞれのNFTは、コカ・コーラブランドの中核となる要素を、バーチャルな世界で新たに解釈し、エキサイティングな方法で表現しています。」と述べています。
世界で最もよく知られているブランドのひとつであるコカ・コーラは、スペシャルオリンピックス・インターナショナルへの寄付金を募るために、NFTのコレクションをリリースする予定です。OpenSeaのマーケットプレイスでは、7月30日から3日間、コカ・コーラブランドのNFTのオークションを開催します。デジタルデザイナーのTafi氏と共同で制作したNFTコレクションは、「ビデオゲームのルートボックスにヒントを得て」作られており、作品を購入した人だけが手に入れることのできる「隠されたサプライズ」が含まれています。コカ・コーラのクラッシックな自動販売機が特徴の「Friendship Boxes」には、イーサリアムベースのメタバース(仮想現実世界)である「Decentraland」で使用できる「ウェアラブルバブルジャケット」、「フレンドシップカード」、ボトルの開栓音や氷に飲み物を注ぐ音、炭酸飲料によくあるフィズの音などを再生する「サウンドビジュアライザー」などが入っています。
ソフトドリンク愛好家は、8月2日までOpenSeaを通じてEther(ETH)で入札することができます。

Dash、米国内の小売店の買い物に利用できる消費者向けアプリを発表。

Dashは、アメリカ国内の店舗で暗号資産DASHを使うことができる消費者向けアプリ「DashDirect」をリリースしたことを発表しました。また、Dash社は、この新しいアプリを利用してユーザーが購入した際に最大12%の割引を適用されることを明らかにしました。
こうした割引機能について、DashDirectの創設者でありCrayPayのCEOであるMashall Greenwald氏はCointelegraphに次のように述べています。「これにより、誰もが日常の買い物で米ドルを使うのと同じように簡単にDashを使うことができます。さらに、分散型マネーの保護が付加されており、Dashの効率的で低コストな取引とDashDirectの独自のマーチャントネットワークにより、平均5%の節約ができます。」

1.3国際政策

カザフスタン、銀行に暗号資産購入の処理を許可すると報道。

カザフスタン政府は、地元の銀行機関が暗号資産取引用の銀行口座を開設することを正式に認可する予定であると報じられています。
カザフスタンのいくつかの銀行が、ビットコイン(BTC)などの暗号資産を提供する企業や事業へのサービス提供を近々正式に承認されると、地元のニュースチャンネル「Khabar 24」が報じました。報道では、カザフスタンのデータセンター産業およびブロックチェーン協会の幹部の発言を引用し、暗号資産取引所は、カザフスタンの主要な金融ハブであるアスタナ国際金融センターのプロジェクトに登録することで、銀行と協力できるようになります。どのような金融機関や銀行がパイロットプロジェクトに参加するかは不明であることを指摘しています。
このパイロットプロジェクトは、地元の暗号資産事業者が合法的に暗号資産投資サービスを提供できるようにし、投資家がビットコインなどの暗号資産を安全に売買できるようにすることを目的として、1年間実施されると報じられています。また、このプロジェクトの一環として、カザフスタン政府は、同国ではまだ暗号資産取引が法的に認められていないため、暗号資産投資に関連する潜在的なリスクを評価する意向であるとのことです。

Blockchain Australia、州に暗号資産のセーフハーバーを要請。

現地の暗号資産業界を代表する主要な協会であるBlockchain Australiaは、連邦政府に暗号資産規制案を正式に提示しました。同協会は、上院の「Australia as a Technology and Financial Centre」特別委員会に暗号資産規制案を提出し、国内の暗号資産サービスプロバイダーにセーフハーバーを提供するよう政府に求めました。
Blockchain Australiaは、「目的に合った規制の枠組み」を採用するためには、協調的かつ段階的なアプローチの必要であり、国内のイノベーションと競争を確保するとともに、消費者の利益を向上させる必要があると強調しました。
暗号資産擁護団体は、国内産業は「規制の明確化を何年も待つ余裕はなく」、国内消費者は国内で規制された暗号資産サービスにアクセスするための信頼性を必要としていると強調し、「政府および関連規制当局は、ガイダンスまたは法律を導入するまでの間、暗号資産プロバイダーにセーフハーバーを提供すべきである。どのような法律であっても、適切な移行期間を設け、遡及して適用するべきではない。」と述べています。

CBDC、世界のGDPの90%以上を占める国々が検討。

世界各国の政府は、CBDCの研究やユースケースの検討に多くのリソースを投入しています。主要国の中では、中国が先行しているようで、2022年の北京冬季オリンピックでデジタル人民元の使用を実施する計画があります。
Atlantic Councilが発表した新しいCBDC追跡調査によると、中央銀行デジタル通貨(CBDC)の機会と課題を理解しようとする試みが81カ国で行われており、そのうち5カ国が自国通貨のデジタル版を完全に導入しています。
カリブ海地域には、現在使用されている5つのCBDCの全てが存在し、バハマ、セントクリストファー・ネイビス、アンティグア・バーブーダ、セントルシア、グレナダがデジタルキャッシュシステムを導入しています。また、韓国やスウェーデンを含む14カ国では、CBDCが試験的に導入されています。4大中央銀行(米国連邦準備制度理事会、欧州中央銀行、日本銀行、イングランド銀行)がある国の中で、米国はCBDCの導入が最も遅れていると言われています。

2.技術能力分析

2.1暗号資産の難易度調整と収益分析

今週のビットコインのハッシュレートは上昇。
2021年7月26日〜2021年8月1日、ビットコインのネットワーク全体のハッシュレートの平均は107.8EH/sと、前週から8.94%上昇しました。

図2.1ビットコインのハッシュレート

データソース:blockchain.info

今週のビットコインの採掘難易度は前週より下落。
2021年8月1日時点のビットコイン採掘難易度は13.67Tにとどまり、前週より0.65%下落しました。

図2.1ビットコインの採掘難易度

データソース:blockchain.info

ビットコインネットワーク全体の週間ブロック生成数は1,124ブロックで前週比9.23%増、トップ5の順位は以下の通りです。

ブロック生成数 割合 ハッシュパワー
AntPool 184 16.37 % 18.06 EH/s
ViaBTC 136 12.10 % 13.35 EH/s
Binance Pool 126 11.21 % 12.37 EH/s
Poolin 124 11.03 % 12.17 EH/s
BTC.com 107 9.52 % 10.50 EH/s

 

図2.5ビットコインマイニングプールのシェア率

データソース:BTC.com

 

2.2 アクティビティ統計

今週のビットコイン平均ブロックサイズは減少、1ブロックあたりの平均トランザクション数は変わらず。
blockchain.infoのデータによると、2021年7月26日〜2021年8月1日までの1週間におけるビットコインの1ブロックあたりの平均サイズは977.0KBで、前週から0.61%減少し、1ブロックあたりの平均トランザクション数は1,494回で、前週と変わらずでした。

図2.7ビットコインの平均ブロックサイズ-(7日平均)

図2.8ビットコインの1ブロックあたりの平均トランザクション数-(7日平均)


データソース:blockchain.info

今週のビットコインの未確認取引の平均件数は2.68%上昇。
2021年8月1日時点では、ビットコインの7日間の平均未確認取引件数は2,451件で、前週から2.68%上昇しています。

図2.11ビットコイン未確認取引数

データソース:blockchain.info

今週のビットコインのマイニング手数料、イーサリアムのマイニング手数料は共に上昇。
2021年8月1日時点では、ビットコインの1日あたりの平均マイニング手数料は2.255USDで前週から2.87%増、イーサリアムの1日あたりの平均マイニング手数料は9.857 USDで前週から153.92%増となっています。

図2.13ビットコイン、イーサリアムのマイニング手数料

データソース:bitinfocharts

ビットコイン検証ノード数は、前週より14.22%減。
2021年8月1日時点では、ビットコインの検証ノード数は10,735と前週から14.22%減少しています。内訳は、米国が1,823ノード(16.98%)、ドイツが1, 720ノード(16.02%)、中国が153ノード(1.43%)で第10位となっています。

図2.15ビットコイン検証ノード数、国別ランキング


データソース:bitnodes

今週のビットコインユーザーは前週より増加。
blockchain.infoのデータによると、2021年8月1日時点では、ブロックチェーンウォレットの総ユーザー数は75,030,218人に達し、前週から0.18%増加しています。


データソース:blockchain.info

3.プライマリー市場の投融資動向

今週のブロックチェーン業界における投融資プロジェクトは2件。
Prime Trustは「Mercato Partners」が主導するシリーズAラウンドで6,400万USDを調達し、Pastelは「Innovating Capital」が主導するシードラウンドで500万USDを調達しました

表4.1今週の投融資プロジェクト

プロジェクト名 ラウンド 融資金額 投資機関 企業の概要
Prime Trust シリーズA 6,400万USD Mercato Partnersが主導 ブロックチェーン金融機関
Pastel シード 500万USD Innovating Capitalが主導 非中央集権のNFTプラットフォーム

データソース:IT桔子、coindesk

Huobiブロックチェーン応用研究院

私達について

2016年4月に設立された「Huobiブロックチェーン応用研究院」(以下、「Huobi研究院」)は、2018年3月より、ブロックチェーンにおける技術研究、業界分析、アプリケーションのイノベーションモデル調査を中心に、ブロックチェーンの各分野における研究・調査を総合的に展開しています。私たちは、ブロックチェーンの研究プラットフォームを構築し、ブロックチェーン産業のプレーヤーに確かな理論的基礎とトレンド分析を提供し、ブロックチェーン業界全体の発展を促進したいと考えています。「Huobiブロックチェーン業界週間レポート」は、Huobi研究院が立ち上げたブロックチェーン業界に関する週間レポートです。報告書では主に、市場全体のレビュー、大まかなカテゴリーのプロジェクトのパフォーマンス、暗号資産の生成やコードの更新状況などの技術力の分析、ブロックチェーン業界のハイライトやプライマリーマーケットのプロジェクトの進捗状況を詳細にレビューしており、投資家がタイムリーかつ迅速に市場全体の動向や開発動向を把握し、多様な分析で最新の業界進捗状況を理解するのに役立ちます。

連絡先

免責事項

  1. Huobiブロックチェーン研究院は、本レポートに関わる暗号資産やその他の第三者と、レポートの客観性、独立性、公平性に影響を与えるような提携関係にはありません。
  2. 本レポートに引用されている情報やデータは、準拠した情報源からのものであり、その情報源はHuobiブロックチェーン研究院が信頼できると判断したものであり、その信憑性、正確性、完全性について必要な検証を行っていますが、Huobiブロックチェーン研究院は、その信憑性、正確性、完全性についていかなる保証も行いません。
  3. 本レポートの内容は参考情報であり、本報告書に記載されている事実や意見は、当該暗号資産に関する投資助言を行うものではありません。Huobiブロックチェーン研究院は、法令で明示的に定められている場合を除き、当該情報に基づいて被ったいかなる損害について、当社および情報提供者は一切責任を負わないものとします。読者の皆様におかれましては、本レポートのみに依拠して投資判断を下すことはお控えいただき、投資に関するご決定は皆さまご自身の判断において行われるようお願いいたします。
  4. 本レポートに記載されている情報、意見、推測は、本レポートを確定する時点での研究者の判断を反映したものであり、将来、業界の変化やデータ・情報の更新により、意見や判断が更新される可能性があることをご了承ください。
  5. 本レポートの著作権はHuobiブロックチェーン研究院のみが所有しており、本レポートの内容を引用する必要がある場合は、出典を明記してください。大幅な引用が必要な場合は事前にご連絡いただき、許可の範囲内でご使用ください。いかなる場合においても、本レポートを本来の意図に反して引用、簡略化、修正することはできません。
暗号資産ご利用の際の注意
暗号資産は、円やドルなどのように国がその価値を保証している「法定通貨」ではありません。インターネット上でやりとりされる電子データです。 暗号資産は、対価の弁済を受ける者の同意がある場合に限り代価の弁済のため に使⽤することができます。 暗号資産は、価格が変動することがあります。暗号資産の価格が急落したり、突然無価値になってしまったりと、損失を被る可能性があります。 暗号資産交換業者は金融庁・財務局への登録が必要です。当社は登録済みの暗号資産交換業者です。 暗号資産の取引を行う場合、事業者から説明を受け、取引内容をよく理解し、ご自身の判断で行ってください。 リスク警告: https://www.huobi.co.jp/about/risk/