Huobi レポート

Huobiブロックチェーン業界週報(第178号)

2021年8月9日-2021年8月15日

概要

中国のHot Topics

・広東省、ブロックチェーンや量子情報などの戦略的新興産業の育成・成長を計画。

・テンセントミュージック、2001枚限定のNFTをリリース「デジタルコレクション予約」開始。
テンセントミュージックの「TME デジタルコレクション」の第一弾がまもなくリリースされます。

・Huobi Technology、中国雲南省のブロックチェーンシンポジウムに参加し、China Electronicsなどと一緒にアドバイスや提案を実施。
雲南省のブロックチェーン産業発展に関するシンポジウムが北京会議センターで開催されました。

・Labs鏈境共創キャンプ第八期の開始集中研修終了、産業用ブロックチェーンのオープンエコロジーを創造。
Labsのゼネラルマネージャーである袁瑞娟氏は、研修でスピーチを行い、ブロックチェーンの歴史、産業用ブロックチェーンの現在の開発状況について詳しく説明しました。

 

業界での応用

・ブラジルの新しいビットコインETF、カーボンニュートラルを宣誓。
暗号資産に特化した投資会社Hashdex Asset Managementがブラジルで立ち上げた新しい上場投資信託(ETF)「BITH11」は、ブラジル初の「グリーン」なビットコインETFであると主張しています。

・ブロックチェーンを使ったデジタルアートインスタレーション、バンクーバーブリッジに登場。
カナダのパブリックアート展示機関であるバンクーバー・ビエンナーレは、ブロックチェーン技術を用いて物理的な現実とデジタルな現実を融合させたアートインスタレーションの発表を準備しています。

・ニューヨーク市、土地売買証書に関する詐欺防止のためにブロックチェーンを検討。

 

国際政策

・ジャマイカ銀行、最初の中央銀行デジタル通貨(CBDC)鋳造を発表。

・カンボジア、CBDCのような「Bakong(バコン)」のクロスボーダー取引を検討。
カンボジア国立銀行(NBC)は、CBDC(Central Bank Digital Currency:中央銀行デジタル通貨)に類似した構想「Bakong(バコン)」を進めており、いくつかのプロジェクトのマイルストーンを公開しました。

・フランスの資産運用会社、EUでのビットコインETF立ち上げの承認を獲得。
フランスの資産運用会社であるMelanion Capitalは、欧州連合(EU)全域の投資家を対象に、ビットコインの価格を追跡する上場投資信託(ETF)を立ち上げるための規制当局の承認を得ました。

 

▼今週のビットコイン各種数値(前週比)

ハッシュレート ▲up
採掘難易度 ▲up
平均ブロックサイズ ▼down
平均ブロックトランザクション数 ▲up
マイニング手数料 ▲up

blockchain.infoのデータによると、2021年8月15日時点で、ブロックチェーンウォレットの総ユーザー数は75,345,672人に達し、前週から0.24%増加しています。

今週の、ブロックチェーン業界の投融資プロジェクトは2件。
DeFi Hub NearPaは「NGC、NEAR Foundation、LD Capital等」が主導するシードラウンドで200万USDを調達し、CYBAVOは「500 Startups等」からPre-Aラウンドで400万USDを調達しました。

1.今週のブロックチェーン関連ニュース

1.1中国のHot Topics

広東省、ブロックチェーンや量子情報などの戦略的新興産業の育成・成長を計画。

広東省人民政府報道局は、「広東省製造業の高品質な発展のための第14次5ヵ年計画」に関する記者会見を行いました。同計画によると、第14次5カ年計画期間中、広東省は引き続き戦略的な柱となる産業の強化と最適化を図るとともに、高い出発点から戦略的な新興産業を発展させるとしています。戦略的新興産業としては、半導体・集積回路、ハイエンド機器製造、インテリジェントロボット、ブロックチェーン・量子情報、最先端の新素材、新エネルギー、レーザー・アディティブ・マニュファクチャリング、デジタル・クリエイティビティ、安全・応急・環境保護、精密機器・設備などがあります。

テンセントミュージック、2001枚限定のNFTをリリース「デジタルコレクション予約」開始。

テンセントミュージックの「TME デジタルコレクション」の第一弾がまもなくリリースされます。歌手胡彦斌の「和尚」20周年記念アナログレコードのNFTの抽選購入の申し込みがQQ Musicで開始されました。2001枚の限定生産です。2001年、胡彦斌が独自に作詞・作曲した「和尚」は、後にデビューアルバム「文武双全」に収録されました。
今回リリースされるアナログレコードNFTは、20年前の「和尚」の未公開DEMOバージョンです。予約ページによると、この記念アナログレコードNFTは360度回転してズームすることができ、レコードの詳細をすべて見ることができます。レコードの中心となるマッピングは、複数のマッピングがランダムに発動するなど、多様なデザインが施されています。再生効果のデザインでは、記念アナログレコードNFTと3Dレコードプレーヤーを巧みに組み合わせ、再生プロセスを操作することで、没入感のある音楽再生体験を実現しています。今回の胡彦斌の「和尚」の20周年記念盤NFTは、8月15日に正式に発売されることが報告されています。

Huobi Technology、中国雲南省のブロックチェーンシンポジウムに参加し、China Electronicsなどと一緒にアドバイスや提案を実施。

雲南省のブロックチェーン産業発展に関するシンポジウムが北京会議センターで開催されました。このシンポジウムは、雲南ブロックチェーンセンターの運営母体である衆鏈デジタル経済産業発展有限公司と中関村金融技術産業発展連盟が共同で開催し、雲南発展改革委員会(デジタル経済局)と中関村金融技術産業発展連盟が参加しました。于佳宁博士は、あらゆる分野の人々に最高のブロックチェーン教育リソースを提供することを目指しています。Huobi Technologyは、オープンエコロジー構築を重視するブロックチェーン企業として、China Electronics、Huawei、Ali、bytedance、Jianxin Jinke、Qidi Blockchainなどの大手テクノロジー企業、ユニコーン、新興企業の代表者とともに会議に参加し、雲南省のブロックチェーン産業の発展についてアドバイスを行いました。
Huobi Technology Research Instituteのエグゼクティブディレクターである李慧氏は、Huobi Technologyの全体的な開発と事業分野を紹介し、ブロックチェーンのキラーアプリを誕生させ、ブロックチェーンの産業化を実現するためには、まだ3つの大きな課題があると強調しました。
第一に、ブロックチェーンは適切な応用シナリオを見つける必要がある点です。ユーザーにとって、ブロックチェーン技術は、そのビジネスに明らかなコスト削減と効率向上の効果があり、費用対効果が適切である場合にのみ、力を入れて導入されるでしょう。
第二に、ブロックチェーンのビジネスモデルからみて、複数の当事者が関与するシナリオであることが多い点です。いかにして複数の当事者の利益を相乗的に高め、共同で推進するかが、プロジェクトを実施する上で極めて重要です。
第三に、革新的なソリューションが、既存の規制内で、ビジネスモデルの革新によって持続的な収益を生み出し、大規模な再現性をサポートできるかどうかという点です。

Labs鏈境共創キャンプ第八期の開始集中研修終了、産業用ブロックチェーンのオープンエコロジーを創造。

先日、Labs鏈境共創キャンプ第八期の開始集中研修が杭州で成功裏に終了しました。 中国全土から20以上のスタートアップチームが参加しました。
2020年、中国のデジタル経済の規模は約5.4兆米ドルで世界第2位、前年比は9.6%で世界第一となりました。デジタル経済は、高品質な経済発展を効果的に推進するための新たな原動力となりつつあり、ブロックチェーンはデジタル経済発展の重要な礎として、産業のデジタル化、デジタル工業化の過程においても重要な役割を果たすことになるでしょう。
Labsのゼネラルマネージャーである袁瑞娟氏は、スピーチで、ブロックチェーンの歴史と産業用ブロックチェーンの発展の現状について詳しく説明しました。同時に、ブロックチェーンと実体産業の融合は、単なる「技術のエンパワーメント」ではなく、チームリーダーの認知論理、ビジネス全体の論理、ユーザー向けプロダクトの論理に至るまで、深遠な再形成プロセスが必要であると語りました。
専門的なコースに加えて、Labsは参加チームのリーム構築をも支援し、お互いの絆を深め、プレゼンテーションと交流を通じて、チームの整理と課題点の特定を支援し、起業家が産業用ブロックチェーンの最新の機会を把握し、自分の優位性を発見し、自分のプロジェクトを深く磨き、改善することを可能にしています。

1.2 業界での応用

ブラジルの新しいビットコインETF、カーボンニュートラルを宣誓。

暗号資産に特化した投資会社Hashdex Asset Managementがブラジルで立ち上げた新しい上場投資信託(ETF)「BITH11」は、ブラジル初の「グリーン」なビットコインETFであると主張しています。このファンドは、炭素クレジットを購入することで、関連する炭素排出量を中和することを計画しています。ETFの目的を達成するために、HashdexはドイツのCrypto Carbon Ratings Instituteと提携し、ファンドが取得したビットコイン(BTC)の生成に伴うエネルギー消費量と炭素排出量を推定して年次報告書を作成する予定です。
このETFは現在、流動資産の0.15%を毎年カーボンクレジットや環境に優しい技術に投資することを目標としています。ブラジルのB3証券取引所に上場されており、「BITH11」というティッカーが付けられています。
サンパウロを拠点とするB3取引所の顧客関係責任者であるRogério Santana氏は、「この新しいETFは、世界の主要なデジタル資産のバリエーションへのエクスポージャーを投資家に提供し、その成長の可能性と価値の蓄えを、規制された安全な方法で、持続可能な目標のもとに提供します。」と述べています。

ブロックチェーンを使ったデジタルアートインスタレーション、バンクーバーブリッジに登場。

カナダのパブリックアート展示団体「バンクーバー・ビエンナーレ」は、ブロックチェーン技術を用いて物理的な現実とデジタルな現実を融合させたアートインスタレーションの発表を準備しています。バンクーバーのキャンビー・ストリート・ブリッジの南側に設置された新しいVoxel Bridgeインスタレーションは、ブロックチェーンを使った拡張現実(AR)体験で、iOSまたはAndroidデバイスで見ることができます。
このアート作品は、ニューヨークを拠点とするアーティスト、Jessica Angel氏による1,800平方メートルのインスタレーションで、デジタルとフィジカルの両方の現実において、公共空間がどのように構築され、活用されるかを探求しています。このアート作品は、現実世界では巨大な二次元のビニール製壁画として形作られていますが、アプリを通じて拡張現実(AR)の中にも同時に存在し、ブロックチェーンネットワーク上にも存在しています。

ニューヨーク市、土地売買証書に関する詐欺防止のためにブロックチェーンを検討。

ニューヨーク市財務局(DOF)は、土地記録証書に関する詐欺を防ぐ手段として、ブロックチェーンをどのように活用できるかを検討する予定です。同局は、Medici Land Governance(MLG)と協力して、市の土地記録にブロックチェーン技術を適用するための実証実験を行う予定です。同局の自動化システムには1996年からの不動産記録があります。MLGは50万件の記録をブロックチェーン上でシミュレートした後、DOFのインターフェースに表示して正確性を検証します。このプロジェクトは、透明性を高め、不正の可能性を減らすことを目的としています。このプロジェクトが成功すれば、ユーザーテストや運用効率の改善を組み込んだ試験運用を実施することになります。このプロジェクトは、ニューヨーク市やその他の地域で、ブロックチェーンを使った行政の他の側面への介入の可能性を示すものとなるでしょう。

1.3国際政策

ジャマイカ銀行、最初の中央銀行デジタル通貨(CBDC)鋳造を発表。

ジャマイカは、同国の中央銀行デジタル通貨(CBDC)の開発を積極的に進めており、ジャマイカ銀行(BOJ)が同国初のCBDCを鋳造しました。
デジタル版ジャマイカドル(JMD)の発行手続きは、ジャマイカのNigel Clarke財務大臣、Richard BylesBOJ総裁、BOJの上級幹部、アイルランドのテクノロジー企業であるeCurrency Mintの経営陣が参加して行われました。Clarke財務大臣は、ジャマイカ政府のデジタル通貨プロジェクトの開発が急速に進んでいることを指摘し、この島国のデジタル経済の創造に重要な役割を果たしていることを強調しました。また、同大臣は、2021年末までにジャマイカのCBDCに法的根拠を与えるために、地元の議員が法改正に取り組んでいると述べました。

カンボジア、CBDCのような「Bakong(バコン)」のクロスボーダー取引を検討。

カンボジア国立銀行(NBC)は、CBDC(Central Bank Digital Currency:中央銀行デジタル通貨)に類似した構想「Bakong(バコン)」を進めており、いくつかのプロジェクトのマイルストーンを公開しました。
NBCの局長であり、Bakongプロジェクトの責任者であるChea Serey氏は、水曜日の日本経済新聞のインタビューで、Bakongの電子ウォレットのユーザー数が6月に20万人に達し、3ヶ月前の2倍になったことを明らかにしました。
ブロックチェーン技術をベースにしたBakongの決済・送金サービスは、もともと2020年10月にNBCが開始したものです。このデジタルマネープロジェクトは、加盟銀行のモバイルアプリを通じた間接的なユーザーを含め、2021年上半期に600万人近くのユーザーを獲得し、約5億ドルに相当する140万件の取引を記録したと、Serey氏は指摘します。同氏は、NBCが現在、タイの中央銀行やマレーシア最大の銀行であるメイバンクと密接に協力しながら、Bakongを通じたクロスボーダー取引を検討していることを明らかにしました。

フランスの資産運用会社、EUでのビットコインETF立ち上げの承認を獲得。

フランスの資産運用会社であるMelanion Capitalは、欧州連合(EU)全域の投資家を対象に、ビットコインの価格を追跡する上場投資信託(ETF)を立ち上げるための規制当局の承認を得ました。
電子メールで発表された声明によると、パリに拠点を置く同社は、ビットコイン価格と90%の相関関係を持つ最大30銘柄のバスケットを追跡するファンドの立ち上げをフランスの規制当局から承認されました。Melanion BTC Equities Universe Ucits ETFは、規制当局によって「移転可能な証券への集団投資のための事業」(UCITS)として知られるEUの基準を満たしていると判断されたため、EU全域の投資家が利用できることになり、ビットコイン関連のファンドとしてはEU初の試みとなります。このファンドは、マイニング企業であるArgo Blockchain、Riot Blockchain、Hive Blockchainや、暗号資産投資企業であるArcane Cryptoなどの銘柄を対象としています。

2.技術能力分析

2.1暗号資産の難易度調整と収益分析

今週のビットコインのハッシュレートは上昇。
2021年8月9日〜2021年8月15日、ビットコインのネットワーク全体のハッシュレートの平均は114.1EH/sと、前週から2.89%上昇しました。

図2.1ビットコインのハッシュレート

データソース:blockchain.info

今週のビットコインの採掘難易度は前週より上昇。
2021年8月15日時点のビットコイン採掘難易度は14.49Tと、前週より0.14%上昇しました。

図2.1ビットコインの採掘難易度

データソース:blockchain.info

ビットコインネットワーク全体の週間ブロック生成数は1,087ブロックで前週比1.21%増、トップ5の順位は以下の通りです。

ブロック生成数 割合 ハッシュパワー
AntPool 173 15.92 % 18.22 EH/s
Poolin 137 12.60 % 14.43 EH/s
ViaBTC 130 11.96 % 13.69 EH/s
F2Pool 123 11.32 % 12.95 EH/s
Foundry USA 101 9.29 % 10.64 EH/s

 

図2.5ビットコインマイニングプールのシェア率

データソース:BTC.com

 

2.2 アクティビティ統計

今週のビットコイン平均ブロックサイズは減少、1ブロックあたりの平均トランザクション数は上昇。
blockchain.infoのデータによると、2021年8月9日〜2021年8月15日までの1週間におけるビットコインの1ブロックあたりの平均サイズは974.5KBで、前週から2.34%減少し、1ブロックあたりの平均トランザクション数は1,527回で、前週より0.99%上昇しました。

図2.7ビットコインの平均ブロックサイズ-(7日平均)

図2.8ビットコインの1ブロックあたりの平均トランザクション数-(7日平均)


データソース:blockchain.info

今週のビットコインの未確認取引の平均件数は6.55%上昇。
2021年8月15日時点では、ビットコインの7日間の平均未確認取引件数は2,767件で、前週から6.55%上昇しています。

図2.11ビットコイン未確認取引数

データソース:blockchain.info

今週のビットコインのマイニング手数料、イーサリアムのマイニング手数料は共に上昇。
2021年8月15日時点では、ビットコインの1日あたりの平均マイニング手数料は2.456USDで前週から15.20%増、イーサリアムの1日あたりの平均マイニング手数料は17.126 USDで前週から25.96%増となっています。

図2.13ビットコイン、イーサリアムのマイニング手数料

データソース:bitinfocharts

ビットコイン検証ノード数は、前週より4.08%減。
2021年8月15日時点では、ビットコインの検証ノード数は12,200と前週から4.08%減少しています。内訳は、米国が1,765ノード(14.47%)、ドイツが1,742ノード(14.28%)、中国が129ノード(1.05%)で第12位となっています。

図2.15ビットコイン検証ノード数、国別ランキング


データソース:bitnodes

今週のビットコインユーザーは前週より増加。
blockchain.infoのデータによると、2021年8月15日時点では、ブロックチェーンウォレットの総ユーザー数は75,345,672人に達し、前週から0.24%増加しています。


データソース:blockchain.info

3.プライマリー市場の投融資動向

今週のブロックチェーン業界における投融資プロジェクトは2件。
DeFi Hub NearPaは「NGC、NEAR Foundation、LD Capital等」が主導するシードラウンドで200万USDを調達し、CYBAVOは「500 Startups等」からPre-Aラウンドで400万USDを調達しました。

表4.1今週の投融資プロジェクト

プロジェクト名 ラウンド 融資金額 投資機関 企業の概要
DeFi Hub NearPa シード 200万USD NGC、NEAR Foundation、LD Capital等が主導 NEARエコシステム
CYBAVO Pre-A 400万USD 500 Startups等 ブロックチェーン・セキュリティ・ソリューション・プロバイダー

データソース:IT桔子、coindesk

Huobiブロックチェーン応用研究院

私達について

2016年4月に設立された「Huobiブロックチェーン応用研究院」(以下、「Huobi研究院」)は、2018年3月より、ブロックチェーンにおける技術研究、業界分析、アプリケーションのイノベーションモデル調査を中心に、ブロックチェーンの各分野における研究・調査を総合的に展開しています。私たちは、ブロックチェーンの研究プラットフォームを構築し、ブロックチェーン産業のプレーヤーに確かな理論的基礎とトレンド分析を提供し、ブロックチェーン業界全体の発展を促進したいと考えています。「Huobiブロックチェーン業界週間レポート」は、Huobi研究院が立ち上げたブロックチェーン業界に関する週間レポートです。報告書では主に、市場全体のレビュー、大まかなカテゴリーのプロジェクトのパフォーマンス、暗号資産の生成やコードの更新状況などの技術力の分析、ブロックチェーン業界のハイライトやプライマリーマーケットのプロジェクトの進捗状況を詳細にレビューしており、投資家がタイムリーかつ迅速に市場全体の動向や開発動向を把握し、多様な分析で最新の業界進捗状況を理解するのに役立ちます。

連絡先

免責事項

  1. Huobiブロックチェーン研究院は、本レポートに関わる暗号資産やその他の第三者と、レポートの客観性、独立性、公平性に影響を与えるような提携関係にはありません。
  2. 本レポートに引用されている情報やデータは、準拠した情報源からのものであり、その情報源はHuobiブロックチェーン研究院が信頼できると判断したものであり、その信憑性、正確性、完全性について必要な検証を行っていますが、Huobiブロックチェーン研究院は、その信憑性、正確性、完全性についていかなる保証も行いません。
  3. 本レポートの内容は参考情報であり、本報告書に記載されている事実や意見は、当該暗号資産に関する投資助言を行うものではありません。Huobiブロックチェーン研究院は、法令で明示的に定められている場合を除き、当該情報に基づいて被ったいかなる損害について、当社および情報提供者は一切責任を負わないものとします。読者の皆様におかれましては、本レポートのみに依拠して投資判断を下すことはお控えいただき、投資に関するご決定は皆さまご自身の判断において行われるようお願いいたします。
  4. 本レポートに記載されている情報、意見、推測は、本レポートを確定する時点での研究者の判断を反映したものであり、将来、業界の変化やデータ・情報の更新により、意見や判断が更新される可能性があることをご了承ください。
  5. 本レポートの著作権はHuobiブロックチェーン研究院のみが所有しており、本レポートの内容を引用する必要がある場合は、出典を明記してください。大幅な引用が必要な場合は事前にご連絡いただき、許可の範囲内でご使用ください。いかなる場合においても、本レポートを本来の意図に反して引用、簡略化、修正することはできません。
暗号資産ご利用の際の注意
暗号資産は、円やドルなどのように国がその価値を保証している「法定通貨」ではありません。インターネット上でやりとりされる電子データです。 暗号資産は、対価の弁済を受ける者の同意がある場合に限り代価の弁済のため に使⽤することができます。 暗号資産は、価格が変動することがあります。暗号資産の価格が急落したり、突然無価値になってしまったりと、損失を被る可能性があります。 暗号資産交換業者は金融庁・財務局への登録が必要です。当社は登録済みの暗号資産交換業者です。 暗号資産の取引を行う場合、事業者から説明を受け、取引内容をよく理解し、ご自身の判断で行ってください。 リスク警告: https://www.huobi.co.jp/about/risk/