Huobi レポート

Huobiブロックチェーン業界週報(第180号)

2021年8月23日-2021年8月29日

概要

中国のHot Topics

・上海:第14次5カ年計画期間中、デジタル人民元のパイロットテストを着実に推進。
同計画では、フィンテックの応用レベルを高め、デジタル人民元のパイロットテストを着実に進め、デジタル人民元の利用シーンを充実させるとしています。

・海南:ブロックチェーン財政電子帳票、400億元超に。

・第二回国際理論計算機聯合大会、オンラインとオフラインで開催。
本大会のブロックチェーン産業サブフォーラムのテーマは、「ブロックチェーン技術の産業界への影響と応用」でした。

・オンチェーンデータから見た「EIP-1559」の今後の影響について。
オンチェーンのデータを見ると、現在、EIP-1559には4つの大きな反直感的な現象が現れています。

 

業界での応用

・マイクロソフト、「台帳に依存しないトークンサービス」の米国特許を取得。
米ハイテク大手のマイクロソフトは、クロスチェーンのトークン管理システムを実現する技術で、ブロックチェーン関連の特許を取得しました。

・Fetch.ai、AI生成アートのためのNFTプラットフォームを発表。
「Colearn Paint」と名付けられたこの新しいプラットフォームでは、機械学習アルゴリズムによってデザインされたNFTをクリエイターのグループが自動的に生成し、共同で所有することができます。

・PayPal、英国の顧客向けに暗号資産サービスを開始。

 

国際政策

・キルギス、導入が報じられた暗号資産の交換規制。
キルギス政府は、暗号資産取引プラットフォームの国内規制フレームワークを導入することで、暗号資産の導入を進めています。

・タイSEC、暗号資産カストディアンの新規則を提案。
タイの証券取引委員会(SEC)は、投資家保護の観点から、暗号資産業界に対する新たな規制を導入し続けています。

・オーストラリアとシンガポール、デジタル認証のブロックチェーンパイロットが終了。

 

▼今週のビットコイン各種数値(前週比)

ハッシュレート ▲up
採掘難易度 ▲up
平均ブロックサイズ ▼down
平均ブロックトランザクション数 ▲up
マイニング手数料 ▼down

blockchain.infoのデータによると、2021年8月29日時点では、ブロックチェーンウォレットの総ユーザー数は76,098,234人に達し、前週から0.52%増加しています。

今週の、ブロックチェーン業界の投融資プロジェクトは2件。
DareNFTは「Kyber Network」からシードラウンドで融資を受け、Eulerは「Paradigm」が主導するシリーズAラウンドで800万USDを調達しました。

1.今週のブロックチェーン関連ニュース

1.1中国のHot Topics

上海:第14次5カ年計画期間中、デジタル人民元のパイロットテストを着実に推進。

上海市政府は「上海国際金融センター建設の第14次5ヵ年計画」を発表し、フィンテックの運用レベルを向上し、デジタル人民元の試験的な運用を着実に進め、デジタル人民元の利用場面を充実させるとしています。金融市場取引、決済サービス、スマートバンク構築、インテリジェント投資管理サービス、保険新商品開発などの分野で、フィンテックの応用を促進します。金融機関のデジタル化を加速させます。テクノロジーとビジネスの革新において、数多くの「上海スタンダード」の形成を促進し、「上海パワー」を発揮し、フィンテックのグローバルな発展に貢献します。

海南:ブロックチェーン財政電子帳票、400億元超に。

海南ニュースによると、8月23日時点で、海南は合計2,661万枚のブロックチェーン財政電子帳票を発行し、金額は400億元を超えました。海南省はブロックチェーン技術を医療、教育、交通、都市管理など市民生活と実体経済のさまざまな場面で利用し、50以上のシステムと連動し、ブロックチェーン財政電子帳票の各種帳票、各政府機関、各業界、各分野へのカバーを実現します。

第二回国際理論計算機聯合大会、オンラインとオフラインで開催。

第二回国際理論計算機聯合大会(International Joint Conference on Theoretical Computer Science,IJTCS)は、2021年8月16日~19日にオンラインとオフラインで開催しました。この会議は、北京大学、Chinese Society for Industrial and Applied Mathematics (CSIAM)、Chinese Computer Society (CCF)、ACM China Councilが共同で主催し、北京大学のCenter for Frontier Computingがホストを務めます。本大会のブロックチェーン産業サブフォーラムのテーマは「ブロックチェーン技術の産業界への影響と応用」で、ブロックチェーン技術、機械学習、暗号技術、分散コンピューティング、さらにはゲーム理論やマーケットデザインが産業界に与える影響や、産業界での応用について議論することを目的としています。フォーラムでは、蘇州科学技術大学の程郁琨教授が司会を務め、State Grid Blockchain Technology Co Ltdの研究開発責任者である陈帅氏、Huobi Technology Research Instituteのエグゼクティブディレクターである李慧氏、Matrix Meta社のシニアバイスプレジデントである刘姝氏、China ICTのIndustrial Internet and Internet of Things Instituteのビジネス開発部ディレクターである马超氏、Xita Technologyの創業者兼CEOである王晓亮氏などの専門家が参加しました。。

オンチェーンデータから見た「EIP-1559」の今後の影響について。

オンチェーンのデータを見ると、現在、EIP-1559では4つの大きな反直感的な現象が現れています。まず、イーサリアムのネットワーク手数料が大幅に安くなったわけではありません。その理由は、市場で一般的に使われている「税の歪み」モデルがガス取引市場には適用されず、EIP-1559の動機は価格を下げることよりも効率を上げることにあるからです。
第二に、EIP-1559はトランザクション混雑の問題を戦術的に緩和します。ロンドンアップグレード以降、ブロック容量が大幅に増加したことで、混雑の問題をある程度緩和することができました。ブロック容量が増加した主な理由は、BaseFeeの価格計算式の特異性に起因しており、平均ブロック使用率が50%から51.7%に増加しています。
第三に、EIP-1559はイーサリアムのデフレを引き起こすことはなく、インフレを緩和することに成功しました。ETHの毎日の生産量と焼却量から判断すると、少なくとも今のところ、EIP-1559だけではデフレにはならず、インフレを遅らせることに成功しています。
最後に、ロンドンアップグレードによって、マイナーの収入が大きく減ることはありませんでした。ETHの価格上昇がなくなっても、マイナーの収益が大きく落ちていないのは、現在、ブロック内の取引のおよそ80%以上がオリジナルの取引(レガシー)モデルで発生しており、EIP-1559の取引モデルは約20%しか占めていないためです。

本文はこちら:https://mp.weixin.qq.com/s/mhMj4ZbVv7cTn3OLtJIi2Q

1.2 業界での応用

マイクロソフト、「台帳に依存しないトークンサービス」の米国特許を取得。

米ハイテク大手のマイクロソフトは、クロスチェーンのトークン管理システムを実現する技術で、ブロックチェーン関連の特許を取得しました。米国特許商標庁(USPTO)は、8月24日にマイクロソフトの子会社であるマイクロソフト・テクノロジー・ライセンシングにこの特許を付与しました。
この特許には、「台帳に依存しないトークンサービス」、つまり個人や組織が複数の分散型台帳ネットワークやプラットフォームにまたがってトークンを作成・管理できるようにするソフトウェアサービスについて説明しています。この特許出願では、プラットフォームの例として、主要なブロックチェーンプラットフォームの「イーサリアム」、IBMが支援する「Hyperledger Fabric」、JPMorganのエンタープライズブロックチェーンプラットフォーム「Quorum」、「R3 Corda」、「Chain Core」などが挙げられています。記載されているコンピュータシステムは、ユーザーに1つ以上の「トークンテンプレート」を提供することを目的としており、それらの各テンプレートは物理的または暗号資産の種類に対応しています。
このトークンサービスは、複数のブロックチェーンにまたがるトークンのライフサイクルを管理するための共通のインターフェースとして機能するように設計されており、開発者はトークンの取引や管理のためのコードを「基盤となる分散型台帳ネットワークに依存しない方法で」書くことができます。

Fetch.ai、AI生成アートのためのNFTプラットフォームを発表。

ブロックチェーンの人工知能ラボであるFetch.aiは、AIで生成されたアートの新しいNFTマーケットプレイスを立ち上げ、機械学習技術によってユーザーが共同でデジタル・コレクターズアイテムを作成できるようにしました。
「Colearn Paint」と名付けられたこの新しいプラットフォームでは、機械学習アルゴリズムによってデザインされたNFTをクリエイターのグループが自動的に生成し、共同で所有することができます。Fetch.ai社のCEOであるHumayun Sheikh氏は、今後の大きなトレンドとして「集合学習」を挙げており、このプラットフォームは「抽象的な構成」を目的としています。集合学習とは、人工知能の概念の一つで、深層学習アルゴリズムをデータやプライバシーに適用することを表します。Colearn Paintのユーザーは、ランダムに生成されたNFTを作成するための3つのステップを踏むことになります。最初のステップでは、集合学習プロセスに参加するために、ダッチオークションで入札を行います。落札者は、「ランダム性のパターン」を入力し、あらかじめAIが生成した選択肢の中からアートを選びます。最後のステップは、NFTの作成と販売であり、ユーザーは利益を自分たちの間で分配することができます。

PayPal、英国の顧客向けに暗号資産サービスを開始。

今週から、英国の居住者は、PayPalを通じて初めて暗号資産を購入、保有、売却できるようになります。これは、暗号資産サービスを開始してから1年も経っていないPayPalにとって、重要な節目となります。
PayPalは、英国のお客様が、PayPalのウェブサイトおよびモバイルアプリを通じて、ビットコイン(BTC)、イーサ(ETH)、ライトコイン(LTC)、ビットコインキャッシュ(BCH)を利用できるようになることを発表しました。今回の発表は、PayPalの暗号資産サービスが初めて米国外に拡大したことを意味します。PayPalは、英国の居住者に暗号資産サービスを提供することで、英国における暗号資産の普及に一役買うことができるでしょう。英国では、ヨーロッパ諸国の中で最もPayPalの普及率が高く、月間アクティブユーザー数は200万人を超えていると言われています。

1.3国際政策

キルギス、導入が報じられた暗号資産の交換規制。

キルギス政府は、暗号資産取引プラットフォームの国内規制フレームワークを導入することで、暗号資産の導入を進めています。
キルギスの経済財務省の下で運営されている規制機関である金融市場規制・監督局(Gosfinnadzor)が、暗号資産取引所を規制するための規定案を作成したと、地元の通信社24.kgが水曜日に報じました。
新たに提案された規定は、キルギスで運営されている暗号資産取引所の法的地位、機能、責任、および統一国家登録簿への必要な登録を含むコンプライアンス要件を確立することを目的としていると報じられています。また、この規定では、暗号資産交換サービスプロバイダーに対して、マネーロンダリングやテロ資金調達などの不正行為への対策を確保することを求めています。Gosfinnadzorによると、この新しい枠組みはリスクを軽減し、キルギスにおける革新的な技術の開発とデジタル経済の形成を支援するとのことです。また、この規定は、適格投資家や企業など、より広範なプレーヤーの参加を含む、新しい金融エコシステムの実現にも役立つだろうと、当局は指摘しています。

タイSEC、暗号資産カストディアンの新規則を提案。

タイの証券取引委員会(SEC)は、投資家保護の観点から、暗号資産業界に対する新たな規制を導入し続けています。タイのSECは、暗号資産事業者が保有する投資家の暗号資産の保管に関する一連の追加規制を提案しました。
新たに提案された規則は、暗号資産口座のための法定通貨の保管や、暗号資産の貸し出し、または保有する暗号資産の利息を得ることについて言及しています。SECは特に、暗号資産関連企業が投資家の資産を「他の顧客または他の人の利益」のために使用したり、他の人への貸し付けを含めて投資家の法定通貨と暗号資産の両方から利益を求めたりすることを禁止しようとしています。「顧客の法定通貨から利益を得ることは、商業銀行への預金という形でなければ禁止される」と提案されています。また、新規則では、暗号資産口座からの法定通貨の引き出しと送金に関する新たな枠組みを提案し、「分散型の承認機関、複数の署名による承認機関、チェック・アンド・バランス」の原則の遵守を求めています。規制当局によると、この規則によって投資家保護と暗号資産サービスプロバイダーの信頼性が強化され、投資家の保有記録が正確かつ最新であることが保証されるといいます。

オーストラリアとシンガポール、デジタル認証のブロックチェーンパイロットが終了。

オーストラリア国境警備隊(ABF)、シンガポール情報メディア開発庁(IMDA)、シンガポール税関は、他の業界代表とともに、貿易書類の発行と検証における両国のデジタル検証システムの状況を分析するブロックチェーンの試験プロジェクトを終了しました。この共同事業は、オーストラリア・シンガポール間の貿易効率を高め、国境を越えた決済における経済摩擦を最小化することを目的とした「オーストラリア・シンガポールデジタルエコノミー協定」の一環として行われました。ABFのIntergovernmental LedgerとIMDAのTradeTrustリファレンス実装という2つのデジタル検証システムの相互運用性を分析し、「瞬時に認証され、出所が追跡され、デジタル処理される高品位なデジタル貿易文書」の作成の可能性を探りました。公式リリースによると、「固有の証明を埋め込んだQRコードをデジタル原産地証明書(COO)に挿入することで、スキャンや機械読み取り時に文書の真正性と完全性を即座に検証することができる」とのことです。

2.技術能力分析

2.1暗号資産の難易度調整と収益分析

今週のビットコインのハッシュレートは上昇。
2021年8月23日〜2021年8月29日、ビットコインのネットワーク全体のハッシュレートの平均は130.9EH/sと、前週から5.06%上昇しました。

図2.1ビットコインのハッシュレート

データソース:blockchain.info

今週のビットコインの採掘難易度は前週より上昇。
2021年8月29日時点のビットコイン採掘難易度は16.26Tと、前週より4.57%上昇しました。

図2.1ビットコインの採掘難易度

データソース:blockchain.info

ビットコインネットワーク全体の週間ブロック生成数は1,116ブロックで前週比1.50%増、トップ5の順位は以下の通りです。

ブロック生成数 割合 ハッシュパワー
AntPool 219 19.62 % 25.89 EH/s
Poolin 153 13.71 % 18.09 EH/s
ViaBTC 135 12.10 % 15.96 EH/s
F2Pool 106 9.50 % 12.53 EH/s
Foundry USA 93 8.33 % 10.99 EH/s

 

図2.5ビットコインマイニングプールのシェア率

データソース:BTC.com

 

2.2 アクティビティ統計

今週のビットコイン平均ブロックサイズは減少、1ブロックあたりの平均トランザクション数は上昇。
blockchain.infoのデータによると、2021年8月23日〜2021年8月29日までの1週間におけるビットコインの1ブロックあたりの平均サイズは964.2KBで、前週から8.17%減少し、1ブロックあたりの平均トランザクション数は1,531回で、前週より0.99%上昇しました。

図2.7ビットコインの平均ブロックサイズ-(7日平均)

図2.8ビットコインの1ブロックあたりの平均トランザクション数-(7日平均)


データソース:blockchain.info

今週のビットコインの未確認取引の平均件数は7.51%減少。
2021年8月29日時点では、ビットコインの7日間の平均未確認取引件数は2,772件で、前週から7.51%減少しています。

図2.11ビットコイン未確認取引数

データソース:blockchain.info

今週のビットコインのマイニング手数料は減少、イーサリアムのマイニング手数料は上昇。
2021年8月29日時点では、ビットコインの1日あたりの平均マイニング手数料は2.398USDで前週から6.07%減、イーサリアムの1日あたりの平均マイニング手数料は28.725 USDで前週から159.74%増となっています。

図2.13ビットコイン、イーサリアムのマイニング手数料

データソース:bitinfocharts

ビットコイン検証ノード数は、前週より13.37%減。
2021年8月29日時点では、ビットコインの検証ノード数は10,875と前週から13.37%減少しています。内訳は、米国が1,860ノード(17.10%)、ドイツが1,810ノード(16.64%)、中国が138ノード(1.26%)で第11位となっています。

図2.15ビットコイン検証ノード数、国別ランキング


データソース:bitnodes

今週のビットコインユーザーは前週より増加。
blockchain.infoのデータによると、2021年8月29日時点では、ブロックチェーンウォレットの総ユーザー数は76,098,234人に達し、前週から0.52%増加しています。


データソース:blockchain.info

今週のGithubコードアクティビティのTOPプロジェクトは「LINK」。
2021年8月23日~2021年8月29日に、 最もアクティブなGithub コードはChainlinkで、今週のコミット数は26回でした。

図2.19Githubアクティビティ

データソース:CryptoMiso

3.プライマリー市場の投融資動向

今週のブロックチェーン業界における投融資プロジェクトは2件。
DareNFTは「Kyber Network」からシードラウンドで融資を受け、Eulerは「Paradigm」が主導するシリーズAラウンドで800万USDを調達しました。

表4.1今週の投融資プロジェクト

プロジェクト名 ラウンド 融資金額 投資機関 企業の概要
DareNFT シード 非公開 Kyber Networkが主導 NFT関連
Euler シリーズA 800万USD Paradigmが主導 DeFiローン契約

データソース:IT桔子、coindesk

Huobiブロックチェーン応用研究院

私達について

2016年4月に設立された「Huobiブロックチェーン応用研究院」(以下、「Huobi研究院」)は、2018年3月より、ブロックチェーンにおける技術研究、業界分析、アプリケーションのイノベーションモデル調査を中心に、ブロックチェーンの各分野における研究・調査を総合的に展開しています。私たちは、ブロックチェーンの研究プラットフォームを構築し、ブロックチェーン産業のプレーヤーに確かな理論的基礎とトレンド分析を提供し、ブロックチェーン業界全体の発展を促進したいと考えています。「Huobiブロックチェーン業界週間レポート」は、Huobi研究院が立ち上げたブロックチェーン業界に関する週間レポートです。報告書では主に、市場全体のレビュー、大まかなカテゴリーのプロジェクトのパフォーマンス、暗号資産の生成やコードの更新状況などの技術力の分析、ブロックチェーン業界のハイライトやプライマリーマーケットのプロジェクトの進捗状況を詳細にレビューしており、投資家がタイムリーかつ迅速に市場全体の動向や開発動向を把握し、多様な分析で最新の業界進捗状況を理解するのに役立ちます。

連絡先

免責事項

  1. Huobiブロックチェーン研究院は、本レポートに関わる暗号資産やその他の第三者と、レポートの客観性、独立性、公平性に影響を与えるような提携関係にはありません。
  2. 本レポートに引用されている情報やデータは、準拠した情報源からのものであり、その情報源はHuobiブロックチェーン研究院が信頼できると判断したものであり、その信憑性、正確性、完全性について必要な検証を行っていますが、Huobiブロックチェーン研究院は、その信憑性、正確性、完全性についていかなる保証も行いません。
  3. 本レポートの内容は参考情報であり、本報告書に記載されている事実や意見は、当該暗号資産に関する投資助言を行うものではありません。Huobiブロックチェーン研究院は、法令で明示的に定められている場合を除き、当該情報に基づいて被ったいかなる損害について、当社および情報提供者は一切責任を負わないものとします。読者の皆様におかれましては、本レポートのみに依拠して投資判断を下すことはお控えいただき、投資に関するご決定は皆さまご自身の判断において行われるようお願いいたします。
  4. 本レポートに記載されている情報、意見、推測は、本レポートを確定する時点での研究者の判断を反映したものであり、将来、業界の変化やデータ・情報の更新により、意見や判断が更新される可能性があることをご了承ください。
  5. 本レポートの著作権はHuobiブロックチェーン研究院のみが所有しており、本レポートの内容を引用する必要がある場合は、出典を明記してください。大幅な引用が必要な場合は事前にご連絡いただき、許可の範囲内でご使用ください。いかなる場合においても、本レポートを本来の意図に反して引用、簡略化、修正することはできません。
暗号資産ご利用の際の注意
暗号資産は、円やドルなどのように国がその価値を保証している「法定通貨」ではありません。インターネット上でやりとりされる電子データです。 暗号資産は、対価の弁済を受ける者の同意がある場合に限り代価の弁済のため に使⽤することができます。 暗号資産は、価格が変動することがあります。暗号資産の価格が急落したり、突然無価値になってしまったりと、損失を被る可能性があります。 暗号資産交換業者は金融庁・財務局への登録が必要です。当社は登録済みの暗号資産交換業者です。 暗号資産の取引を行う場合、事業者から説明を受け、取引内容をよく理解し、ご自身の判断で行ってください。 リスク警告: https://www.huobi.co.jp/about/risk/