ビットコインキャッシュ(BCH)とは

ビットコインキャッシュとは

ビットコインキャッシュ(BCH)は、2017年8月1日、ビットコインのハードフォーク(分岐)により誕生した通貨です。最大発行枚数はビットコインと同じ2,100万枚で、半減期も4年に1回に設定されています。ビットコインとの大きな違いは、取引を記録するブロックのサイズです。ビットコインが最大1MBなのに対し、ビットコインキャッシュは最大32MBの容量を使うことができます。

ビットコインのスケーラビリティ問題の解決のため誕生

ビットコインが分裂した原因は、ビットコインの抱える「スケーラビリティ問題」です。

スケーラビリティ問題とは、ビットコインの取引の増加にネットワークの処理が追いつかず、取引スピードが低下・送金手数料が高騰した問題のことです。こうした問題を解決するため、ビットコインのコミュニティの間で、トランザクション(取引履歴)を圧縮してデータ量を小さくする「セグウィット(Segwit)の導入」と、ブロックサイズを大きくして1ブロックに入るデータ量を増やす「ビッグブロック」の2通りの案が登場しました。

どの方法でスケーラビリティ問題を解決するかの結論が開発者の間でまとまらず、2017年8月1日、ブロックサイズの拡大を目的としたハードフォーク(分岐)を行い、ビットコインキャッシュ(BCH)が誕生しました。

ビットコインキャッシュとビットコインの違い

「ビッグブロック案」を採用して分裂したビットコインキャッシュ(BCH)とビットコイン(BTC)の最大の違いは、取引を承認するためのブロックサイズです。ビットコインの上限1MBに対し、ビットコインキャッシュは32MB※のブロックを有しており、たくさんの取引を高速に処理することができます。

※誕生当初は8MBだったが、2018年5月に行われたビットコインキャッシュのハードフォークにより32MBに拡大

また、取引の承認をするマイニングについては、直近1日のハッシュレートに合わせてマイニング難易度を調整する仕組みを採用しています。

ABCとSVに再度ハードフォーク

2018年11月、ビットコインキャッシュはさらにハードフォークを行い、「ビットコインABC」と「ビットコインSV」の2つの通貨に分裂しました。

この分裂は、2つの開発チームの思想の相違が原因で、もともとビットコインキャッシュのソフトウェアを開発していたビットコインABCのハードフォークにSV側が反発し、分裂することとなりました。

ビットコインABCは、「ブロックサイズは32MBに設定し、将来的に必要に応じて引き上げ、定期アップデートで新機能を追加していく」という方針でした。一方、ビットコインSVは、「ブロックサイズを今のうちに128MBに引き上げて、将来の需要増加に備える」という考え方で、この両者が対立していました。

これらは議論で決着がつくことはなく、最終的に「どちらがより多くのハッシュレートを集められるか」を競うハッシュウォーに発展し、ABCとSVで2つの通貨に分裂してしまいました。

日本国内の交換業者はABCを採用

2019年9月現在、日本国内の仮想通貨交換業者は、ビットコインABC側を採用しており、フォビジャパンでもビットコインABCを「ビットコインキャッシュ(BCH)」として取り扱っております。

ビットコインキャッシュ(BCH)の買い方

フォビジャパンの運営する仮想通貨取引所で、ビットコインキャッシュ(BCH)を安全に購入することができます。

Huobiグループは、世界130ヵ国以上数百万人のユーザーに、安全で信頼できるデジタルアセット取引や資産管理サービスを提供しています。