ライトコイン(LTC)とは

ライトコイン(LTC)とは

ライトコイン(LTC)はビットコインの次に歴史の長い暗号資産(仮想通貨)といわれており、2011年10月に元Googleのエンジニアであるチャーリー・リー氏によって開発されました。通貨記号は「LTC」で、最大発行枚数はビットコインの2,100万枚に対して4倍の8,400万枚に設計されています。

ライトコインはビットコインをベースに開発されており、基本的な機能はビットコインとほとんど同じです。その上で、送金速度やマイニングの仕組みなどいくつかの部分が改良されています。

ライトコインが目指しているのは、使いやすく一般に普及しやすい通貨であり、チャーリー・リー氏は「ビットコインは金、ライトコインは銀」と位置づけています。

送金処理スピードが速い

ビットコインのユーザーが増えていくにつれ、着金の遅れや手数料の高騰などの「スケーラビリティ問題」が表面化しました。ライトコインはこの欠点を補う仕組みが取り入れられています。

まずは、ブロック生成時間の短縮です。

ビットコインは約10分おきにブロックが生成される仕組みになっていますが、ライトコインは約2.5分おきにブロックが生成されるため、ビットコインよりも高速に取引処理を進めることができます。次に、取引データを圧縮させるSegWit(セグウィット)をメジャーな暗号資産で初めて実装し、1つのブロックにたくさんの取引データを入れるために圧縮できるようになりました。SegWit(セグウィット)はのちにビットコインにも実装されています。

リブランディングでロゴデザインを刷新

https://medium.com/@mrilirgashi/litecoin-a-refined-logo-and-vision-ebc2607343e2

 

2019年、ライトコインの普及をめざす非営利団体のライトコイン財団は、リブランディングを行い、通貨ロゴや開発方針の変更を行うことを発表しました。銀色のイメージカラーを青色に変更※し、ロゴに使用されているフォントも刷新されています。新しいロゴは、オーストラリアを拠点とするデザイン会社The Tokens Agencyと提携して作成されています。

※従来のカラーも用意されている

ライトコインの新しい開発方針

これまでライトコインは「ビットコインの補助」のための通貨で、ビットコインに採用されるシステムを先行導入するなどの役割を果たしてきました。しかしながら、ライトコイン財団は、ビットコインはLightning Networkを実装していても、全世界の決済システムとして世界中すべての人々に対応することはできないと主張しています。

2019年以降、ライトコインはこれまでの「ビットコインの補助」という立ち位置から抜けだし、さらに最適化されたシステムを構築し、実用的な支払い手段としてビットコインに並んで広く普及する通貨を目指しています。

ライトコイン(LTC)の買い方

フォビジャパンの運営する仮想通貨取引所で、ライトコイン(LTC)を安全に購入することができます。

Huobiグループは、世界130ヵ国以上数百万人のユーザーに、安全で信頼できるデジタルアセット取引や資産管理サービスを提供しています。