ネム(NEM/XEM)とは

ネム(NEM/XEM)とは

ネム(NEM/XEM)は2015年3月に誕生した通貨で、名前のNEMは「New Economy Movement」の頭文字から由来しています。発行される暗号資産の単位はゼム(XEM)ですが、ネム(NEM)の名称が浸透しているので通貨を指してネムと呼ばれることもあります。

最大発行枚数は8,999,999,999XEMで、はじめにおよそ1,600人の投資家に均等に分けられました。日本の金融機関・民間企業が実証実験しているプライベートブロックチェーンMijinで使用されています。

すでに上限枚数を発行済み

最大発行枚数の8,999,999,999XEMはすべて発行済みであり、はじめにおよそ1,600人の投資家に均等に分けられました。新規発行されることはないので、通貨の新規発行によって相対的に価値が低くなることが無いのが特徴です。

ハーベスト(取引の承認)の報酬は、NEMネットワークの利用にかかわる手数料で補われています。

PoI(Proof of Importance)でフェアな仕組みをつくる

ネムは、なるべく平等に報酬を得ることができる仕組みを目指し、従来の中央集権的な通貨からの脱却を目指しており、コンセンサスアルゴリズムはPoI(Proof of Importance)を採用しています。

PoIとは、それぞれのアカウントの残高・取引回数・取引量などから総合的にスコアリングし、スコアの高さに応じてハーベスト(取引の承認)の優先度を決める仕組みです。スコアを決めるにあたっての条件は以下の通りです。

PoIスコアの条件
  • 一度に1,000XEM以上の送金
  • 30日以内(43,200ブロック以内)の取引
  • ハーベストの権利を持つユーザーからの送金

信頼できるユーザーと活発にNEMネットワークでの取引を行えば、PoIのスコアが上昇するということになります。

ビットコインやライトコインが採用するPoW(Proof of Work)では、ブロックを一番早く処理した人にだけ報酬が支払われるため、資金力のある一部の業者の影響力が大きくなりすぎてしまう問題が指摘されています。

ネムのPoIは、ハーベスティングに参加した人すべてに報酬が支払われる仕組みなので、PoWよりもフェアであるといえます。

ネムの性能はカタパルトでさらに向上

ネムはブロックの生成が1分おきに行われ、送金速度が非常に速いことが特徴です。この速度をさらに押し上げるアップデート「カタパルト(Catapult)」が予定されており、セキュリティの強化や処理速度の向上が見込まれています。

カタパルトの実装は当初は2017年を予定されていましたが、これまで何度か延期されてきました。2019年9月時点では、2019年内にアップデートが予定されています。

性能を飛躍させるカタパルトで、ネムの真価を発揮することが期待されています。